金魚づくし

 

姿の可愛らしさと涼しげな様子から、日本の夏の風物詩として不動の人気を誇る金魚。江戸時代後期、庶民の間で広く飼育されるようになった金魚は、身近な娯楽であった浮世絵の中にも描かれています。

金魚にカエルやカメなども加え、水中の生き物たちを擬人化し、笑い、走り、唄い踊る金魚の姿をユーモアたっぷりに描いた歌川国芳の「金魚づくし」は、夏本番を迎えるこれからの季節にピッタリなシリーズ。

今回は、そんなユーモア溢れる笑って楽しい「金魚づくし」の飾り方をご紹介します。

百ものがたり
 「百ものがたり

 

■ コンパクトなスペースで1図をじっくり味わう


ぼんぼん

「金魚づくし」は通常の浮世絵の半分ほどの大きさで、額の大きさも縦が約38cm、横幅が約29cmとコンパクトサイズ。

写真のように、玄関やリビングなどちょっとしたスペースに飾ることができ、まるで金魚鉢を置いたように涼しげな空間を楽しめます。

 「ぼんぼん

◇ ひれをまくって男らしく―「いかだのり」

江戸時代、鳶職と並んで最もいなせな職業とされていた船頭。国芳が描く金魚の船頭は、ひれをまくり上げた姿に江戸っ子の粋な男気を感じさせます。

棹を持つ金魚たちのアクロバティックな動きが、いきいきとした画面になっています。

いかだのり
 「いかだのり

 

にはかあめんぼう

◇ にわか雨!?―「にはかあめんぼう」

水中の金魚が雨をしのぐ、というこれまたおかしな作品。タイトルも「にわかあめ」と「あめんぼう」をかけたシャレになっています。

まさに、あめんぼうの細長い足を雨足に見立てています。突然の雨の襲来に慌てふためく金魚たちの描写がシュールで、国芳の遊び心を感じる作品です。

 「にはかあめんぼう

 

■ 自然の木目が美しい「白木額」にお好きな2図を並べて楽しむ

洋室にも飾って楽しんでいただけるよう、自然の木目が美しい「白木額」もご用意しています。こちらの額には、金魚づくしを2図並べてお楽しみいただけます。

 

スタッフのオススメは、金魚たちの宴会の様子を描いた「酒のざしき」。一匹の金魚が三味線を弾き、それに合わせ踊る二匹の金魚。ひれを巧みに使った仕草になんとも笑みがこぼれます。ご家庭のダイニングに飾っても、一家団欒の時間が楽しくなること間違いありません。

「酒のざしき」と組み合わせるもう1図には、「そさのおのみこと」。日本神話に登場する素戔嗚尊(すさのおのみこと)を描いた作品で、八岐大蛇(やまたのおろち)を退治する場面です。戦う素戔嗚尊の足下にいるのは奇稲田姫(くしなだひめ)。ウナギを八岐大蛇に見立てて、勇敢に立ち向かう金魚の姿がなんとも愉快な作品です。

 
  【 ご注文方法 】  
1.「金魚づくし2図セット」をカートに入れる
2.ご注文の最終確認画面の「備考欄」に、額装する2図の並び順を記入する
例)左:酒のざしき、右:そさのおのみこと
 

備考欄

 

■ ひとつの額に3図をまとめて、賑やかな金魚たちの世界に浸る

楽しい金魚たちを広い空間で楽しみたい方には、アダチ特製浮世絵専用額(長判)を使って、3図を一緒に飾るのもオススメです!

1図ずつはコンパクトなサイズですが、3図並べることで「金魚づくし」のユーモア溢れる明るく楽しい雰囲気がお部屋全体に広がります。季節や気分に合わせて、自由に絵柄・順番を入れ替えても素敵に飾れます。

金魚づくし3図セット
左「さらいとんび」、中「玉や玉や」、右「百ものがたり

 
  【 ご注文方法 】  
1.「金魚づくし3図セット」をカートに入れる
2.ご注文の最終確認画面の「備考欄」に、額装する3図の並び順を記入する
例)左:さらいとんび、中:玉や玉や、右:百ものがたり
 

備考欄

 

1図ずつお部屋に飾るのもよし、リビングに3図まとめて飾って金魚たちの世界を楽しむのもよし、いろいろな飾り方で楽しめる「金魚づくし」です。 この夏は、ぜひお気に入りの金魚を見つけて、飾ってみてはいかがでしょうか。

現在開催中、および6月開催のオススメ浮世絵展覧会をご紹介します!
各地で魅力的な浮世絵の展覧会が目白押しです。

 

