豊かな実りの秋に 月を描いた浮世絵名作撰

■「お月見」が広まった江戸時代

今も広く親しまれている「お月見」。十五夜の日にすすきを飾り、月を眺めながらお団子を食べる行事は、日本人なら一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

この秋に月を愛でる慣習が庶民にまで浸透したのは、実は江戸時代だと言われています。
中秋の名月を鑑賞する風習は、中国から日本にやってきました。はじめに平安時代の貴族の間に取り入れられ、次第に武士や町民に広まっていったとされています。その後、お月見は収穫祭と結びつき、庶民へと広まりながら現在の十五夜の形式へと発展したそうです。

江戸の庶民の文化を色濃く反映した浮世絵には、観月を楽しむ江戸の人々の姿や、美しい月の情景が多く描かれています。


■お月見にすすきを供えて 「鏡台の秋月」


鈴木春信 座敷八景 鏡台の秋月

鈴木春信「鏡台の秋月
通常価格  20,000円(税別)

限定特価 絵のみ 13,000円(税別)
本図は日常の生活を風景に見立てて描いた春信の代表シリーズ「座敷八景」の内の一図。

江戸時代中期の俳人で、絵暦交換会の主催として錦絵誕生のきっかけを作った人物でもある大久保巨川の依頼により制作されたもので、画中の豪華な屏風には「巨川」の文字が見えます。
振袖を着て髪を結いあげられている娘の前に置かれた鏡台は、秋空に浮かぶ月を見立てたもの。 鈴木春信 座敷八景 鏡台の秋月

鈴木春信 座敷八景 鏡台の秋月
窓の外には十五夜の日、収穫に感謝して黄金色の穂を垂らした稲に見立ててお供えする「すすき」をのぞかせており、秋の風情を感じさせます。

画面内には描かれていませんが、開け放たれた窓の外にはきっと美しい秋の月が浮かんでいることでしょう。当時の人々の日常や、秋の暮らしの様子も見えてくる趣深い作品です。


■江戸の粋な遊び 「道潅山虫聞之図」



秋の夜といえば、「月」と「虫の声」は欠かせないものですが、秋に虫の声を楽しむという風習は古くから楽しまれていました。
江戸時代には、外へゴザと酒を持って出かけては虫の音を聞く「虫きき」が、粋で風流な秋の遊びとされていたそうです。そんな「虫きき」の様子を描いたのが、本図「道潅山虫聞之図」。

歌川広重 道潅山虫聞之図
歌川広重「道潅山虫聞之図
通常価格  20,000円(税別)

限定特価 絵のみ 13,000円(税別)

歌川広重 道潅山虫聞之図 本図で描かれている谷中の道灌山は「虫きき」の名所として多くの人々で賑わっていた場所。
  歌川広重 道潅山虫聞之図
虫かごをもって「虫きき」へ出かける親子や、丘の上で月見酒に興じる男たちが描かれており、当時の人々が観月を楽しむ様子が広重の描写力によってありありと伝わってきます。

現在開催中、および9月開催のオススメ浮世絵展覧会をご紹介します!
各地で魅力的な浮世絵の展覧会が目白押しです。

 

◆ 9月のPick up!オススメ展覧会

 

江戸時代に活躍した浮世絵師・歌川豊国の生誕250年を記念する展覧会が、東京・原宿の太田記念美術館にて開催されます。

 

数々の名絵師を輩出した一大派閥である「歌川派」の始祖、歌川豊春のもとで幼少期から絵を学んだ豊国は、役者の魅力を理想的な美しさで表現し、江戸の庶民から大きな支持を得ました。現代では注目を浴びることの少ない絵師ですが、実はあの写楽と同時期に活躍し、絶大な人気を誇っていたのです。本展覧会では、豊国の役者絵や美人画、そして版本挿絵など幅広い作品が楽しめます。数々の魅力の名作をご覧いただけますので、ぜひ足をお運びください!



 
太田記念美術館 (東京 原宿)
生誕250年記念 歌川豊国―写楽を超えた男
9月3日(火)~ 9月29日(日)



◆ アダチ版復刻浮世絵の取り扱いがある美術館・博物館

下記でご紹介する美術館・博物館では、常時アダチ版復刻浮世絵をお求めいただけます。(お求めいただけない商品もございますので、ご了承ください。)

静岡市東海道広重美術館 (静岡 由比)
今昔東海道ステヰシヨン
8月20日(火)~ 11月24日(日)
中山道広重美術館 (岐阜 恵那)
特別展観「木曽海道六拾九次之内」
8月22日(木)~9月23日(月)
すみだ北斎美術館 (東京 両国)
北斎没後170年記念 茂木本家美術館の北斎名品展
9月10日(火)~11月4日(月)
 
広重美術館 (山形 天童)
うきよえQ
8月30日(金)~10月28日(月)
信州小布施 北斎館 (長野 小布施)
【特別展】北斎没後170周年記念すみだ北斎美術館名品展
9月14日(土)~11月10日(日)
 
MOA美術館 (静岡 熱海)
奇想の又兵衛 山中常盤物語絵巻
8月31日(土)~9月24日(火)
東京国立博物館 (東京 上野)
松方コレクションの浮世絵版画
6月4日(火)~9月23日(月)

◆ その他、オススメの浮世絵展覧会


アダチ版浮世絵販売あり!

