没後160年記念 広重 月の名作選

浮世絵のアダチ版画では、今年没後160年を迎えた広重に注目が集まる中、秋にピッタリの「広重月の名作撰」を企画いたしました。ご好評につき9月30日まで期間延長になった本企画を通して広重の魅力に迫ってまいります!

風景画だけではない!広重の魅力が満載の花鳥画はなぜ生まれた??

浮世絵というと、一般的には美人画、役者絵そして風景画を連想する方が多く、花鳥画をイメージする人はすくないかもしれません。しかし、風景画の絵師として人気の広重も、大変多くの花鳥画を残し「月に雁」は代表的な作品となっています。


江戸庶民の嗜好を常に表現してきた浮世絵の世界において、遊郭のあった吉原の繁栄から美人画が生まれ、歌舞伎人気が役者絵を生みました。そして、東海道など街道の整備と庶民の経済力の向上により旅をする余裕ができると風景画が出版されるようになりました。

月に雁 三日月に松上の木菟 月夜木賊に兎

では、花鳥画は、なぜ一つのジャンルを確立するほど出版されていたのでしょうか。色々な要因があるとおもいますが、今回は広重の花鳥画の中でも特に季節感あふれる情景を描いた、心和む月を描いた中短冊サイズ名作3点を紹介しながらその謎を考えてまいりましょう。

左から月に雁三日月に松上の木菟月夜木賊に兎

 

俳句や和歌と共に味わう広重の詩的な世界

広重が花鳥画の中でも多く作品を残したといわれているのが中短冊サイズの作品です。「東海道五十三次」のように大錦サイズといわれる一般的な浮世絵のサイズのちょうど半分のサイズになります。

日本で鎌倉時代の頃から歌人の間で使われていた短冊という形式を花鳥画のジャンルに用いることにより、俳句や和歌に詠まれた世界を江戸の庶民の人々に絵を通して広重は伝えようとしていたと考えることもできそうですね。


月に雁

「こむな夜か 又も有うか 月に雁」

「三日月の船遊山(ふなゆさん)してみみづくの 耳に入(いれ)たき松風の琴」

三日月に松上の木菟
月夜木賊に兎

「夜はいとど 草のむしろに 露おきて 兎の妻も 寝つきかぬらん 河廼屋幸久」



北斎が造形的な美しさを描写し尽くすことに注力するのに対して、広重は、俳句や和歌といった文学的要素を加味しながら詩的世界を表現することを大切にしていたのでしょう。江戸の庶民はもちろんのこと、現代の私たちの心を動かす表現の豊かさは、風景画だけでなく花鳥画においても発揮されています。

花鳥画というジャンルは、江戸時代の園芸ブームがあったことが一因であるとも言われていますが、数多く残された広重の短冊の作品を見ていくと、江戸の人々に癒しを与えるもので、常に身近な生活を彩るためのものとして出版されていたと素直に捉えることも出来そうですね。

広重の中短冊の世界を満喫するのにオススメ! 短冊専用額



アダチ特製浮世絵専用額(短冊)

これまでご紹介してまいりました広重の短冊の世界を楽しんでいただくため、アダチ版画がオススメするのが「アダチ特製浮世絵専用額(短冊)」です。

通常ご紹介している大判額(外寸55.5×40.0cm)よりもひと回り小さい(外寸50.0×32.0cm)短冊専用額です。「月に雁」など短冊の花鳥画を一番美しくみせることができるように余白を調整いたしました。

是非、秋の夜長に、広重が描いた月の短冊の詩的世界を身近に味わってみてはいかがでしょうか?

 

■ 注文方法
オンラインストアでのご注文の際は、ショッピングカートに「アダチ特製浮世絵専用額(短冊)」とご希望の作品(額なし)をお選びください。ご希望の作品を額装した状態でお送りいたしますので、届いたらすぐに飾ってお楽しみいただけます!