◆ 6月のPick up!オススメ展覧会

 

東京・原宿にある太田記念美術館にて、6月2日(金)より「馬琴と国芳・国貞 八犬伝と弓張月」展が開催されます。

 

江戸時代のベストセラー作家として、今なお高い人気を誇っている曲亭(滝沢)馬琴。執筆した『南総里見八犬伝』や『椿説弓張月』は小説としてだけでなく歌舞伎や映画、演劇などでも扱われ、江戸時代当時には多くの浮世絵に描かれるなどして人々に愛されてきました。本展ではそんな曲亭馬琴の誕生250周年を記念して、彼の小説を題材とした浮世絵約80点をご紹介しています。

『椿説弓張月』にでてくるワニザメを迫力満点に描いた歌川国芳の「讃岐院眷属をして為朝をすくふ図」や、『南総里見八犬伝』の八犬士が果敢に戦う様子を描いた歌川国貞「放龍閣之場 犬飼現八 犬塚信乃」などが展示され、胸をわくわくさせるような冒険活劇を浮世絵としてお楽しみいただけます。

常設で紹介いただいているアダチ版復刻浮世絵もじっくりとご覧いただけますので、ぜひ足を運んでみてください!



 
太田記念美術館 (東京 原宿)
馬琴と国芳・国貞 八犬伝と弓張月
6月2日(金)~6月25日(日)



◆ アダチ版復刻浮世絵の取り扱いがある美術館・博物館

下記でご紹介する美術館・博物館では、常時アダチ版復刻浮世絵をお求めいただけます。(お求めいただけない商品もございますので、ご了承ください。)

静岡市東海道広重美術館 (静岡 由比)
広重・豊国・国芳
-雙筆五十三次と東海道五十三對-
6月13日(火)~8月20日(日)
すみだ北斎美術館 (東京 両国)
てくてく東海道
-北斎と旅する五十三次-
4月18日(火)~6月11日(日)
中山道広重美術館 (岐阜 恵那)
風流の都、天下の台所
6月15日(木)~7月17日(月・祝)
 
信州小布施 北斎館 (長野 小布施)
日本とイギリス
-北斎の浪と水の流れ-
4月8日(土)~6月25日(日)
広重美術館 (山形 天童)
開館20周年記念展 広重の画業
~初代から五代まで
4月28日(金)~6月26日(月)
東京国立博物館 (東京 上野)
浮世絵と衣装-江戸(浮世絵)
5月16日(火)~6月11日(日)

◆ その他、オススメの浮世絵展覧会



平塚市美術館 (神奈川 平塚)
斎藤文夫コレクション
浮世絵・神奈川名所めぐり
4月15日(土)~6月11日(日)


城西国際大学 水田美術館 (千葉 東金)
浮世絵でつづる房総人物伝 1
義民 佐倉宗吾
5月16日(土)~6月10日(土)


佐野美術館 (静岡 三島)
競演! 江戸の人気浮世絵師たち
-平木コレクション名品展
5月20日(土)~7月2日(日)
 
島根県立美術館 (島根 松江)
江戸の遊び絵づくし
5月19日(金)~7月3日(月)
台東区立一葉記念館 (東京 竜泉)
樋口一葉と錦絵
4月21日(金)~6月25日(日)
大英博物館 (イギリス ロンドン)
Hokusai: beyond the Great Wave
5月25日(木)~8月13日(日)
洋風に飾る浮世絵

 

~浮世絵のある暮らし~ 住まいのプロ・ミサワホームさまに聞く!

浮世絵の楽しみ方は多種多様。現在開催中の「新生活を彩る 洋風に飾る浮世絵」でご紹介しているように、飾り方に一工夫するとまた違った表情を見せるのも浮世絵の魅力です。

外観

住宅メーカー・ミサワホームさまの2017年1月にオープンした錦糸町にあるモデルハウスでは、アダチ版画の浮世絵をミサワホームさまならではの方法で、とても素敵に飾っていただいています。

≪錦糸町にある二世帯住宅をイメージしたモデルハウス≫

 

そこで今回は、本モデルハウスの設計、インテリアコーディネートをご担当されたミサワホーム商品開発部・施設設計技術課の馬場(ばんば) 純さんに住まいのプロ目線で浮世絵の楽しみ方、飾り方についてなどお話を伺ってきました。

外観

 