大阪市立美術館 (大阪 天王寺)
メアリー・エインズワース浮世絵コレクション -初期浮世絵から北斎・広重まで
8月10日(土)~9月29日(日)



国立劇場伝統芸能情報館
(東京 千代田区)
企画展示「かぶき入門」
6月1日(土)~9月23日(月)



城西国際大学水田美術館 (千葉 東金)
浮世絵でよむ南総里見八犬伝
9月17日(火)~10月12日(土)
 
佐野美術館 (静岡 三島)
光ミュージアム所蔵
美を競う 肉筆浮世絵の世界
9月7日(土)~10月27日(日)
大分県立美術館 (大分 寿町)
江戸浮世絵の黄金時代
The Ukiyo-e 歌川派
―豊春から国芳、広重まで
9月20日(金)~10月27日(日)
 
細見美術館 (京都 左京区)
レスコヴィッチコレクション
広重・北斎とめぐるNIPPON
8月27日(火)~10月20日(日)
待乳山本龍院 (東京 浅草)
待乳山聖天「浮世絵展」
~待乳山・隅田川・山谷堀~
9月14日(土)~10月6日(日)
歌川国芳 金魚づくし

■かわいい金魚づくしを涼やかに飾る!

子どもから大人まで楽しめる歌川国芳「金魚づくし」シリーズの新しい飾り方としてご紹介しているアクリル額は、どんなお部屋にも似合うとご好評をいただいております。
一つの額で、壁に掛けたり、サイドボードに自立式のスタンドで立てたりと2通りの楽しみ方が可能なのも、うれしいポイント。

壁に穴を開けられない方や掛ける場所がない方でも、すっきりと飾っていただけますので、ご自宅用はもちろん、贈り物にもたいへんおすすめです。また、軽くコンパクトなサイズなことからも海外ギフトとしてもご利用いただいてます。
歌川国芳 金魚づくし


■ギフトに最適!安心の丁寧な梱包


アダチ版画では、商品をしっかりと梱包いたしております。
商品は収納にも便利なアクリル額専用箱に入れてお届けいたします。 箱の中には緩衝材をお入れしております。


また、お品物には作品解説とリーフレットを同封しています。誰が描いたどんな作品なのか、どんな風に作られたものなのか、その背景まで知ることができ、より深く作品を楽しんで頂けます。

〇 作品を深く理解できる、和英併記の解説
「金魚づくし」に限らず、アダチの復刻版浮世絵は作品ごとに和文・英文を併記した作品解説を同封しています。文化の異なる海外の方でも作品の内容・背景についてご理解いただけると大変ご好評を頂いています。

〇 アダチ版復刻浮世絵の紹介リーフレット
アダチ版復刻浮世絵についてご紹介したリーフレットをあわせて同封。 作品と共にご覧いただくことで、世界でも類を見ない日本の浮世絵の高度な伝統木版技術で作られた木版画の魅力を楽しんで頂けます。

■アダチ特製 オリジナル包装紙でラッピング!


アダチ版画はこだわりのオリジナル包装紙で、心を込めてお品物をラッピングいたします。
気持ちがきちんと伝わる綺麗なラッピングなので、ギフトにも最適です。
〇ギフトに最適なコンパクトサイズ!
金魚づくしシリーズは、一般的な浮世絵の半分の大きさ。はがきやA4サイズの紙と並べてみてもこのとおり!
コンパクトで持ち運びやすく、遠方の方へギフトとしてお持ちになる際にぴったりとのお声もいただいております!


<梱包外寸>:約 縦 35.0×横 27.0×高さ 3.5cm/重さ:約720g

アダチ版画はみなさまに作品を楽しんでいただけるよう万全の状態でお届けいたします。このほかにもさまざまなサービスをご用意しておりますので、是非ご活用ください!

◎海外配送・海外向け梱包
◎空港へのお届け
◎見本画像の貼付
◎手提げ袋
◎奥付   など
詳細はこちら >>


かわいらしい金魚づくしシリーズのアクリル額は、コンパクトで飾りやすく、どんな方にもおすすめです。まだまだ暑いこの季節に涼を取り入れる逸品として、ご自宅に、贈り物に、ぜひいかがでしょうか。
歌川国芳「金魚づくし」はこちら >>

広重と北斎


アダチ版画では引き続き、藍を用いて鮮やかに描き出された夏の情景の名作たちをご紹介しています。
前回のコラムでは、涼しげな青の浮世絵を大きく発展させた要因としてベロ藍をご紹介しました。今回は、そのベロ藍について詳しくご紹介いたします!

