wallpaper_202010_image.jpg
       

■皆さんの声をもとにつくったスマホ用壁紙

    
2020年10月8日、アダチ版画研究所のtwitterアカウント(@ukiyoe_adachi)のフォロワーが、ついに2,000人になりました。2016年のデータになりますが、日本のtwitterアカウントで、フォロワー2,000人以上のアカウントは全体の1割に満たないそうです。つまり日本のtwitterアカウントにおけるフォロワー数ランキングで、アダチ版画は上位1割に入ったということ! これもひとえに皆様の日頃のご愛顧の賜物です。誠にありがとうございます。

twitter2000.jpg


これを記念いたしまして、アダチ版画研究所では、浮世絵のスマホ用壁紙を作成いたしました。かねてより月替りのスマホ用壁紙データの配布を考えていたのですが、機種ごとに画面の縦横比も異なり、どのような壁紙であれば、より多くの方に喜んでいただけるのか、スタッフ一同、頭を悩ませていました。
そこで、思い切ってtwitterで皆さんにご意見をうかがったところ、たくさんのアイディアをいただくことができました。


twitter_how.jpg


そして、ついに完成したのがこちらです!

wallpaper_202010_sample.jpg
スマホ用壁紙(2020年10月版)ダウンロードはこちら
※画像はアダチ版画研究所が制作した復刻版浮世絵を使用しています。
※個人で楽しむ範囲でご利用ください。商用利用、再配布禁止。


①あらゆるスマホの画面の縦横比に対応できる
②カレンダー型を希望する方/しない方の双方の需要に応える
という2つの課題をクリアする答えは、ずばり「お客様のお好みで画像をトリミングしていただく」というものでした。
お客様にお手間をかけることにはなりますが、上記リンク先の画像を保存の上、下記の使用例をご参照いただき、ぜひご自身のお好みに合わせてご活用ください!


  

■アダチ版画プレゼンツ・スマホ用浮世絵壁紙の使い方

 
  wallpaper_21.6-10_sample.jpg 【画面縦横比[約20:9]のスマホの場合】
主な機種:Galaxy A41/S20、iPhoneX/11、OPPO Reno3
A.カレンダーあり
壁紙の左端に画面を合わせると、画像の右側が少し切れます。
B.カレンダーなし
壁紙の右上端に画面を合わせると、画像の下部が少し切れます。
 
  wallpaper_16-9_sample.jpg 【画面縦横比[16:9]のスマホの場合】
主な機種:iPhone6〜8、SE(第2世代)
A.カレンダーあり
壁紙の左端に画面を合わせると、画像の天地が全部入ります。
B.カレンダーなし
壁紙の右上端に画面を合わせると、画像の下1/3ほどが切れます。
 
  wallpaper_7-3_sample.jpg 【画面縦横比[7:3]のスマホの場合】
主な機種:Xperia10
A.カレンダーあり
壁紙の左端に画面を合わせると、画像の右側が切れます。
B.カレンダーなし
カレンダーのない部分に画面の幅を合わせると、画像の天地が全部入ります。
 


スタッフ(iPhone6sを使用)が実際にスマホのロック画面とホーム画面に設定してみたのが下の画像です。ちょうど良い具合に、iPhoneの時計の文字もはまりました。どうしてもきれいに収まらない機種もあるかと思いますが、今後どんどん改善して月替りでご提供して参りたいと思いますので、ぜひご意見・ご感想をお寄せください。

wallpaper_foriphone6s.jpg
  

■この壁紙に使用されている作品は?


今回、壁紙に使用した作品は、葛飾北斎の「桔梗に蜻蛉」です。浮世絵師・葛飾北斎は1760年10月31日に江戸本所(現在の墨田区)に生まれました。2020年10月31日は北斎誕生から、ちょうど260年。天才浮世絵師・北斎の誕生月を記念して、今回は北斎が描いた花鳥画の中から、秋風に揺れる美しい桔梗を選びました。機種によって画面が切れてしまうことから、壁紙には採用しませんでしたが、元の作品には赤トンボが飛んでいます。トンボは、前にしか進まず後退しないことから「勝ち虫」といわれる縁起物。皆さんのスマートフォンの中にも、風に運ばれて、ふわりとトンボが舞い込みますように。


アダチ版復刻「桔梗に蜻蛉」の商品ページはこちら≫
  

■なぜ陰暦のカレンダーがついているの?

江戸時代、日本で用いられていた暦は「陰暦」といって、月の満ち欠けを基準にしたものでした。新月から次の新月までを1ヶ月とする考え方で、1ヶ月は29日、または30日。どの月が29日(小の月)で、どの月が30日(大の月)かは、年によって異なり、カレンダーは非常に重要でした。(浮世絵版画の多色摺の技術の完成は、このカレンダー制作の流行に起因すると言われています。)

ちなみに、29日ないし30日の月が12ヶ月あっても、1年は365日になりません。徐々に季節がずれ込んできてしまうので、ときどき13ヶ月ある年をつくって調整していました。(2020年も、陰暦では4月が2回あり、1年が13ヶ月あります。)現行の太陽暦に慣れている私たちにとっては、不規則でちょっと不便な暦ですが、つい150年前までは、この暦にのっとって、社会が回っていました。