■ 今回モデルハウスに北斎の浮世絵を採用いただいた理由を教えてください。


 
馬場さん

「墨田区にあるモデルハウスということで、墨田区や近隣にゆかりのあるものをインテリアにしたいという思いがありました。

墨田区は葛飾北斎が生まれて住んだ土地として有名ですし、昨年の11月にはすみだ北斎美術館が出来上がり、このモデルハウスはその二か月後のオープンだったのもあって、北斎の浮世絵を是非飾りたいと思っていたんです。

 
ミサワホーム商品開発部・施設設計技術課
馬場(ばんば) 純さん
 

 
 

あとは浮世絵を飾っているフロアは二世帯住宅の親世代が住むイメージで、北欧のハンス・J・ウェグナーというデザイナーの家具を多く使ってナチュラルで落ち着いた雰囲気でつくられています。

北欧家具と浮世絵の相性というのはとても良いと思っていて、どちらも自然の素材を生かし、つくられた感じのない、優しさのある、触ってみたくなる、そういったところが共通していて馴染みやすいと思います。それで、この空間に浮世絵はぴったりだということで採用しました。」

 

 

―確かにナチュラルな雰囲気がよくマッチしていて、とても素敵です!北欧家具は最近人気ですよね。

 
 

「そうですね、最近はこのような雰囲気の住まいを求めてらっしゃるお客様が多いと感じたのもあって、そこを重視してつくりました。」

室内風景
≪自然な雰囲気で落ち着きのあるお部屋は浮世絵を飾るのにぴったり≫
 

 

■ 以前から浮世絵に興味を持っていただいていたのでしょうか。


 
 

「詳しくはないですが浮世絵と建築にはどこかつながりがある気がして、頭にひっかかっている、そういうところはありました。

栃木の那珂川町馬頭にある広重美術館にいって、中の展示物はもちろんですが建築士としては隈研吾氏が広重からインスピレーションを受けて設計したという美術館自体のデザインにも感銘を受けました。

広重作品の雨の線をモチーフに木の格子が建物全体を包んで屋根まで作っていて、とても感動しました。建築にこんな可能性があるんだなと思いましたね。

 
大はしあたけの夕立 那珂川町馬頭広重美術館 那珂川町馬頭広重美術館
写真提供:那珂川町馬頭広重美術館
≪雨の線が印象的な歌川広重『大はしあたけの夕立』と
建物全体が八溝杉の格子に包まれた那珂川町馬頭広重美術館≫
 

 
 

あとは旧帝国ホテルを設計したことで有名なフランク・ロイド・ライト氏が浮世絵を集めていたりしていましたしね。彼の代表作である落水荘は滝の中に埋め込まれて自然と一体化した建物で、その設計は浮世絵に影響されている注1と聞いたことがあります。

浮世絵には構図などに日本らしいバランスがあって、簡単にいうとシンメトリーじゃないだとか、そういったものが建築へのインスピレーションになるんじゃないかと思います。」

 


注1旧帝国ホテルを設計したことで有名なフランク・ロイド・ライト氏。彼は浮世絵の熱心な収集家としても知られていて、アメリカ・ペンシルべニアにある落水荘は一説では葛飾北斎『木曾海道小野ノ瀑布』に影響を受けたといわれています。

■ 今回モデルハウスに浮世絵を飾っていただく際に、気を付けたところなどありましたか。


 
 

「このお部屋はアクセントカラーとして青を使っています。リビングのチェアや壁紙の一部などが青系となっていて、浮世絵についても青が印象的に使用されている『神奈川沖浪裏』と『凱風快晴』を選びました。

あとは額縁を部屋に合わせる、ということを意識しています。今回寝室とお風呂の間の廊下に飾っている『神奈川沖浪裏』の額縁は、部屋で使用している木の色に近い、ナチュラルな木目額を使用しています。玄関に飾っている『凱風快晴』の額縁は黒で、マットはグレーです。この部屋は木目調か、黒、青、グレーといった色が合いますので、その中で調整して今回のマットと額縁の組み合わせになりました。」

 

神奈川沖浪裏
≪明るい木目調額×白のマットで飾られる葛飾北斎『神奈川沖浪裏』。
木が多く使われているお家の内装ともよく合い、爽やか≫

 

―お部屋に絵を飾るための壁がない、という声もあります。

 
 

「そうですね。最近お住まいを新築される方の中でも明るい部屋にしたいということで、壁を少なめにして沢山窓をつけたいと仰る方は多いです。でも実はこれは部屋を明るくしたいという目的からすると逆効果で、反射する壁がないと、かえって部屋が暗く見えたりするんです。

ですので、僕が設計するときはできるだけ白い壁は残します。そこに絵を飾ると雰囲気がでますよね。あとは、今回玄関に飾っている『凱風快晴』のように、棚の上などに立てかけるのもありですね。」

 

凱風快晴
≪玄関の靴棚の上に立てかけるように飾られた北斎『凱風快晴』。和風な黒縁額でも
マットのトーンを暗めにすると一気にモダンな雰囲気になって洋室にもよく馴染む≫

 

住まいと建築のプロから見た浮世絵の楽しみ方のお話。とても興味深く、参考になりました!