■「ベロ藍」は偶然見つかった!?


前回、『北斎「藍の傑作」に迫る』でご紹介した、浮世絵の美しい青を作り出す「プルシアンブルー」は西洋から輸入された化学的な合成顔料。18世紀初頭に発見されたこの絵具は、日本には延享4(1747)年に輸入されました。現在のベルリンで作られたことから、日本では「ベルリン藍」、省略されて「ベロ藍」と呼ばれるようになりました。

1704年、ベルリンの染料業者がいつものように赤色絵具を作ろうとしていた際、手元にアルカリがなかったので他の研究者のアルカリを借りたところ、偶然青色の沈殿物(プルシアンブルー)が生まれたそうです。

そう、実は、美しい青の表現を可能にした「ベロ藍」はたまたま発見された絵具だったのです。この青色絵具の誕生の原因が、借りたアルカリが動物の血液由来のものだったためと解明され、製法が確立すると「プルシアンブルー」は世界的に用いられるようになっていきました。




■「ベロ藍」ができるまで

今年の6月に「静岡科学館る・く・る」さんへ実演会でお邪魔した際に、「ベロ藍」を作るという実験を行ってくださいました。ベロ藍が合成される様子が大変興味深かったので、その様子をお伝えいたします!

淡い緑色の硫酸第一鉄(左)と、赤色のヘキサシアノ鉄(Ⅲ)酸カリウム(右)を、水によく溶かした溶液がこちら。
この二つを混ぜ合わせると …

黄色と赤褐色だった二つの液体が混ざり合った途端、不思議なことに青色の沈殿ができました!
混ぜ合わせた液体とはまったく違う色の液体ができた瞬間はとても驚きました。発見した染料職人もきっとこんな気持ちだったのでしょう。


出来上がった混合液をビーカーに出してみると、沈殿していた青色の絵具は少しドロッとしていました。

紙に着色してみると、見事な藍色が現れました。多くの浮世絵を鮮やかに彩ったベロ藍は、このように作られていたんですね!


■「ベロ藍」が彩る浮世絵

こちらは爽やかな青色が目に涼しい、葛飾北斎 冨嶽三十六景の一図「武州玉川」。

葛飾北斎 富嶽三十六景 武州玉川

葛飾北斎「武州玉川


葛飾北斎 富嶽三十六景 武州玉川

広がりを感じさせる吹き下げぼかしの美しい空も、

その冷たさが伝わってくるような澄んだ水の色も、

葛飾北斎 富嶽三十六景 武州玉川

偶然に発見された青色絵具「ベロ藍」から生み出されたことを考えると、さらに魅力的に見えてきますね。

「広重と北斎“藍色対決”! 藍色遣いで魅せる夏の浮世絵」はこちら >>

無題ドキュメント

現在開催中、および8月開催のオススメ浮世絵展覧会をご紹介します!
各地で魅力的な浮世絵の展覧会が目白押しです。

 

◆ 8月のPick up!オススメ展覧会

 

東京・上野の東京国立博物館にて、「松方コレクションの浮世絵版画」展が開催中です。

 

本展は国立西洋美術館で開催中の「松方コレクション展」との連携企画。
現在の川崎重工業の前進となる川崎造船所の社長も努めた松方幸次郎氏は、実業家としてだけでなく、数多くの美術品を収集した美術コレクターとしても知られています。彼が海外から買い戻した8000点以上の浮世絵の優品は、1943年以降、浮世絵の歴史を辿ることのできる貴重な資料として東京国立博物館に収蔵されています。
アダチ版画の創業者・安達豊久も、戦後にはこの松方コレクションの浮世絵の優品に触れ、復刻版制作の参考としました。
本展覧会では、そんな松方コレクションの名品たちによって、墨一色の版画から色彩を増し錦絵へと展開していく流れがご覧いただけます。



 
東京国立博物館 (東京 上野)
松方コレクションの浮世絵版画
6月4日(火)~9月23日(月)



◆ アダチ版復刻浮世絵の取り扱いがある美術館・博物館

下記でご紹介する美術館・博物館では、常時アダチ版復刻浮世絵をお求めいただけます。(お求めいただけない商品もございますので、ご了承ください。)

太田記念美術館 (東京 原宿)
異世界への誘い 
―妖怪・霊界・異国
8月2日(金)~ 8月28日(水)
MOA美術館 (静岡 熱海)
特別展 井上涼展 
夏休み!BYOBUびじゅチュ館
7月20日(土)~8月27日(火)
中山道広重美術館 (岐阜 恵那)
企画展「水と共に生きる」
7月19日(金)~8月18日(日)
 
広重美術館 (山形 天童)
あやかし
~浮世絵にみる奇奇怪怪~
8月2日(金)~8月26日(月)
信州小布施 北斎館 (長野 小布施)
北斎から学ぶ!植物・動物の描き方
6月22日(土)~9月8日(日)
静岡市東海道広重美術館 (静岡 由比)
浮世絵に見る意匠(デザイン)の世界
6月11日(火)~ 8月18日(日)

◆ その他、オススメの浮世絵展覧会


アダチ版浮世絵販売あり!