現代の日本人は、60進法の時計や7日単位のカレンダーに振り回され過ぎているようにも思います。時には、そうした時間のルールから解放されて、のんびり浮世絵を眺める時間をつくっていただきたい。そんな思いから、この陰暦カレンダー付きの壁紙が生まれました。あえて機能性を放棄した遊び心あふれる壁紙で、ぜひ江戸時間のひと月をお楽しみください。
  

現在開催中、および10月開催のオススメ浮世絵展覧会をご紹介します!
各地で魅力的な浮世絵の展覧会が目白押しです。

 

◆ 10月のPick up!オススメ展覧会

 

東京・原宿にある太田記念美術館では、企画展「江戸の土木」が行われます。

 


土木とは、道路や河川、橋梁、港湾などを造る建設工事のこと。現在も東京のいたるところで移転や再開発が行われていますが、江戸時代の江戸市中でも、芝居町や花街の移転が繰り返されるなど、大規模な土木工事が行われていました。本展では歌川広重や葛飾北斎など、浮世絵師たちが描いた作品で江戸の街並みの変化を辿っていきながら、その背景となった「江戸の土木」を読み解いていきます。また、度々火災や震災に見舞われた江戸の街の、災害と復興の様子が分かる作品の展示も、見どころのひとつ。東京の中心に位置し、圧倒的な浮世絵作品所蔵数を誇る、太田記念美術館ならではの企画展です。



 
太田記念美術館 (東京 原宿)
江戸の土木
10月10日(土) 〜 11月8日(日)



◆ アダチ版復刻浮世絵の取り扱いがある美術館・博物館

下記でご紹介する美術館・博物館では、常時アダチ版復刻浮世絵をお求めいただけます。(お求めいただけない商品もございますので、ご了承ください。)

すみだ北斎美術館 (東京 両国)
新収蔵品展
― 学芸員が選んだおすすめ50 ―
9月15日(火)~11月8日(日)
中山道広重美術館 (岐阜 恵那)
歌麿とその時代
黄金期の浮世絵 美人画と役者絵
10月8日(木)~12月6日(日)
信州小布施 北斎館 (長野 小布施)
北斎生誕260年記念
北斎視覚のマジック
9月5日(土)~11月15日(日)
 

日時指定入場制

東京国立博物館 (東京 上野)
浮世絵と衣装―江戸
9月15日(火)~10月11日(日)



静岡市東海道広重美術館 (静岡 由比)
二大街道 ~東海道と中山道~
8月25日(火)~11月1日(日)



MOA美術館 (静岡 熱海)
北斎 冨嶽三十六景
10月1日(木)~11月10日(日)

◆ その他、オススメの浮世絵展覧会




たばこと塩の博物館 (東京 押上)
見て楽し 遊んで楽し
江戸のおもちゃ絵
9月12日(土)~10月18日(日)



馬の博物館 (神奈川 根岸)
和の匠
浮世絵に生きる馬の風景
9月5日(土)~11月15日(日)



高松市美術館 (香川 高松)
世界が絶賛した浮世絵師
北斎展
9月12日(土)~10月18日(日)
 
山口県立萩美術館・浦上記念館
(山口 萩)
街道絵の世界
10月13日(火)~11月15日(日)
那珂川町馬頭広重美術館
(栃木 那珂川)
那珂川町馬頭広重美術館
名品展
9月18日(金)〜12月6日(日)
東京富士美術館
(東京 八王子)
THIS IS JAPAN IN TOKYO
〜永遠の日本美術の名宝〜
8月22日(土)~10月18日(日)
https://www.adachi-hanga.com/ukiyo-e/feature/2020/08/post-156.html

■三枚続のパノラマで堪能する月の絶景 広重の『雪月花』


色調を抑えた画面に、一際明るい月が輝く広重の「武陽金沢八勝夜景」。広重の晩年期に描かれた三枚続の傑作「雪月花」の「月」の一枚です。

歌川広重 雪月花 武陽金沢八勝夜景
歌川 広重 「武陽金沢八勝夜景

神奈川県の名所・金沢八景(小泉、称名、乙舳、洲崎、瀬戸、平潟、野島、内川)の秋の月夜を描いた大作です。金沢八景の景観が、三枚続の大画面いっぱいに描かれ、湾内の静かな海面が満月の光で明るく透明に輝いています。雄大な情景を、色調を抑えた静かなトーンで描いた本図は、いつまでも眺めていたくなるような一枚です。

  歌川広重 雪月花 武陽金沢八勝夜景 静かな夜景を表現するため、全体的に色味を抑えて墨と藍との諧調のみで描かれています。島々は墨の濃淡で、立体的に表現されています。  
  秋の風景には欠かせない月と雁。色調を抑えた作品の中で、一際明るい満月が際立ちます。 歌川広重 雪月花 武陽金沢八勝夜景  

  
  歌川広重 雪月花 武陽金沢八勝夜景 三枚続は、一般的な浮世絵のサイズである「大判」を縦に三枚使い描かれています。 専用額付きでは、このように仕立ててお届けしています。雄大なパノラマの情景を、存分にお楽しみください。  
     【現在アダチ版画の目白ショールームにて展示中です】


■巧みに表現された『雪月花』の「雪」と「花」


『雪月花』では、「雪」と「花」を表す雄大な絶景も同様に、見おろすように俯瞰したパノラマの視点で描いています。

歌川広重 雪月花 木曾路之山川
歌川 広重 「木曾路之山川

三枚続の画面いっぱいに描かれた、迫力の白雪が降り積もる冬山。その景観に添えるのは、暗い空と渓谷の水の色彩のみ。渋み溢れる配色は、山国の冬の厳しさを遺憾なく表しています。