注文画面


「没後160年記念 広重 月の名作撰」はこちら >>

現在開催中、および9月開催のオススメ浮世絵展覧会をご紹介します!
各地で魅力的な浮世絵の展覧会が目白押しです。

 

◆ 9月のPick up!オススメ展覧会

 

江戸時代に活躍した浮世絵師・歌川広重の没後160年を記念する展覧会が、東京・原宿の太田記念美術館にて開催されます。

 

「東海道五拾三次之内」や「名所江戸百景」といった代表作は、日本のみならず海外でも広く知られています。また海外から輸入されたベロ藍という絵具が用いられ、「広重ブルー」と称された美しい青の世界は、今なお人々の心に影響をあたえています。

展覧会では、その中から、代表作である風景画をはじめ、美人画や花鳥画、戯画など、さまざまなジャンルの浮世絵の作品も含め、200点以上選りすぐりの広重の名作をご覧いただけます。ぜひ足を運んでみてください!



 
太田記念美術館 (東京 原宿)
没後160年記念
歌川広重
9月1日(土)~10月28日(日)



◆ アダチ版復刻浮世絵の取り扱いがある美術館・博物館

下記でご紹介する美術館・博物館では、常時アダチ版復刻浮世絵をお求めいただけます。(お求めいただけない商品もございますので、ご了承ください。)

すみだ北斎美術館 (東京 両国)
北斎の橋 すみだの橋
9月11日(火)~11月4日(日)
静岡市東海道広重美術館 (静岡 由比)
広重没後160年記念
めいしょ広重
8月14日(火)~11月25日(日)
中山道広重美術館 (岐阜 恵那)
特別展観
「木曽海道六拾九次之内」
8月30日(木)~9月30日(日)
 
広重美術館 (山形 天童)
初代広重没後160年記念
広重が描く日本の風景
8月31日(金)~10月29日(月)
信州小布施 北斎館 (長野 小布施)
北斎VS北斎
冨嶽三十六景×富嶽百景
9月15日(土)~11月25日(日)
 
 
MOA美術館 (静岡 熱海)
歌麿とその時代
浮世絵黄金期の輝き
8月31日(金)~10月2日(火)
東京国立博物館 (東京 上野)
浮世絵と衣装-江戸(浮世絵)
8月28日(火)~9月24日(月・振)
 

◆ その他、オススメの浮世絵展覧会


アダチ版浮世絵販売あり!

相国寺承天閣美術館 (京都 今出川)
浮世絵最強列伝
~江戸の名品勢ぞろい~
7月3日(火)~9月30日(日)


練馬区立美術館 (東京 練馬)
芳年
--激動の時代を生きた鬼才浮世絵師
8月5日(日)~9月24日(月・振)


石川県七尾美術館 (石川 七尾)
世界が絶賛した浮世絵師
北斎展 ~師とその弟子たち~
8月4日(土)~9月17日(月・祝)
 
那珂川町馬頭広重美術館
(栃木 馬頭)
広重没後160年記念
大広重展
7月14日(土)~9月24日(月・振)
和泉市久保惣記念美術館
(大阪 和泉)
浮世絵の妖怪とモノノケ
8月11日(土・祝)~9月24日(月・振)
 
 
東洋文庫ミュージアム
(東京 駒込)
大♡地図展
9月15日(土)~1月14日(月・祝)
佐野美術館
(静岡 三島)
江戸にあそび、街道をゆく
-北斎・広重競べ-
9月8日(土)~10月14日(日)
 
品質へのこだわり

品質へのこだわり

アダチの浮世絵は、手にして初めて分かる、熟練の技術と日本の伝統が詰まっています。

製作工程

制作工程

一切機械を使うことなく一枚一枚職人の手仕事により丁寧に作られている木版画です。

厳選素材・道具

厳選素材・道具

江戸当時の風情を感じられる当時の浮世絵の再現にこだわり、厳選した素材と道具を使用。

職人紹介

職人紹介

最高の作品を創り出すために、日々技術の研鑽を積む熟練の職人たち。

浮世絵の基礎知識

浮世絵の基礎知識

意外と知らない?浮世絵の世界。浮世絵の基礎知識をご紹介。