大阪市立美術館 (大阪 天王寺)
メアリー・エインズワース
浮世絵コレクション 
-初期浮世絵から北斎・広重まで
8月10日(土)~9月29日(日)



國學院大學 (東京 渋谷)
企画展「浮世絵ガールズ・コレクション
―江戸の美少女・明治のおきゃん―」
6月29日(土)~8月25日(日)



和泉市久保惣記念美術館 (大阪 和泉)
ジャパニーズ プリント
−久保惣コレクションでたどる
版の歴史−
6月23日(日)~8月18日(日)
 
国立劇場伝統芸能情報館
(東京 永田町)

企画展示「かぶき入門」
6月1日(土)~9月23日(月)
Musée Guimet
ギメ東洋美術館
(フランス パリ)
Exposition - Sur la route du Tokaido
7月10日(水)~10月7日(月)
Philadelphia Museum of Art
フィラデルフィア美術館
(アメリカ フィラデルフィア)
Yoshitoshi: Spirit and Spectacle
4月16日(火)~8月18日(日)
 
国立歴史民俗博物館
(千葉 佐倉)

特集展示 もののけの夏
-江戸文化の中の幽霊・妖怪-
7月30日(火)~9月8日(日)
広重と北斎


アダチ版画では引き続き、藍を用いて鮮やかに描き出された夏の情景の名作たちをご紹介しています。
今回は、これまでにない表現を可能にした「新しい藍色の登場」をテーマに、北斎の名作を見てまいります!

■江戸のクールな流行「藍摺絵」


浮世絵風景画の代表作といわれる葛飾北斎『富嶽三十六景』には、藍色の濃淡だけで表現された「藍摺絵」と呼ばれる作品が存在します。クールでモダンな印象の藍摺絵は現代でも人気がありますが、藍を基調にして風景を表すという発想はいったいどこからやってきたのでしょう。

葛飾北斎 富嶽三十六景 武州玉川

葛飾北斎「武州玉川

天保2(1831)年に刊行された、柳亭種彦作「正本製」巻末の『富嶽三十六景』の広告記事を見てみると、「冨嶽三十六景 前北斎為一翁画 藍摺一枚、一枚に一景づつ追々出板、此絵は富士の形ちのその所によりて異なる事を示す」とあります。なんと、『富嶽三十六景』は当初、「藍摺絵」のシリーズとして出版されていたようです。
当時、富士講の流行をとらえ「富嶽三十六景」を企画した版元・西村永寿堂が、この「藍摺絵」を取り入れたのには、色でも人々を楽しませようとする意図があったのでしょう。

藍摺絵に使われていたのは、昔から使われていた「本藍」という渋めの藍と、当時西洋から輸入された「プルシアンブルー」の二種類の藍でした。プルシアンブルーは、化学的な合成顔料で、現在のベルリンで作られたことから、日本では「ベルリン藍」、省略されて「ベロ藍」と呼ばれました。

それまでの歌麿などの作品につかわれていた植物系の「つゆ草」や、渋い青色の「本藍」にはない鮮やかな青色の表現を可能にした「ベロ藍」。
当時の人々は、この新しい、透明感ある美しい青色「ベロ藍」の登場に熱狂し、この鮮明な青で摺られた浮世絵をこぞって求めたのです。


■藍摺絵の傑作!「甲州石班沢」

葛飾北斎 富嶽三十六景 甲州石班沢

葛飾北斎「甲州石班沢

ベロ藍の人気を踏まえて出版された藍摺絵は富嶽三十六景の中に10点ほどありますが、一番の名作というと「甲州石班沢」ではないでしょうか。随所に北斎の優れた感覚が伺えます。
本図は、富士山に面する鰍沢の南側にあった兎之瀬と呼ばれる渓谷付近をイメージして描いたものだと言われています。

葛飾北斎 富嶽三十六景 甲州石班沢

うっすらともやのかかるところから頭を出す富士山。アウトラインに用いられた趣のある本藍と、向こう側が透けて見えるような繊細な青を表現するベロ藍の使い分けが見て取れます。

何度かに分けてぼかしを入れた空が、画面全体に幻想的な雰囲気を与えています。

葛飾北斎 富嶽三十六景 甲州石班沢
《広がりのある空》

青のみで自然の美しさや厳しさを表現しようとする北斎の意図を汲み取り、一流の職人が2種類の藍を使い分けて摺り上げるこの作品は、名作ぞろいの富嶽三十六景の中でも根強い人気を誇る傑作です。



