【お部屋で楽しむお月見コラムvol.3】掛け軸で堪能する月の名作

2017.09.15

月17


月を描いた浮世絵は、秋を感じさせるものとして江戸の庶民たちに人気がありましたが、当時は額縁もなく、恐らく直接手に取って眺めたり、時には壁や柱などに直接貼って楽しんだりしていたのでしょう。
現代では、ほとんどのお客様が和室、洋室を問わず額縁に入れて楽しまれていますね。そして、中には床の間用に掛け軸に仕立てたいというお客様もいらっしゃいます。このように現代は、飾る場所に合わせて楽しみ方の幅が広がっています。
そこで、今回は床の間に浮世絵を飾ってお月見ができる、掛け軸での楽しみ方をご紹介します。

月見には欠かせない芒と秋の草花を添えた
「浮世絵のお月見」

 

抒情性豊かな広重の名作「月夜木賊に兎」を掛け軸に

今回は、お月見がテーマのため、広重の名作「月夜木賊に兎」を掛軸にしてみました。細長い短冊の作品で、あまり大きくない床の間の掛け軸として、しっくりと収まっています。

広重の短冊作品は、狭い紙面を最大限に活かし、あらゆる情緒が盛り込まれています。そういった表現力は、広重独特のものであって、他の絵師では真似のできない世界ではないでしょうか。一本の枝にも一つの花にも風情があり、そこに鳥獣を配してひとつの情趣が醸し出されていいます。

今回掛け軸に選んだ「月夜木賊に兎」は、そのさりげない描写から、さまざまな情緒を感じることができます。それはただの満月と木賊(とくさ)と二匹の兎だけが僅かな色彩によって効果的に作り出されています。静かな秋の夜長に月見をして過ごすのには最適の作品ではないでしょうか。



掛け軸のいろは


掛け軸

軸装には、色々と難しいルールがありますが、今回は "風帯(ふうたい)付三段表装"という様式をとりました。書画に向いた様式で純日本式の表装方法と言われています。

使用する裂(きれ)は、軸装の専門家に、作品に合わせてコーディネートしていただきました。作品がモノトーンのため、青味のあるグレーとベージュを基調とした落ち着いた感じの組合せとなっています。もちろん、選ぶ裂(きれ)の組合せで作品の雰囲気も変わっていきますので、額以上に飾る方の個性を出していただけるのが軸の一つの魅力かもしれませんね。

 

 
 

掛け軸ミニ知識:「風帯(ふうたい)」とは?
"風帯付三段表装"という様式をとった今回の掛け軸ですが、一般の方には馴染みのない言葉が並んでいますね。特に「風帯(ふうたい)」って何?と思われた方もいらっしゃるかと思います。

 
 

辞書には、
【風帯】掛け物の発装から垂らす2本の細長いきれ、又は紙
と説明され、右図がそれにあたります。

風帯(ふうたい)
 
「風帯(ふうたい)」

何のために?といった感じがしますが、もともと中国では、掛軸を屋外で鑑賞することがあり、鳥が飛んできて邪魔をしたり掛物を汚したりといったことがあったそうです。そこで、鳥は垂れ下がった細長いものを怖れるということから、追い払うために風帯をつけたとも言われています。なかなか、面白いエピソードですね。

 

 

今回、秋のお月見に浮世絵を飾って楽しんでいただくために掛け軸をご紹介しましたが、額縁に比べて、コンパクトで持ち運びが便利なこともあり何度か海外ギフト用でご用意したこともあります。海外ギフトをお探しの際、時間に余裕のあるときには、是非選択肢の一つにしてみてはいかがでしょうか?現代的な掛け軸の楽しみ方の提案にもなりそうですね。

保管は桐箱に。持運びにも最適!

 

ご購入をご検討の方は、特設商品ページ「浮世絵掛け軸」にて詳細をご確認ください。

品質へのこだわり

品質へのこだわり

アダチの浮世絵は、手にして初めて分かる、熟練の技術と日本の伝統が詰まっています。

製作工程

制作工程

一切機械を使うことなく一枚一枚職人の手仕事により丁寧に作られている木版画です。

厳選素材・道具

厳選素材・道具

江戸当時の風情を感じられる当時の浮世絵の再現にこだわり、厳選した素材と道具を使用。

職人紹介

職人紹介

最高の作品を創り出すために、日々技術の研鑽を積む熟練の職人たち。

浮世絵の基礎知識

浮世絵の基礎知識

意外と知らない?浮世絵の世界。浮世絵の基礎知識をご紹介。