  歌川広重 雪月花 木曾路之山川 全体的に色調を抑えた画面の中、降り積もった雪の眩さを和紙の地の色を生かし、素晴らしく表現しています。墨色のぼかしを効果的に用いて、雪山の立体感も作り出しています。  

歌川広重 雪月花 阿波鳴門之風景
歌川 広重 「阿波鳴門之風景
絵のみ75,000円

他の2作品とは異なり、色鮮やかで、激しい動きを感じる1枚です。鳴門海峡の渦潮を描いた本図は、淡い水面の藍色と、遠景に描かれた淡路島の峰々の緑との対比が、画面に明るさと柔らかさをもたらしています。雪月花の"花"を描いた本作。このすさまじい渦潮の波頭を、「花」にたとえて表現しているのです。

  歌川広重 雪月花 阿波鳴門之風景 グラデーションのようなぼかしで異なる色味を調和させ、夏の鮮やかな山々を表現しているさまも見事ですが、さらに奥に見える山々の景色は墨の濃淡を用いて立体的に描かれ、どこまでも続く自然の雄大さを物語っています。  


■パノラマの大画面が三枚続として出版されたわけ


なぜ広重をはじめとした絵師たちは、こういったパノラマの構図を一枚の和紙にではなく、三枚に分けて描いたのでしょう。そこには、浮世絵が美術品としてではなく、出版物として作られていたことが大きく関係していると考えられます。
現代の雑誌や文庫本などの出版物なども、一定の決まったサイズのものが色々な出版社から発売されています。これは、より多くの人々に安価にものが行き渡るためには、なるべく費用をかけずに効率よく出版をするための業界のルールなのでしょう。江戸時代の浮世絵も同様で、浮世絵に使われた和紙のサイズも何種類か決まった大きさのものが使われました。

一般的に使用されていたのは、『大判(おおばん)』と呼ばれる大きさの紙。北斎の「神奈川沖浪裏」や、現在季節のオススメでご紹介中の「猿わか町夜の景」がこの大判サイズで出版されています。

浮世絵 和紙 サイズ

今回ご紹介している「武陽金沢八勝夜景」は、「金澤八景」の絶景をパノラマで描くことにより、その魅力が存分に表現されています。この作品を作るのに、横長の大きな和紙を特注で作るという考えもありますが、和紙を特注で漉くこと、さらには、その大きさの山桜の版木を用意することを考えると経済的な点からみても現実的ではなかったのでしょう。
この作品において広重は、三枚続きという規格の『大判』サイズを三つ横に並べることによって自身が意図した「迫力のある大画面」を生み出すことに成功したのです。

歌川広重 雪月花 武陽金沢八勝夜景

そして広重は、このパノラマの画面を使い、優れた構成力をも発揮しています。
『雪月花』の三作品は、この視点から景色を俯瞰するのは、実際には難しいと考えられています。見たままを描くのではなく、想像の世界を加えながら抜群の構図で絶景を描き切った、まさに晩年の広重の集大成といえる作品ではないでしょうか。

歌川広重 雪月花 阿波鳴門之風景 そして、この作品の見どころは、技術面にもあります。三枚続の場合には、空の色やぼかしの部分を違和感なくつながって見えるように、三枚を揃えなくてはいけません。ここには、摺師の高い技術が必要不可欠です。規格の中での作る工夫ではありますが、摺師にとっては、より一層技術力が求められる作品であるといえますね。

晩年期の広重の卓越した構成力と、職人の高い技術があってこそ生まれた傑作「武陽金沢八勝夜景」、そして『雪月花』をぜひご堪能ください。

「浮世絵で楽しむお月見 風景画の名手・広重が描く月くらべ」 >>

現在開催中、および9月開催のオススメ浮世絵展覧会をご紹介します!
各地で魅力的な浮世絵の展覧会が目白押しです。

 

◆ 9月のPick up!オススメ展覧会

 

すみだ北斎美術館では9月15日(火)から、「新収蔵品展 ― 学芸員が選んだおすすめ50 ―」が開催されます。

 


生涯のほとんどを、現在の東京・墨田区で過ごした葛飾北斎。北斎やその門人に関する資料を幅広く収集・研究するすみだ北斎美術館では、今なお世界中で愛される北斎の魅力を、世間へ発信し続けています。今回の展覧会では、平成28年の開館以降新たに収集した肉筆画、版画、版本の中から、学芸員が選ぶ選りすぐりの50点を展示。(前期後期で入れ替えあり)
展示作品の多くが初公開となり、北斎と門人たちによる名作の数々は北斎ファン必見の展覧会です。



 
すみだ北斎美術館 (東京 両国)
新収蔵品展 ― 学芸員が選んだおすすめ50 ―
9月15日(火) 〜 11月8日(日)



◆ アダチ版復刻浮世絵の取り扱いがある美術館・博物館

下記でご紹介する美術館・博物館では、常時アダチ版復刻浮世絵をお求めいただけます。(お求めいただけない商品もございますので、ご了承ください。)

太田記念美術館 (東京 原宿)
月岡芳年 血と妖艶
8月1日(土)~10月4日(日)
静岡市東海道広重美術館 (静岡 由比)
二大街道 ~東海道と中山道~
8月25日(火)~11月1日(日)
信州小布施 北斎館 (長野 小布施)
北斎生誕260年記念 北斎視覚のマジック
9月5日(土)~11月15日(日)
 

日時指定入場制

東京国立博物館 (東京 上野)
浮世絵と衣装 江戸
8月25日(火)~



中山道広重美術館 (岐阜 恵那)
木曽海道六拾九次之内
8月27日(木)~10月4日(日)



広重美術館 (山形 天童)
江戸東京散歩
9月4日(金)〜9月28日(月)

◆ その他、オススメの浮世絵展覧会


日時指定入場制
アダチ版浮世絵販売あり!