今回は江戸の流行「藍摺絵」から北斎の名作をご紹介してまいりましたが、いかがでしたでしょうか。
現在アダチ版画のオンラインストアでは、「広重と北斎"藍色対決"! 藍色遣いで魅せる夏の浮世絵」と題し、藍を用いて鮮やかに描き出された夏の浮世絵をご紹介しております。
「広重と北斎“藍色対決”! 藍色遣いで魅せる夏の浮世絵」はこちら >>

広重と北斎


現在、アダチ版画では、二大浮世絵師 “広重と北斎の藍色対決”と題して、藍を用いて鮮やかに描き出された夏の情景の名作をご紹介しております。
今回は、「夏の富士山」をテーマに、広重と北斎の浮世絵を見てまいります!

■躍動感あふれる北斎の富士「山下白雨」


北斎の富士といえば、「赤不二」こと「凱風快晴」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
今回ご紹介する「山下白雨」は、「赤不二」と同じく葛飾北斎の代表作『富嶽三十六景』の一図。「赤不二」に対して「黒不二」とも呼ばれる、夏晴れの富士山頂と麓の夕立を一図の中に描き表した作品です。

葛飾北斎 富嶽三十六景 山下白雨

『黒不二』
葛飾北斎「山下白雨
葛飾北斎 富嶽三十六景 凱風快晴

『赤不二』
葛飾北斎「凱風快晴

この二図を並べてみると、構図が似通っていることがわかります。

鱗雲が浮かぶ快晴の空に、山肌を赤く染めた富士をシンプルな配色で描いた「赤不二」は、どっしりと雄大で「静的な富士山」。
一方「黒不二」では、高くそびえたつ富士山の、躍動感が描き表されています。「赤不二」とは対照的な「動的な富士山」という印象を与える作品です。

よく似た構図にもかかわらず、「黒不二」が「赤不二」とは好対照な印象を与えるのはなぜでしょうか。
その秘密は「藍」も用いられている空の表現にありました。


■富士山の高さを可視化!?空の表現に注目!

「山下白雨」には、その名の通り富士山の麓のにわか雨が描かれています。
黒い雲に覆われ、稲妻の走るその下は、きっと真っ暗で激しい雨が降っていることでしょう。
重く立ち込める暗い雨雲は、私たちの生活する地上に近い、比較的低い位置に広がる雲。本図では、富士山の足元に描かれていますね。

葛飾北斎 富嶽三十六景 山下白雨
《黒雲と稲妻》

葛飾北斎 富嶽三十六景 山下白雨
《文様のような積乱雲》

少し上方、富士中腹の山際には、いかにも夏らしい積乱雲が立ち込めています。デザイン的に描かれた入道雲は藍色に和紙の地で摺られ、鮮やかな色合いの夏の空にもくもくと雲が広がる様子が目に浮かぶようです。
積乱雲は、その高さが10kmに及ぶこともある背の高い雲。その頭が山の中腹からひょっこりと顔を出して描かれており、富士山の高さを感じさせます。

さらに上方、急勾配で描かれた富士の山頂近くは快晴。
その空には藍色の吹き下げぼかしが加えられ、画面外への空の広がりも表現されています。

葛飾北斎 富嶽三十六景 山下白雨
《広がりのある空》

快晴の頂上と大雨の麓という天候の差を描くことで、富士山の高さを表現した「山下白雨」。
本図において、北斎は日本人の心象風景でもある夏の空の様子を巧みに描き表し、雲という舞台装置によって鑑賞者に富士山の高さを直感的に伝えることに成功しています。

■見事な対比で描かれた英姿 広重の富士「伊豆の山中」


歌川広重 富士三十六景 伊豆の山中

広重「伊豆の山中
通常価格  20,000円(税別)

限定特価 絵のみ 13,000円(税別)


一方こちらは、広重が北斎の「富嶽三十六景」に対抗して最晩年に描いたとされる「富士三十六景」の一図、「伊豆の山中」。
はっきりとした場所はわかりませんが、箱根峠から三島に至る道すがらだろうといわれています。

少し遠景から、堂々たる富士山を眺めたこの図に描かれているのは、夕暮れに差し掛かろうとする一瞬でしょうか。帰路を急ぐかのように前かがみで歩く人たちの姿も見えます。ひときわ小さく描かれた彼らは、この絵の中では自然の雄大さを引き立てる役割を果たしています。 歌川広重 富士三十六景 伊豆の山中
《小さな人影》

歌川広重 富士三十六景 伊豆の山中
《滝となって落ちる水》

こちらの「伊豆の山中」で最も特徴的なのは、その見事な色遣い。 夏の山の青々とした木々にはまぶしい緑が、滝となって勢いよく流れ落ちる豊かな水の表現には藍のぼかしが用いられています。