飾り方、飾る場所を変えるとガラッと印象の変わる浮世絵。ご自宅のインテリアなどとの相性を考えながら、皆さんもぜひ色々な角度から浮世絵を楽しんでみてくださいね!

現在開催中、および5月開催のオススメ浮世絵展覧会をご紹介します!
各地で魅力的な浮世絵の展覧会が目白押しです。

 

◆ 5月のPick up!オススメ展覧会

 

現在、神奈川県の平塚市美術館にて「斎藤文夫コレクション  浮世絵・神奈川名所めぐり」が開催中です。
江戸時代後期、庶民の間では旅行が大ブーム。伊勢神宮へのお参りを名目に、農民も商人も職人も、皆旅に繰り出し東海道を上りながら物見遊山を楽しんだそうです。

 

そんななかで現在の神奈川県は江戸から伊勢までの道中にあり、寺社や景勝地、湯治場など人気の観光地が点在していたため、その周りの宿場町も合わせて大賑わい。その活気溢れる風景は多くの浮世絵に描かれました。本展では、川崎・砂子の里資料館館長・斎藤文夫氏が長年にわたって収集された作品の中から、魅力ある神奈川の名所、東海道の宿場を題材とした名作浮世絵を約200点ご覧いただけます。

また5/14(日)にはアダチ版画の摺師が実演会に伺いますので、この機会をどうぞお見逃しなく。



 
  平塚市美術館 (神奈川 平塚)
  斎藤文夫コレクション 浮世絵・神奈川名所めぐり
  4月15日(土)~6月11日(日)



◆ アダチ版復刻浮世絵の取り扱いがある美術館・博物館

下記でご紹介する美術館・博物館では、常時アダチ版復刻浮世絵をお求めいただけます。(お求めいただけない商品もございますので、ご了承ください。)

太田記念美術館 (東京 原宿)
浮世絵動物園
4月1日(土)~5月28日(日)
すみだ北斎美術館(東京 両国)
てくてく東海道
-北斎と旅する五十三次-
4月18日(火)~6月11日(日)
静岡市東海道広重美術館 (静岡 由比)
広重生誕220周年記念
浮世絵と広告
4月4日(火)~6月11日(日)
 
信州小布施 北斎館 (長野 小布施)
日本とイギリス
-北斎の浪と水の流れ-
4月8日(土)~6月25日(日)
中山道広重美術館 (岐阜 恵那)
名所江戸百景
-切り取られた町の風景-
3月30日(木)~6月11日(日)
 
 
広重美術館 (山形 天童)
開館20周年記念展 広重の画業
~初代から五代まで
4月28日(金)~6月26日(月)
東京国立博物館 (東京 上野)
浮世絵と衣装-江戸(浮世絵)
4月18日(火)~5月14日(日)
 

◆ その他、オススメの浮世絵展覧会

アダチ版浮世絵販売あり!

名古屋ボストン美術館 (愛知 名古屋)
歌川広重 東海道五拾三次展
3月18日(土)~5月14日(日)
アダチ版浮世絵販売あり!

新潟市美術館 (新潟)
原安三郎コレクション
広重ビビッド
3月18日(土)~5月21日(日)


城西国際大学 水田美術館 (千葉 東金)
浮世絵でつづる房総人物伝1
義民 佐倉宗吾
5月16日(火)~6月10日(土)
 
和泉市久保惣記念美術館 (大阪 和泉)
刻(とき)の玉手箱
-久保惣コレクションのその時-
4月8日(土)~5月28日(日)
佐野美術館 (静岡 三島)
競演!江戸の人気浮世絵師たち
-平木コレクション名品展
5月20日(土)~7月2日(日)
島根県立美術館 (島根 松江)
江戸の遊び絵づくし
5月19日(金)~7月3日(月)

現在開催中、および4月開催のオススメ浮世絵展覧会をご紹介します!
各地で魅力的な浮世絵の展覧会が目白押しです。

 

◆ 4月のPick up!オススメ展覧会

 

現在、東京・原宿にある太田記念美術館にて、「浮世絵動物園」が開催中です。動物が描かれた浮世絵を集めて紹介する本展。元々2010年に開催され好評だった展示を作品数2倍の約160点として、パワーアップし帰ってきました。