東京都美術館 (東京 上野)
The UKIYO-E 2020
日本三大浮世絵コレクション
7月23日(木・祝)~9月22日(火・祝)




川崎浮世絵ギャラリー (神奈川 川崎)
月岡芳年「月百姿」
8月22日(土)~10月18日(日)




馬の博物館 (神奈川 根岸)
和の匠 浮世絵に生きる馬の風景
9月5日(土)~11月15日(日)
 

神奈川県立歴史博物館
(神奈川 みなとみらい)
明治錦絵×大正新版画
-世界が愛した近代の木版画-
8月25日(火)~9月22日(火・祝)

岡田美術館

(神奈川 箱根)
北斎の肉筆画
―版画・春画の名作とともに―
4月5日(日)~9月27日(日)

山口県立萩美術館・浦上記念館
(山口 萩)
月岡芳年
風俗三十二相
9月12日(土)~10月11日(日)

現在開催中、および8月開催のオススメ浮世絵展覧会をご紹介します!
各地で魅力的な浮世絵の展覧会が目白押しです。

 

◆ 8月のPick up!オススメ展覧会

 

本展覧会は日時指定入場制です。

 


東京・六本木にある森アーツセンターギャラリーにて、7月15日から「おいしい浮世絵展」が開催されています。世界無形文化遺産にも登録され、ますます注目が高まる日本食。本展覧会では、江戸時代後期の浮世絵を中心に「食」にまつわる様々な史料が展示されています。
広重の「東海道五十三次」や「名所江戸百景」、また国芳の美人画や戯画など、展覧会で度々目にする浮世絵も「食」という点に着目すると、大衆の食文化を垣間見ることができ、新たな視点で楽しむことができます。会場では浮世絵に描かれた料理の再現写真やレシピも紹介されているほか、出口付近のカフェではコラボメニューも展開されており、心もお腹も満たされる展覧会です!



 
森アーツセンターギャラリー (東京 六本木)
おいしい浮世絵展
7月15日(水)~ 9月13日(日)
※チラシ画像より会期変更




◆ アダチ版復刻浮世絵の取り扱いがある美術館・博物館

下記でご紹介する美術館・博物館では、常時アダチ版復刻浮世絵をお求めいただけます。(お求めいただけない商品もございますので、ご了承ください。)




太田記念美術館 (東京 原宿)
月岡芳年 血と妖艶
8月1日(土)~10月4日(日)

※チラシ画像より会期変更

すみだ北斎美術館 (東京 両国)
大江戸歳事記
6月30日(火) 〜 8月30日(日)



信州小布施 北斎館 (長野 小布施)
ジャポニズムの源流 北斎漫画
6月20日(土)~8月30日(日)
 

日時指定入場制

東京国立博物館 (東京 上野)
浮世絵と衣装 江戸
7月21日(火)~8月16日(日)



中山道広重美術館 (岐阜 恵那)
お江戸人物スナップ集
7月23日(木・祝)~8月23日(日)



広重美術館 (山形 天童)
江戸東京散歩
7月31日(金)〜8月31日(月)

◆ その他、オススメの浮世絵展覧会


日時指定入場制
アダチ版浮世絵販売あり!

東京都美術館
(東京 上野)
The UKIYO-E 2020
日本三大浮世絵コレクション
7月23日(木・祝)~9月22日(火・祝)



神奈川県立歴史博物館
(神奈川 みなとみらい)
明治錦絵×大正新版画
-世界が愛した近代の木版画-
8月25日(火)~9月22日(火・祝)



高知県美術館
(高知 高知)
浦上コレクション
北斎漫画
8月10日(月) - 9月27日(日)
 
千葉市美術館
(千葉 千葉)
帰ってきた!どうぶつ大行進
7月11日(土)~9月6日(日)
岡田美術館
(神奈川 箱根)
北斎の肉筆画
―版画・春画の名作とともに―
4月5日(日)~9月27日(日)
ふじのくに茶の都ミュージアム
(静岡 金谷)
浮世絵・蘭字にみるお茶の世界
7月23日(木・祝)~10月5日(月)

アダチ版画の復刻浮世絵は、大切な方の節目のお祝いや、日常の感謝を伝える贈り物としても親しまれています。そしてこのたび、ご希望のお客様へご用意しているメッセージカードを、新たにリニューアル! アダチ版画オリジナル・手摺のメッセージカードを、季節に合わせて数種類ご用意することとなりました!