山並みの間から見える富士山は和紙の地を活かした白で大きく描かれ、周囲の鮮やかな深緑とのコントラストが富士山の存在感を際立たせます。

歌川広重 富士三十六景 伊豆の山中
《白と緑の美しいコントラスト》

歌川広重 富士三十六景 伊豆の山中
《奥行きの感じられる空》

少し雲がかかった空には、横長に浮かぶ雲を境に藍と赤のぼかしがかけられ、空の高さや奥行きが良く表わされています。


生命力あふれる夏の山と対比させて、静かにたたずむ富士山の英姿を描いた工夫溢れる一枚です。


今回は同じ「夏の富士山」を題材に取っているものの、まったく違った魅力を持つ2図をご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。
現在アダチ版画のオンラインストアでは、「広重と北斎"藍色対決"! 藍色遣いで魅せる夏の浮世絵」と題し、藍を用いて鮮やかに描き出された夏の浮世絵をご紹介しております。
「広重と北斎“藍色対決”! 藍色遣いで魅せる夏の浮世絵」はこちら >>


現在開催中、および7月開催のオススメ浮世絵展覧会をご紹介します!
各地で魅力的な浮世絵の展覧会が目白押しです。

 

◆ 7月のPick up!オススメ展覧会

 

東京・原宿の太田記念美術館にて「青のある暮らし ―着物・器・雑貨」展が開催されます。

 

空や海の美しさをイメージさせる「青」という色彩は、江戸時代の人々を魅了し、その暮らしを涼やかに彩りました。北斎や広重の浮世絵風景画の誕生の背景には、実はベルリンブルー(プルシアンブルー、ベロとも)という新しい青色絵具の登場という出来事がありました。本展覧会では、そんな北斎や広重の美しい風景画の登場以前と以後の風景画を展示し、浮世絵史で起こった青をめぐる表現の変化をご覧いただけます。ぜひ足を運んでみてください!



 
太田記念美術館 (東京 原宿)
青のある暮らし ―着物・器・雑貨
7月2日(火)~7月28日(日)



◆ アダチ版復刻浮世絵の取り扱いがある美術館・博物館

下記でご紹介する美術館・博物館では、常時アダチ版復刻浮世絵をお求めいただけます。(お求めいただけない商品もございますので、ご了承ください。)

東京国立博物館 (東京 上野)
松方コレクションの浮世絵版画
6月4日(火)~9月23日(月)
静岡市東海道広重美術館 (静岡 由比)
浮世絵に見る意匠(デザイン)の世界
6月11日(火)~ 8月18日(日)
中山道広重美術館 (岐阜 恵那)
企画展「うるわしき女(ひと)たち
-広重描く江戸美人-」
6月13日(木)~7月15日(月)
 
信州小布施 北斎館 (長野 小布施)
北斎から学ぶ!植物・動物の描き方
6月22日(土)~9月8日(日)
広重美術館 (山形 天童)
東海道を味わう
6月28日(金)~7月29日(月)
MOA美術館 (静岡 熱海)
特別展 井上涼展
夏休み!BYOBUびじゅチュ館
7月20日(土)~8月27日(火)

◆ その他、オススメの浮世絵展覧会


アダチ版画の実演あり!

城西国際大学水田美術館 (千葉 東金)
水田コレクション
浮世絵版画の技巧
7月9日(火)~7月27日(土)



和泉市久保惣記念美術館 (大阪 和泉)
ジャパニーズ プリント
−久保惣コレクションでたどる版の歴史−
6月23日(日)〜8月18日(日)



國學院大學博物館 (東京 渋谷)
浮世絵ガールズ・コレクション
―江戸の美少女・明治のおきゃん―
6月29日(土)~8月25日(日)
 

仙北市立角館樺細工伝承館
(秋田 仙北)

浮世絵歌川派展

7月28日(日)~9月11日(火)

足立美術館
(島根 安来)
うるわしき女性美の世界

美人画
6月1日(土)~8月30日(金)
北海道立文学館 (北海道 札幌)
弥次さん喜多さんとたどる江戸の旅
歌川広重 ふたつの東海道五拾三次 
~保永堂版×丸清版~
6月8日(土)~8月18日(日)
 
藤澤市藤澤浮世絵館 (神奈川 藤澤)
広重たちの情景 初代・二代・三代 
-江戸から明治へ-
4月20日(土)~7月15日(月)
那珂川町馬頭広重美術館 (栃木 那須)
企画展 浮世絵動物探検隊!
6月22日(土)~7月28日(日)
岩手県立美術館 (岩手 盛岡)
広重 ― 雨、雪、夜 
風景版画の魅力をひもとく
6月8日(土)~7月15日(月)
アダチ復刻事業の礎 謎の絵師・東洲斎写楽の全貌に触れる