 

猫の作品を多数残したことで有名な歌川国芳の他、鈴木春信、葛飾北斎、歌川広重、月岡芳年、河鍋暁斎といった名だたる絵師たちが描く個性豊かな動物たちは必見です。可愛い猫や金魚に、擬人化され面白可笑しく描かれた踊るタコや芸を披露する鳥など、とてもバリエーション豊かな楽しい展示となっています。

空想上の珍獣を描いた浮世絵では、太田記念美術館の公式Twitterのアイコンにもなっている"虎小石"(大きな石に虎の手足が生えたもの)が描かれた歌川芳員「東海道五十三次之内 大磯 をだわらへ四り」も展示されます。ご注目ください。

常設で紹介いただいているアダチ版復刻浮世絵もじっくりとご覧いただけますので、ぜひ足を運んでみてください!



 
太田記念美術館 (東京 原宿)
浮世絵動物園
4月1日(土)~5月28日(日)



◆ アダチ版復刻浮世絵の取り扱いがある美術館・博物館

下記でご紹介する美術館・博物館では、常時アダチ版復刻浮世絵をお求めいただけます。(お求めいただけない商品もございますので、ご了承ください。)

静岡市東海道広重美術館 (静岡 由比)
広重生誕220周年記念
浮世絵と広告
4月4日(火)~6月11日(日)
すみだ北斎美術館 (東京 両国)
てくてく東海道
-北斎と旅する五十三次-
4月18日(火)~6月11日(日)
中山道広重美術館 (岐阜 恵那)
名所江戸百景
-切り取られた町の風景-
3月30日(木)~6月11日(日)
 
信州小布施 北斎館 (長野 小布施)
日本とイギリス
-北斎の浪と水の流れ-
4月8日(土)~6月25日(日)
広重美術館 (山形 天童)
浮世絵のみかた
3月31日(金)~4月24日(月)
東京国立博物館 (東京 上野)
浮世絵と衣装-江戸(浮世絵)
3月22日(水)~4月16日(日)

◆ その他、オススメの浮世絵展覧会

アダチ版浮世絵販売あり!

名古屋ボストン美術館 (愛知 名古屋)
歌川広重 東海道五拾三次展
3月18日(土)~5月14日(日)
アダチ版浮世絵販売あり!

新潟市美術館 (新潟)
原安三郎コレクション
広重ビビッド
3月18日(土)~5月21日(日)


Bunkamura ザ・ミュージアム (東京 渋谷)
ゴールドマンコレクション
これぞ暁斎!世界が認めたその画力
2月23日(木)~4月16日(日)
 
平塚市美術館 (神奈川 平塚)
斎藤文夫コレクション
浮世絵・神奈川名所めぐり
4月15日(土)~6月11日(日)
城西大学水田美術館 (埼玉 坂戸)
水田コレクション展
浮世絵版画の判型
4月5日(水)~4月22日(土)
和泉市久保惣記念美術館 (大阪 和泉)
刻(とき)の玉手箱
-久保惣コレクションのその時-
4月8日(土)~5月28日(日)

現在開催中、および3月開催のオススメ浮世絵展覧会をご紹介します!
各地で魅力的な浮世絵の展覧会が目白押しです。

 

◆ 3月のPick up!オススメ展覧会

 

現在、東京・渋谷にあるBunkamuraザ・ミュージアムにて、「ゴールドマン コレクション これぞ暁斎! 世界が認めたその画力」が開催中です。

 

幕末から明治にかけての激動の時代に活躍した画家である河鍋暁斎の展覧会です。その圧倒的な画力で国内外から高く評価され、「画鬼」とも呼ばれた暁斎。歌川国芳へ入門した後に狩野派に学び、その後様々な流派、画法をどん欲に吸収し、山水画から戯画、風刺画まで様々な画題に精通しました。本展では世界屈指の浮世絵オリジナル商であり、暁斎のコレクターとして知られるイスラエル・ゴールドマン氏所蔵の作品から、日本初公開作品を含む約180点が展示されます。

正統派の美しい日本画から迫力満点の風刺画、ユーモアあふれる戯画など、多種多様な暁斎の画業が一挙にご覧いただける機会です。
世界を驚かせた暁斎の筆力をご覧に、是非足を運んでみてください。



 
Bunkamura ザ・ミュージアム (東京 渋谷)
ゴールドマン コレクション これぞ暁斎!世界が認めたその画力
2月23日(木)~4月16日(日)