■「北斎模様画譜」から季節に合わせて選んだデザイン


※この他季節に合わせた数種類をご用意しています。柄をお選びいただくことはできません。

今回アダチ版画がメッセージカードのデザインとして選んだのは、江戸時代当時、現代でいうところのデザイナーとしても活躍していた北斎が、着物などに使うための模様を考案した「北斎模様」と呼ばれる模様です。
「北斎模様画譜」に収録されている中から、季節の草花をモチーフにしたものを厳選し、季節ごとに数種類ご用意。四季折々の花を落とし込んだ上品なデザインと鮮やかな色合いは、気持ちのこもった贈り物へ添えるのに最適です。

■ アダチ版画の若手職人が一枚一枚摺っています!

彫師・摺師を擁した版元であるアダチ版画研究所では、若手職人の育成事業にも力を入れています。 アダチ版画研究所を母体とする「公益財団法人アダチ伝統木版画技術保存財団」では、江戸時代から続く日本伝統の高度な木版技術を後世へと継承すべく、後継者育成事業を行っています。その一環として実施されているのが、職人を志す10〜20代の研修生(高度技術研修生)の採用。アダチ版画研究所の工房で、直接職人から技術を学び、互いに技を磨き合いながら、技術の向上に努めています。
現在アダチ版画研究所では、本研修制度を経て一人前となった若手職人が活躍しています。

今回新たにご用意することとなったメッセージカードも、本研修制度によって技術を磨く若手職人が一枚一枚心を込めて摺ったもの。
大切な方へ贈られるものだからこそ、一枚一枚丁寧に、高品質なものの制作を心がけています。木版ならではの温かみのある風合いが、何よりの魅力です。



摺画像
 

■ 様々なシーンでの贈り物として選ばれています

様々な場面で贈り物としてご利用いただいている、アダチ版画の復刻浮世絵。実際に添えられたメッセージカードの事例をご紹介します。

メッセージカード中面 このようにメッセージをお入れしてお届けいたします。
お客様ご自身でメッセージをお書きいただけるように、 文章を入れずにお届けすることも可能です。(下記の手順でメッセージカード選択画面までお進みいただいた後、備考欄にその旨をご記入ください)



◇ ご家族の思い出の一品に

歌川広重 牡丹に孔雀
歌川広重「牡丹に孔雀
ご退職のお祝いに広重の花鳥大短冊から一図選んで贈られたお客様。華やかで格調高い一枚に、心を込めたメッセージを添えて。
葛飾北斎 神奈川沖浪裏
葛飾北斎「神奈川沖浪裏
70歳のお誕生日、古稀のお祝いとして藍色が美しい「神奈川沖浪裏」を贈られたお客様。家族の皆さんそれぞれからのメッセージを載せたカードをお付けしました。

◇ 絆を深める贈り物に

葛飾北斎 東海道品川御殿山の不二
葛飾北斎「東海道品川御殿山ノ不二
海外の仲間へ、お勤め先の創業場所の風景画を選ばれたお客様。思い出の場所の桜で、共に過ごした時間に思いを馳せてほしいというメッセージが素敵です。
葛飾北斎 桜花に富士図
葛飾北斎「桜花に富士図
フランスにお住まいのお客様。季節の贈り物として、ご友人に北斎「桜花に富士図」を贈られました。「春のプレゼントに!」のメッセージも粋ですね。


■ メッセージカードのご利用方法

ご紹介したメッセージカードは、無料にてご利用いただけます。 オンラインストアでご注文の際は以下を参考にご記入ください。ご注文の受付完了後、アダチ版画から改めてご返事いたします。

手順1.「ギフトとして送る」を選択
お届け先選択画面にてお届け先を選択、もしくは入力した後、「ギフトとして送る」にチェックしてからボタンをクリックしてください。

ショッピングカート

※海外配送をご希望の場合は、一度ご自宅など日本国内のご住所をご入力いただき、ご注文の最終確認画面にて配送先をご入力ください。詳しくは下記、《海外配送について》をご確認ください。

手順2.ギフト情報の入力
「メッセージカードを同梱する」を選択してください。
なお、こちらの画面で熨斗や奥付など、その他のギフトサービスのご希望も承っております。

ショッピングカート


内容や文章は下のボックス内に入力してください。

ショッピングカート


手順3.海外配送の場合

海外へのギフト配送をご希望の場合、お届け先住所入力欄には一度ご自宅など日本国内のご住所をご入力いただいてお進みいただき、ご注文の最終確認のページ下部、「備考欄」に配送先をご入力ください。

ショッピングカート


配送先のお宛名・ご住所(国名まで)・お電話番号をご記入ください。

ショッピングカート


※海外配送時の関税に関して

国際配送の場合、各国の通関にて関税が発生することがあります。関税は通常、荷受人の方が負担することとなっておりますが、ギフトの場合、荷受人の方に関税が発生しないようにするために、ご注文様にご負担いただくことが可能です。後日、関税が確定次第、ご請求させていただくこととなります。
その場合は配送先の記入と同じく、ご注文の最終確認のページ下部、「備考欄」にご入力をお願いいたします。
関税の額については、各国の通関職員が現物を見ての判断となりますので、弊社にて、関税発生の有無や金額を事前にお伝えすることはできません。あらかじめご了承下さい。 >>海外配送の詳しいご案内はこちら

アダチ版画では贈る方も贈られる方もご満足いただけるサービスを目指しています。
ご不明な点や、このほかにもご希望がございましたら、まずはお気軽にご相談ください!