現在開催中の企画展「アダチ復刻事業の礎 謎の絵師・東洲斎写楽の全貌に触れる」では、写楽の作品だけでなくアダチ版画の復刻事業についてご紹介いたしております。

今回、彫師歴50年を超える親方の新實がこれまで培った経験をもとに、写楽について語ってもらいました。
本コラムでは、彫師から見た写楽の魅力をご紹介いたします。

■企画展関連コラム「彫師からみた写楽の魅力とは?」

新實は、大学生の時、展覧会で目にした写楽の作品に感銘を受け、彫師を志しました。当時は彫師と摺師がいることすら知らなかったものの、「こういうものを彫ってみたい」という強い思いを抱き、1965(昭和40)年、彫師の名人と言われた大倉半兵衛氏の門を叩きました。大倉氏が亡くなるまでの8年間、「半兵衛最後の弟子」として彫師の修行をした後、1973(昭和48)年にアダチ版画研究所へ入りました。
これまで、浮世絵の復刻版はもとより、日本画の巨匠の作品をはじめとする現代の木版画作品などたくさんの作品を手がけました。現在、その力量は第一人者として広く認められています。



Q.彫師としての視点から、絵師としての写楽を見るとどうですか?

新實:実際に写楽を彫ってみると、一本たりとも余分な線がないことに改めて気づかされるね。一般的にもよく言われることだけれど、写楽の作品は、最小限の線や色数で最大限の効果を生むように描かれているから、当然、線は少ない。
写楽ならではの独特な表情や、手の躍動感を出すための線を彫るのは特に難しいね。
あと、彫師になってからは、「写楽は役者に嫌がられるほど個性を誇張しすぎている」という世間の認識とはちょっと違う感じ方をするようになったかな。

彫師・新實


浮世絵師について書いた『浮世絵類考』には、写楽について「あまりに真を描かんとて あらぬさまにかきなせしかば 長く世に行われず 一両年にして止ム」と記されています。
このように「写楽は役者を美化せずに、大げさなまでに個性を強調して描いている」というのが世間一般的な写楽の評価ですが、新實の言う、世間の認識とは違う感じ方はどの様なものなのでしょうか。


■新實の思い出の一枚から見る「写楽の役者絵」

新實:確かに女形ならば、リアルに描くことで嫌がられるということはあったかもしれないけれど、男に関しては、写楽は他の絵師よりも数段魅力的に描いていると思う。
例えば、市川高麗蔵なんかを見てみると、写楽の高麗蔵はずいぶんと愛嬌がある。

大学生の時に、たまたま展覧会で見た写楽の「二代目市川高麗蔵の志賀大七」にとっても感銘を受けて、彫師を志すことになった。
そういう意味で、今でも思い出深い作品だね。
そもそも「志賀大七」は悪役だから、普通この役の高麗蔵を描いた作品は、とても目つきの悪い、いかにも悪役らしい姿で描かれている。
それに対して写楽は、役者の本来の魅力を描き出しているように思う。その時演じている役柄にとどまらずに、役者自身の人間的な魅力までとらえているように感じるね。

新實の思い出の一枚
二代目市川高麗蔵の志賀大七

東洲斎写楽
「二代目市川高麗蔵の志賀大七」




勝川春英 二代目市川高麗蔵 志賀大七

勝川春英
「二代目市川高麗蔵 志賀大七」



ここで、写楽と同時期の絵師・勝川春英が描いた「二代目市川高麗蔵 志賀大七」の作品を見てみましょう。
2枚の役者絵を見るに、二代目市川高麗蔵は面長な顔に高いかぎ鼻、しゃくれた顎を持つ人物だったようです。
これらの特徴を、春英はやや控えめに、一方の写楽は、顔はより長く、鉤鼻は鋭く曲げて、顎もしっかりと前に出して描き、役者の特徴をより克明に表現しているように見えます。
役者を美化し、「志賀大七」として描いた側面の強い春英の作品に対し、写楽の作品はまるで高麗蔵の似顔絵のよう。目元に注目すると、すこし丸みを帯びた目の形がなんだか愛らしく見えてきませんか?新實の言う『役者自身の人間的な魅力』も、そのあたりにあるのかもしれませんね。


今回、彫師新實から話を聞くことで、リアリティをもって役者を内面まで描き出した写楽の姿が見えてきました。大げさなまでに個性的な大首絵も役者自身の魅力を表現したものと考えると、また違った面白みが出てきますね!