◆ アダチ版復刻浮世絵の取り扱いがある美術館・博物館

下記でご紹介する美術館・博物館では、常時アダチ版復刻浮世絵をお求めいただけます。(お求めいただけない商品もございますので、ご了承ください。)

太田記念美術館 (東京 原宿)
江戸の絶景~雪月花
2月3日(金)~3月26日(日)
すみだ北斎美術館(東京 両国)
すみだ北斎美術館を支えるコレクター
2月4日(土)~4月2日(日)
静岡市東海道広重美術館 (静岡 由比)
三人の広重
1月31日(火)~4月2日(日)
 
東京国立博物館 (東京 上野)
浮世絵と衣装-江戸(浮世絵)
2月28日(火)~3月20日(月)
中山道広重美術館 (岐阜 恵那)
美しき東海道-「隷書版」お披露目-
2月16日(木)~3月26日(日)
 
信州小布施 北斎館 (長野 小布施)
北斎絵画の新たな展開
11月22日(火)~3月29日(火)
広重美術館 (山形 天童)
春 うらら
3月3日(金)~3月27日(月)

◆ その他、オススメの浮世絵展覧会

アダチ版浮世絵販売あり!

名古屋ボストン美術館 (愛知 名古屋)
歌川広重 東海道五拾三次展
3月18日(土)~5月14日(日)
アダチ版浮世絵販売あり!

新潟市美術館 (新潟)
原安三郎コレクション
広重ビビッド
3月18日(土)~5月21日(日)


板橋区立美術館 (東京 赤塚)
江戸に長崎がやってきた!
長崎版画と異国の面影
2月25日(土)~3月26日(日)
 
府中市美術館
(東京 府中)
歌川国芳 21世紀の絵画力
3月11日(土)~5月7日(日)
岡田美術館
(神奈川 箱根)
美術館で巡る 東海道五十三次の旅
12月23日(金・祝)~4月2日(日)
町田市立国際版画美術館
(東京 町田)
吉例浮世絵大公開!
江戸ノスタルジア
3月11日(土)~4月9日(日)

現在開催中、および2月開催のオススメ浮世絵展覧会をご紹介します!
各地で魅力的な浮世絵の展覧会が目白押しです。

 

◆ 2月のPick up!オススメ展覧会

 

東京・原宿にある太田記念美術館にて、2月3日(金)より「江戸の絶景~雪月花」展が開催されます。

 

人々を魅了する「絶景」。現代でも国内外の絶景スポットはメディアでも取り上げられ多くの人が足を運びますが、その人気は江戸時代でも同じでした。
本展で紹介されるのは歌川広重を中心に、葛飾北斎、歌川国芳などが日本各地の名勝地を描いた浮世絵たち。月に照らされる名橋猿橋、桜が満開で賑わう京都、真っ白な雪で包まれた木曾路の山川など、新幹線も飛行機もない江戸時代に人々が各地の絶景に思いを馳せ楽しんだ浮世絵をご覧いただけます。
また、四季折々の表情を見せる江戸の名所を描いた浮世絵も必見です。


常設で紹介いただいているアダチ版復刻浮世絵も手に取ってじっくりとご覧いただけますので、ぜひ足を運んでみてください!



 
太田記念美術館 (東京 原宿)
江戸の絶景~雪月花
2月3日(金)~3月26日(日)



◆ アダチ版復刻浮世絵の取り扱いがある美術館・博物館

下記でご紹介する美術館・博物館では、常時アダチ版復刻浮世絵をお求めいただけます。(お求めいただけない商品もございますので、ご了承ください。)

静岡市東海道広重美術館 (静岡 由比)
三人の広重
1月31日(火)~4月2日(日)
すみだ北斎美術館(東京 両国)
すみだ北斎美術館を支えるコレクター
2月4日(土)~4月2日(日)
中山道広重美術館(岐阜 恵那)
お江戸の花は桜色
1月2日(月)~2月12日(日)
 
信州小布施 北斎館 (長野 小布施)
北斎絵画の新たな展開
11月22日(火)~3月29日(火)
広重美術館 (山形 天童)
広重の音
2月3日(金)~2月27日(月)
東京国立博物館 (東京 上野)
浮世絵と衣装-江戸(浮世絵)
1月2日(月)~2月26日(日)

◆ その他、オススメの浮世絵展覧会



石川県立美術館 (石川 金沢)
絵画にみる江戸のくらし
浮世絵版画を中心に
1月4日(水)~2月12日(日)