2020年7月7日更新!
アダチ浮世絵ギャラリーでは、アダチ版浮世絵を飾って楽しんでいるところ、贈って喜んでいただいるところ、そして、アダチ版画からの飾り方提案などをアトランダムにご紹介してまいります。
ご自身のSNSでの投稿をお知らせいただいたり、メールでお写真を送っていただければこちらでご紹介いたします。
皆さんからのお写真をお待ちしております!

アダチ浮世絵ギャラリー アダチ浮世絵ギャラリー アダチ浮世絵ギャラリー
アダチ浮世絵ギャラリー アダチ浮世絵ギャラリー アダチ浮世絵ギャラリー
アダチ浮世絵ギャラリー アダチ浮世絵ギャラリー アダチ浮世絵ギャラリー
アダチ浮世絵ギャラリー アダチ浮世絵ギャラリー アダチ浮世絵ギャラリー
アダチ浮世絵ギャラリー アダチ浮世絵ギャラリー アダチ浮世絵ギャラリー
アダチ浮世絵ギャラリー アダチ浮世絵ギャラリー アダチ浮世絵ギャラリー
アダチ浮世絵ギャラリー アダチ浮世絵ギャラリー アダチ浮世絵ギャラリー


現在開催中、および7月開催のオススメ浮世絵展覧会をご紹介します!
各地で魅力的な浮世絵の展覧会が目白押しです。
事前予約制になっている場合もございますので、各公式HPに記載の最新情報をご覧になってから、お気をつけてお出かけください。

 

◆ 7月のPick up!オススメ展覧会

 

本企画展は日時指定入場制にて開催されます。

 


日本でも有数の浮世絵コレクションを持つ太田記念美術館、日本浮世絵博物館、平木浮世絵財団。日本の三大浮世絵コレクションとも言えるこれらの中から、選りすぐりの浮世絵約450点が展示される本企画展。浮世絵の祖・菱川師宣に始まり、春信や歌麿、そしてもちろん北斎や広重など、総勢約60名の絵師たちの代表作が展示されています。中には重要文化財・重要美術品として指定されている作品や、各コレクション秘蔵の名品が出展されているため、浮世絵ファン必見です。浮世絵の歴史を網羅したラインナップで、各時代を辿りながら知識を深めることができる構成となっており、今夏注目の浮世絵展覧会です!

また会場では、アダチ版復刻浮世絵もお買い求めいただけます。ぜひ足を運んでみてくださいね。



 
東京都美術館 (東京 上野)
The UKIYO-E 2020
日本三大浮世絵コレクション
7月23日(木・祝)~9月22日(火・祝)



◆ アダチ版復刻浮世絵の取り扱いがある美術館・博物館

下記でご紹介する美術館・博物館では、常時アダチ版復刻浮世絵をお求めいただけます。(お求めいただけない商品もございますので、ご了承ください。)




太田記念美術館 (東京 原宿)
太田記念美術館コレクション展
7月1日(水)~7月26日(日)

※チラシ画像より会期変更

すみだ北斎美術館 (東京 両国)
大江戸歳事記
6月30日(火)~8月30日(日)



信州小布施 北斎館 (長野 小布施)
ジャポニズムの源流 北斎漫画
6月20日(土)~8月30日(日)
 

事前予約制

東京国立博物館 (東京 上野)
浮世絵と衣装 江戸
7月21日(火)~



東海道広重美術館 (静岡 由比)
これも五十三次
~広重が描いた三つの東海道~
3月31日(火)~8月23日(日)



広重美術館 (山形 天童)
夏 涼と青
7月3日(金)〜7月27日(月)

◆ その他、オススメの浮世絵展覧会


※チラシ画像より会期変更

森アーツセンターギャラリー
(東京 六本木)
おいしい浮世絵展
7月15日(水)~9月13日(日)



岡田美術館 (神奈川 箱根)
北斎の肉筆画 ―版画・春画の名作とともに―
4月5日(日)~9月27日(日)



和泉市久保惣記念美術館 (大阪 和泉)
浮世絵師 歌川派列伝―国貞・広重・国芳―
6月27日(土)〜9月6日(日)
 

事前予約制

藤沢市藤澤浮世絵館 (神奈川 藤沢)
御上洛東海道と幕末の浮世絵(前期)
6月16日(火)〜7月5日(日)



那珂川町馬頭広重美術館 (栃木 那珂川)
東海道五十三次の旅
7月7日(火)〜 2020年8月10日(月)



ふじのくに茶の都ミュージアム (静岡 金谷)
浮世絵・蘭字にみるお茶の世界
7月23日(木・祝)~10月5日(月)
広重から清親へ 風景画の巨匠が描く雨の風景

■広重作品の叙情性の秘密 ~制作の視点から読み解く~

前回の<Part 1>では、色面と摺師の技を駆使することで「奥行き」そして、広重の抒情的な深みが生まれていることを摺の工程と共に、ご紹介いたしました。本日は、いよいよ作品のメインテーマである「雨」がどのように表現されているか、制作の視点から紐解いていきたいと思います。
>> 前回のおさらいはこちら


同じ「広重の描く雨」といっても、作品によって大きく描かれ方が異なります。
「伯耆大野 大山遠望」と「大はしあたけの夕立」の雨の描写はどのようになっているでしょうか。
それぞれの違いを見比べてみましょう。

歌川広重 伯耆大野大山遠望 「伯耆大野 大山遠望」では、雨線はあまり多くなく、色も薄い灰色で摺られています。雨の中農作業に励む人々の様子や、霞んだような遠景も考えると、静かに降り続く霧雨のような印象を受けますね。
歌川広重「伯耆 大野 大山遠望

