【「迎春セット」楽しみ方ガイド vol.3】
摺物-贅と趣向を凝らしたオーダーメイド品

2014.01.01

お正月限定「迎春セット」に今回初めて登場した「摺物3点セット」
いずれの作品も葛飾北斎が特注を受けて描いたもので、海老や亀、富士山などおめでたい絵柄が揃っています。
今回はそんな摺物の魅力を詳しくご紹介します。

◆ 摺物-贅と趣向を凝らしたオーダーメイド品

摺物とは?
摺物とは江戸時代当時、特注で作られた非売品の一枚絵のこと。多くは慶事の際に身内に配られたもので、金銀摺や雲母摺、空摺といった技巧を随所に凝らし、贅を尽くして作られました。

摺物の特徴
配り物をするのは教養のある富裕層で、自分でも句や書を嗜む者も多く、画題には縁起物や上品な静物、古典を元にしたものなど、雅趣のあるものが好まれました。
色合いも派手さを抑え、品よく調和の取れたものが多く見られます。

◆ 北斎が描く縁起物の逸品

天才絵師・葛飾北斎が手掛けた「摺物」は、市販では買えない上に非常に手を掛けて作られた贅沢品。
現存数も少ないので美術展で見る機会もなかなかない、知る人ぞ知る逸品です。
そんな「摺物」3点を、描かれた画題と共にご紹介します。

■ 姫小松に海老

海老と松を中心に縁起の良い題材をあしらった慶事にふさわしい作品。細部まで描き込まれた海老の姿など北斎の緻密な描写力に唸らされます。淡いぼかしで纏めた色合いが上品です。
◎ 縁起物-海老、松
腰の曲がった伊勢海老は長寿の象徴、常緑樹である姫子松も長寿や繁栄の象徴です。
さらに共に描かれている千両の実、勝栗、椎の実なども、冨や勝利を意味する縁起物で、おめでたい尽くしとなっています。

腰が曲がるまで長生きを願って 「姫小松に海老」


■ 游亀

水の中を遊ぶ亀の生き生きとした仕草、それを水面から覗きこんだような横切る波紋の表現に、北斎の鋭い観察眼が伺えます。
◎ 縁起物-亀
鶴は千年、亀は万年と言われるように、亀は長寿の象徴。その亀が三匹、親亀、子亀、孫亀と三代揃って子孫繁栄を表すおめでたい図柄。
亀の頭部にはさりげなく銀摺が施され、あくまで上品ながら贅沢に作られています。
「游亀」 「亀は万年」悠々と生きる


■ 桜花に富士図

日本を象徴する富士山と桜の二大モチーフを描いた作品。版木で紙に凹凸を付け立体的に見せる「空摺」を随所に用い、技巧を凝らして作られています。華やかでありながら優しい色合いは、春らしい趣を存分に感じさせます。
◎ 縁起物-富士
信仰の対象でもあり日本人にとって特別な山である富士山。初夢の「一富士二鷹三茄子」のように幸先の良い縁起物にもなっています。
堂々とした稜線の美しさは「冨嶽三十六景」で富士を極めた北斎にしか描けないものでしょう。

初夢に見れば良い一年に 「桜花に富士図」

趣味人が好んだ「摺物」には、こうした縁起物をはじめ様々な意味を持ったモチーフが描かれ、見る人への密かなメッセージが込められています。

◆ おもてなしにもオススメ!季節で飾れる縁起物

特注品として描かれた「摺物」は作品としても優れたものが多く、縁起の良さと共に、お店の方やお客様をおもてなしすることが多い方に特におすすめです。
春には「桜花に富士図」、夏には「游亀」、秋冬は「姫小松に海老」が季節にもあい、一年で掛け替えて頂くと、お客様の目にも楽しんでいただけます。
額縁が無料で付いてくるお得な「迎春セットD 摺物3点セット」は、特別価格105,000円(税込)。この機会にぜひお求め下さい。

その他の迎春セットの作品はこちら >>

品質へのこだわり

品質へのこだわり

アダチの浮世絵は、手にして初めて分かる、熟練の技術と日本の伝統が詰まっています。

製作工程

制作工程

一切機械を使うことなく一枚一枚職人の手仕事により丁寧に作られている木版画です。

厳選素材・道具

厳選素材・道具

江戸当時の風情を感じられる当時の浮世絵の再現にこだわり、厳選した素材と道具を使用。

職人紹介

職人紹介

最高の作品を創り出すために、日々技術の研鑽を積む熟練の職人たち。

浮世絵の基礎知識

浮世絵の基礎知識

意外と知らない?浮世絵の世界。浮世絵の基礎知識をご紹介。