現在、アダチ版画 目白ショールームでは、企画展「アダチ復刻事業の礎 謎の絵師・東洲斎写楽の全貌に触れる」を開催しております。
今回ご紹介した「二代目市川高麗蔵の志賀大七」をはじめとする写楽の黒雲母の大首絵全28図を中心に写楽の傑作のほか、アダチ版画が昭和初頭の創業以来続けてきた復刻事業の歴史をご紹介する貴重な資料も展示中です。6月30日(日)までの開催となります。是非、お出かけください。



■開催概要

企画展「アダチ復刻事業の礎 謎の絵師・東洲斎写楽の全貌に触れる」
会 期
 2019年6月15日(土)~6月30日(日)
休 館
 月曜日
会 場
 アダチ版画研究所 目白ショールーム
 詳細はこちら >>



アダチ復刻事業の礎 謎の絵師・東洲斎写楽の全貌に触れる


現在開催中の企画展「アダチ復刻事業の礎 謎の絵師・東洲斎写楽の全貌に触れる」では、写楽の作品だけでなくアダチ版画の復刻事業の歴史もご紹介いたしております。今回コラムでその一部をご紹介いたします。

■企画展関連コラム「復刻版とは?そして、アダチ復刻への想いは?」

アダチ版画研究所では、昭和初期の創業以来、これまでに約1,200種類の浮世絵復刻版を制作してまいりました。その中でも、創業者の安達豊久が特に情熱をもって取り組んだのが「東洲斎写楽」の全図完全復刻です。
現在開催中の企画展に合わせ今回は、意外に知られていないそもそも「復刻版とは?」といった素朴な質問に答えるとともに、写楽の全復刻を成し遂げた創業者の復刻への想いもご紹介いたします。



 


Q.そもそも「復刻版」とは?

A.
江戸時代に出版された浮世絵(オリジナル)は、明治以降、海外において日本の美術工芸品の一つとして高い評価を得るようになります。
コレクターも出現し、海外での需要が高まると、ヨーロッパを中心に良質な浮世絵が大量に輸出されました。

しかし、オリジナルの浮世絵には数に限りがあります。そこで、オリジナルと同じ木版技術で制作出版されるようになったのが浮世絵の復刻版です。

多くの版元から復刻版が出版されましたが、その制作方針は、摺られた当時の色を色鮮やかに再現しようとするもの、今残っているオリジナルのように古めかしい色にしようとするものなど様々です。お客様の嗜好に左右され、時代によっても異なります。

現在のアダチ版復刻浮世絵は、和紙に水性の絵具で摺ることにより生まれる木版独特の発色、摺られた当時の色を楽しんでいただきたいとの想いで制作しています。






↑写楽研究の原点
クルト「SHARAKU」
初版本(1910)

↑オリジナルを参考にした
専門家による復刻の資料

Q.アダチ版画研究所の創業はいつ?

A.
創業者の安達豊久(1902-1983)は、中学を卒業してすぐ雑誌社に勤務し、復刻版の浮世絵を出版する仕事に就いた後、1928年頃に独立してアダチ版画研究所を興しました。

若い時から浮世絵に触れる中で、浮世絵の魅力を正しい形で世に知らしめたいという想いで、復刻事業を始めました。
良い作品をつくるために、当時一流の技術を持った彫師と摺師を集め、一つ屋根の下で仕事をする工房形式を確立しました。

アダチ版画研究所は今なおこのスタイルを続け、高品質の木版画の制作に努めています。


企画展では、当時資料が少ない中どのように復刻版をつくっていたかをご紹介する資料の展示もしております。是非、目白ショールームまでお出かけください。



↑創業者 安達豊久(左)


↑アダチ版画
昭和の工房(摺)風景


■開催概要

企画展「アダチ復刻事業の礎 謎の絵師・東洲斎写楽の全貌に触れる」
会 期
 2019年6月15日(土)~6月30日(日)
休 館
 6月24日(月)
会 場
 アダチ版画研究所 目白ショールーム
 詳細はこちら >>



■関連情報

関 連 番 組
NHK Eテレ日曜美術館「熱烈!傑作ダンギ 東洲斎写楽」
放 映 日 時
  6月23(日) 午後8時~(再放送)
これまでの写楽は誰か?という視点ではなく「写楽の表現」について、様々な分野の専門家が話をしながら写楽の魅力を見つけていく番組です。アダチ版画研究所が写楽作品全図の復刻をしていることから、今回第一期の黒雲母作品28点を会場に並べていただき、絵柄というだけでなくプロダクトとしての魅力もお伝えいただいております。是非皆さまご覧ください。



品質へのこだわり

品質へのこだわり

アダチの浮世絵は、手にして初めて分かる、熟練の技術と日本の伝統が詰まっています。

製作工程

制作工程

一切機械を使うことなく一枚一枚職人の手仕事により丁寧に作られている木版画です。

厳選素材・道具

厳選素材・道具

江戸当時の風情を感じられる当時の浮世絵の再現にこだわり、厳選した素材と道具を使用。

職人紹介

職人紹介

最高の作品を創り出すために、日々技術の研鑽を積む熟練の職人たち。

浮世絵の基礎知識

浮世絵の基礎知識

意外と知らない?浮世絵の世界。浮世絵の基礎知識をご紹介。