歌川広重 大はしあたけの夕立

一方で「大はしあたけの夕立」では細かな雨線が無数に描かれています。色は比較的濃い墨で摺られており、上空にも暗い雲が立ち込めています。急に降り出した強く激しい夕立の様子が臨場感たっぷりに描かれています。
歌川広重「大はしあたけの夕立


■異なる二種類の雨の版木比べ

ここで、この雨の部分を摺る版木を見てみましょう!まずは、「伯耆」は1枚であるのに対し、「大はし」は2枚の版木が使われているのがわかりますね。そして、雨の密度の違いが反映されて、線も間隔が狭く彫られています。

歌川広重 伯耆大野大山遠望   歌川広重 伯耆大野大山遠望
歌川広重 伯耆大野大山遠望   歌川広重 伯耆大野大山遠望
「伯耆大野大山遠望」
間隔も広く、雨が交差する部分も1枚の版木に彫ってあります。雨の色は胡粉(白い絵具)に、墨を少し混ぜた薄い灰色で摺られており、より柔らかな表現になります。
  「大はしあたけの夕立」
間隔は狭く、角度が微妙に異なる無数の直線のみを2枚に分けて彫ってあります。濃い墨と薄い墨で摺っていくことによって、雨に立体感が生まれ、降りしきる雨の描写がより強調されます。



大はしあたけの夕立 版木 ここがポイント!緻密な線を彫り上げる熟練の技
版木に1円玉を置いてみると、その細かさは一目瞭然。
この無数のまっすぐな線は、もちろん定規などを使っているわけではありません。これほどの線を少しの狂いもなく彫り上げるとなると、熟練の高い技術が必要となります。


同じ「雨」でも、描く場面の違いに応じて、それぞれの雰囲気を表現するために、色や線など、全く違うアプローチで制作されていることが分かっていただけたかと思います。
それでは、最後に、前回ご紹介した「大はしあたけの夕立」の摺の工程の続きをご紹介いたします。2枚の版木で摺り重ねられて生まれる名作誕生までの最後の工程をご覧ください!

■主題として描かれた雨の「線」の表現

歌川広重 大はしあたけの夕立 前回の配信では、「大はしあたけの夕立」において「面」で表現された対岸の景色のシルエットが、作品に奥行きと叙情性を生み出す重要な要素である、ということをお伝えいたしました。

これが、作品に「雨」が表現される前の段階です。

ここに雨の「線」の表現が加えられることによって、画面に更なる奥行きと立体感が生まれます。

歌川広重 大はしあたけの夕立
本図の主題でもある「雨」。先ほどご紹介したように、本図の雨の版木は2枚に分かれており、まずは1枚目の版木を薄い墨で摺ります。

歌川広重 大はしあたけの夕立
次に、少し濃い墨で、2枚目の版木を摺ります。
緻密な雨の線の重なりが、たった二枚の版木だけで構成されているようには思えない複雑な雨の描写を生み出しています。

ここがポイント!
雨を摺るのにも、力の加減によって、濃淡や線の太さが全く変わってきてしまい、作品の印象が全く変わってしまいます。また、一度に100枚程度を摺るため、それをすべて同じように摺るためには、熟練の技術を要します。

歌川広重 大はしあたけの夕立 残りの部分を摺って完成。
対岸の遠景の手前に、はっきりとした濃い雨の線が摺られることによって、画面の奥行きが増し、また、雨の存在感がより強調されてみえます。


広重が描いた「雨」を表現するために、作品によって様々な工夫がなされているのをここまでご覧いただきました。
絵師の思い描く世界を最大限表現するために必要なのが、高度な職人の技術です。彫師・摺師が作品の主題を読み解き、作品に合わせて、技を遺憾なく発揮することで、人々を魅了する名作を生み出すことができるのです。


歌川広重 伯耆 大野大山遠望 「伯耆大野大山遠望」では、絵の具をきめ込みすぎず、のせるように摺っていくことで、霧雨のように降る優しい雨が表現されます。


2回に渡ってアダチ版画独自の視点からご紹介してきた、広重の「雨」の作品。
広重作品の持つ豊かな叙情性は、広重が浮世絵制作が分業制である利点を充分に理解していたからこそ、生み出されたものなのではないでしょうか。

>> 季節のうつろいを浮世絵で感じる~広重から清親へ 風景画の巨匠が描く雨の風景~

広重から清親へ 風景画の巨匠が描く雨の風景

■広重作品の叙情性の秘密 ~制作の視点から読み解く~

広重の風景画はどれも詩的な趣や叙情性を高く評価され、今でも風景画の名手としてその名を広く知られています。それでは、なぜ広重の作品はこれほどまでに叙情性に溢れ、人々の心を惹きつけるのでしょうか。現在雨の浮世絵の企画でご紹介している2つの作品の制作工程を通して、広重作品の抒情性の秘密を見ていきましょう。