板橋区立美術館 (東京 赤塚)
江戸に長崎がやってきた!
長崎版画と異国の面影
2月25日(土)~3月26日(日)


岡田美術館 (神奈川 箱根)
美術館で巡る
 東海道五十三次の旅
12月23日(金・祝)~4月2日(日)
 
本間美術館
(山形 酒田)
後期収蔵品展
浮世絵版画を中心に
1月7日(土)~2月20日(月)
千葉市美術館
(千葉)
春を寿ぐ 所蔵浮世絵名品展
1月4日(水)~2月26日(日)
那珂川町馬頭広重美術館
(栃木 那須)
【浮世絵で楽しむ源氏物語】
-「偐紫田舎源氏」の世界-
1月20日(金)~3月5日(日)

現在開催中、および1月開催のオススメ浮世絵展覧会をご紹介します!
各地で魅力的な浮世絵の展覧会が目白押しです。

 

◆ 1月のPick up!オススメ展覧会

 

東京・原宿にある太田記念美術館にて、1月5日(木)より「お笑い江戸名所 ~歌川広景の全貌」展が開催されます。

 

歌川広重の弟子とされる幕末の浮世絵師・歌川広景(うたがわ・ひろかげ)。
彼の代表作「江戸名所道戯尽」は江戸の名所を舞台に、騒いだりずっこけたりする人々、こっけいな出来事をユーモラスに描いた作品です。本展は、このシリーズ全50図が一挙に公開される貴重な機会となっています。また、擬人化された野菜と魚介類の戦いを描く『青物魚軍勢大合戦之図』、『東都冨士三十六景』といった作品や、歌川広重、葛飾北斎の作品もあわせてご覧いただけます。


常設で紹介いただいているアダチ版復刻浮世絵もお手に取っていただけます。
思わず笑ってしまう楽しい作品満載の展覧会です。新年初笑いに、是非訪れてみてはいかがでしょうか。



 
太田記念美術館 (東京 原宿)
お笑い江戸名所 ~歌川広景の全貌
1月5日(木)~1月29日(日)



◆ アダチ版復刻浮世絵の取り扱いがある美術館・博物館

下記でご紹介する美術館・博物館では、常時アダチ版復刻浮世絵をお求めいただけます。(お求めいただけない商品もございますので、ご了承ください。)

静岡市東海道広重美術館 (静岡 由比)
まるごと富士
11月22日(火)~1月29日(日)
すみだ北斎美術館(東京 両国)
開館記念展 北斎の帰還
-幻の絵巻と名品コレクション-
11月22日(火)~1月15日(日)
中山道広重美術館(岐阜 恵那)
お江戸の花は桜色
1月2日(月)~2月12日(日)
 
信州小布施 北斎館 (長野 小布施)
北斎絵画の新たな展開
11月22日(火)~3月29日(火)
広重美術館 (山形 天童)
東海道五十三次
東京国立博物館 (東京 上野)
浮世絵と衣装-江戸(浮世絵)
1月2日(月)~2月26日(日)

◆ その他、オススメの浮世絵展覧会



石川県立美術館 (石川 金沢)
絵画にみる江戸のくらし
浮世絵版画を中心に
1月4日(水)~2月12日(日)


鎌倉国宝館 (神奈川 鎌倉)
北斎と肉筆浮世絵
氏家浮世絵コレクションの至宝
1月4日(水)~2月5日(日)


岡田美術館 (神奈川 箱根)
美術館で巡る
 東海道五十三次の旅
12月23日(金・祝)~4月2日(日)
 
松岡美術館
(東京 白金台)
松岡コレクション 美しい人びと
1月24日(火)~3月20日(月・祝)
千葉市美術館
(千葉)
春を寿ぐ 所蔵浮世絵名品展
1月4日(水)~2月26日(日)
島根県立美術館
(島根 松江)
島根県立美術館コレクション名品選
新庄二郎が愛した浮世絵
1月2日(月・祝)~2月6日(月)
迎春セット2017

 

新たに始まる一年の門出を祝い、お正月限定企画の「迎春セット」をご用意しました!アダチ版復刻浮世絵4点に特製浮世絵専用額(12,960円)1点と差し替え用のマットが付いてくる、とてもお得なセットです。

「自宅に浮世絵を飾ってみたいけど、どれを選べば良いのか迷ってしまう」という初めて浮世絵をお求めいただくお客さまは、アダチが厳選したオススメ作品をご参考になさってください。また、「すでに持っているので、他の絵がほしい」というお客さまは、アダチ版復刻浮世絵の中からお好きな作品(14,040円)を4点ご自由にお選びいただけます。