歌川広重 伯耆大野大山遠望 歌川広重 大はしあたけの夕立
歌川広重「伯耆 大野 大山遠望 歌川広重「大はしあたけの夕立


■雨も山も見当たらない?!広重作品の版下絵

まずは、霧雨を描いた「伯耆大野 大山遠望」と夕立を描いた大はしあたけの夕立」の「版下絵」を見てみましょう。「版下絵」というのは、絵師が描く版画のための下絵のこと。浮世絵版画の場合には、色のついた完成図を絵師が描くのではなく、墨一色の線のみで描いたものが原稿となり、色の部分は、後から色ごとに指定していくことになります。2図ともに、線で描かれている部分は少なく、版下絵を見ただけでは完成する作品の全体像が読みとれません。


歌川広重 伯耆大野大山遠望 歌川広重 伯耆大野大山遠望 歌川広重 大はしあたけの夕立 歌川広重 伯耆大野大山遠望

こちらは葛飾北斎「神奈川沖浪裏」の版下絵。広重の版下絵と比べると、北斎は、細かい部分まで線を描いており、版下絵を見ただけで、作品の完成図がだいたい想定できます。

k葛飾北斎 神奈川沖浪裏

絵師によっても「版下絵」そして版画の作り方、絵の見せ方が異なるのがこれだけでもわかりますね。
広重の「線」で描かれていない部分は、どのように作られるのかというと、「色板」と呼ばれる、色ごとに分けられた板を用いて、一色ずつ「面」として表現されることになります。
それでは実際にどのように表現されているのか、摺の工程とともに見ていきましょう。


■職人の技術が生きる 「面」の表現

歌川広重 伯耆 大野大山遠望

浮世絵では初めに輪郭線を摺り、その後一色ごとに摺り重ねていきます。

これは「伯耆大野大山遠望」の輪郭線と、農作業をする人々の傘と蓑の部分が摺られている段階です。まだ、背景の山や雨は表現されていません。


背景の部分を摺っていきます。
いくつかに分けられた色の板を使い、濃淡を巧みに表現していきます。また、本図では「ぼかし」の技法が多く使われています。

歌川広重 伯耆 大野大山遠望

歌川広重 伯耆 大野大山遠望

摺り上がりを見ると、山や木々などの比較的大きな対象物に輪郭線がとられていないため、作品の印象も柔和で繊細な印象となります。


そして、もう1図「大はしあたけの夕立」のシンプルな版下絵の状態から、奥行きのある抒情豊かな名作に仕上がるのかを摺の工程をふまえ、ご紹介いたします。



■「大はしあたけの夕立」摺師の高度な技術から生まれる作品の奥行き

本図では手前に描かれた橋の遠景に、夕立で霞む対岸の景色が描かれていることにより、画面に奥行き生まれ、作品により抒情的な深みを持たせています。
「大はしあたけの夕立」の20回近くの摺工程の中から抜粋した5つの工程を以下にご覧ください。奥行きの変化が一目瞭然です。


歌川広重 大はしあたけの夕立 歌川広重 大はしあたけの夕立 歌川広重 大はしあたけの夕立
1. アウトライン 2. 手前の橋に色が入りました 3.背景の川と空の部分に
色板の面で色が入りました

歌川広重 大はしあたけの夕立 歌川広重 大はしあたけの夕立

上空に立ち込める暗い雲を、濃い墨を用いて表現しています。
前回のメールマガジンでもご紹介しましたが、「あてなぼかし」と呼ばれるこの技法は、平らな板の上に刷毛で雲の形を描くように絵の具をのせて摺る技法。すべて同じ形に摺るためには、熟練の高度な技術が必要となります。


歌川広重 大はしあたけの夕立

そして薄い墨を用いて、対岸の遠景が摺られていきます。シルエットのみで表現されるこの情景により、作品に一気に奥行きが生まれるため、制作においても大変重要な工程となります。


歌川広重 大はしあたけの夕立

この対岸の部分の版木です。この板を使って、二回の摺を行います。
一度目の摺で対岸部分全体を摺り、二度目の摺で上部にぼかしをかけていきます。


また、彫りにも注目をすると、実は対岸にある木々や建物のシルエットまで、細かく表現されていることがよく分かります。
作品に深みを持たせる重要な部分だからこそ、摺師の高度な「ぼかし」の技術が加わることによって魅力的な遠景を作りだしているのです。


歌川広重 大はしあたけの夕立

このように、広重の作品にみられる「奥行き」のある抒情性あふれる表現の裏には、木版構造や技法が大きく影響していることがご覧いただけたと思います。広重は、線だけでなく色面をどのように使うか、そして摺師の技術をどう活用するかを考えて「版下絵」を描いていたのでしょう。

次回は、いよいよ「雨」の表現についてご紹介していまいります。「伯耆大野 大山遠望」と「大はしあたけの夕立」どのような違いがあるのかも必見です!どうぞお楽しみに。

>> 季節のうつろいを浮世絵で感じる~広重から清親へ 風景画の巨匠が描く雨の風景~


品質へのこだわり

品質へのこだわり

アダチの浮世絵は、手にして初めて分かる、熟練の技術と日本の伝統が詰まっています。

製作工程

制作工程

一切機械を使うことなく一枚一枚職人の手仕事により丁寧に作られている木版画です。

厳選素材・道具

厳選素材・道具

江戸当時の風情を感じられる当時の浮世絵の再現にこだわり、厳選した素材と道具を使用。

職人紹介

職人紹介

最高の作品を創り出すために、日々技術の研鑽を積む熟練の職人たち。

浮世絵の基礎知識

浮世絵の基礎知識

意外と知らない?浮世絵の世界。浮世絵の基礎知識をご紹介。