通常お求めいただく価格より約19%OFFと大変お得な「迎春セット」。もちろん送料も無料でお届けします!2017年1月15日までの期間限定でのご紹介となりますので、この機会お見逃しなく!季節で掛け替えていただけるお得なセットで、一年を心豊かにお楽しみください。

価格

 

■ アダチのオススメ!日本の四季を堪能する傑作浮世絵

  のオススメ作品

ビードロを吹く娘 吉野 夜の梅 隅田川水神の森真崎
歌麿
「ビードロを吹く娘」
北斎
「吉野」
春信
「夜の梅」
広重
「隅田川水神の森真崎」

  のオススメ作品

庄野 白雨 阿波 鳴門の風波 若那屋白露 下野黒髪山きりふりの滝
広重
「庄野 白雨」
広重
「阿波 鳴門の風波」
栄昌
「若那屋白露」
北斎
「下野黒髪山きりふりの滝」
 

  のオススメ作品

三日月に松上の木莵

玉川秋月 桔梗に蜻蛉 真間の紅葉手古那の社継はし
広重
「三日月に松上の木莵」
広重
「玉川秋月」
北斎
「桔梗に蜻蛉」
広重
「真間の紅葉手古那の社継はし」

  のオススメ作品

雪中暮村 雪中椿に雀 蒲原 夜之雪 雪中相合傘
広重
「雪中暮村」
広重
「雪中椿に雀」
広重
「蒲原 夜之雪」
春信
「雪中相合傘」

 

【お得情報その①】 お好きな浮世絵4点を自由に選べます!

オンラインストアをご利用のお客さまの中には、「迎春セット」でご紹介中の作品をすでにお持ちの方も多いのではないかと思います。そこで今年の「迎春セット」は、アダチ版復刻浮世絵の中から、お好きな浮世絵4点を自由にお選びいただけます!

日本の四季、春夏秋冬で4点をお選びいただくもよし、お気に入りのシリーズの中から4点お選びいただいてもよし、様々なお楽しみ方ができる「迎春セット」です。


※ご注文の際は、本商品をカートよりお買い求めいただき、ご注文内容の最終確認画面「備考欄」に浮世絵4点のタイトル(絵師名)、専用額または収納帙どちらをご希望か明記ください。

img_161212_01.jpg
※画像をクリックすると大きな画面でご覧いただけます

作品変更のご希望がない場合は、「隅田川水神の森真崎」、「下野黒髪山きりふりの滝」、「桔梗に蜻蛉」、「雪中相合傘」の4点にアダチ特製浮世絵専用額をお付けしてお届けいたします。

 

【お得情報その②】 「浮世絵専用額」もしくは保管に便利な「収納帙」のどちらか選べます!

さらに今回、皆様からのご要望にお応えして浮世絵の保管に最適な布製の「収納帙」をご用意いたしました。浮世絵専用額の代わりに「収納帙」を迎春セットにお付けすることも可能です。


すでに額縁を複数お持ちの方や、差し替え用の作品が増えて浮世絵の収納に困っている方にオススメです!
※掲載の写真は、実際の商品とは多少異なる場合がございます。予めご了承ください。

■ 収納帙については、こちらをご参照ください >>

収納帙

注文画面の備考欄に「専用額」もしくは「収納帙」のどちらを希望かご記入ください。ご希望がない場合は、専用額をお付けいたします。


※システムの都合上、「ご注文内容ご確認 (自動返信)」のメールをお送りいたしますが商品内容と価格を修正後、改めてメールをお送りいたしますので、ご了承ください。


お得な「迎春セット」は、2017年1月15日までの期間限定でのご紹介となりますので、ぜひこの機会にお求めください。新しい一年を彩り豊かな浮世絵で迎えてみてはいかがでしょうか。


新しい一年を浮世絵で彩り豊かに「選べる迎春セット」 商品詳細ページはこちら >>

品質へのこだわり

品質へのこだわり

アダチの浮世絵は、手にして初めて分かる、熟練の技術と日本の伝統が詰まっています。

製作工程

制作工程

一切機械を使うことなく一枚一枚職人の手仕事により丁寧に作られている木版画です。

厳選素材・道具

厳選素材・道具

江戸当時の風情を感じられる当時の浮世絵の再現にこだわり、厳選した素材と道具を使用。

職人紹介

職人紹介

最高の作品を創り出すために、日々技術の研鑽を積む熟練の職人たち。

浮世絵の基礎知識

浮世絵の基礎知識

意外と知らない?浮世絵の世界。浮世絵の基礎知識をご紹介。