諸国名橋奇覧

葛飾北斎(1760-1849)による「諸国名橋奇覧」は、「富嶽三十六景」や「諸国滝廻り」などのシリーズと同時期に、同じ版元・西村屋与八(永寿堂)から出版されています。各地の橋梁を主題としており、現時点では11図が確認されています。「奇覧」の名称からも連想されるように、ここでは北斎は、実際の風景を取材するのにとどまらず、彼自身の豊かな空想力を生かして鑑賞者の旅ごころを刺激する魅力的な情景を描きだしています。

例えば、飛騨と越中の境にかかるとされる橋を描いた「飛越の堺つりはし」は、現実には渡ることができないような不安定な形状で、2人の人物の重みで吊橋が大きくたわんでいます。まるで綱渡りを彷彿とさせるような演出は、型にはまらない北斎の遊び心が感じられます。名所絵と言うよりは、橋というテーマに沿って自由な発想を存分に発揮し、描かれた傑作と言えます。

並び替え:

表示件数:

山城あらし山吐月橋

葛飾北斎 諸国名橋奇覧

山城あらし山吐月橋

¥14,300~ (税込)

摂州天満橋

葛飾北斎 諸国名橋奇覧

摂州天満橋

¥14,300~ (税込)

ゑちぜんふくゐの橋

葛飾北斎 諸国名橋奇覧

ゑちぜんふくゐの橋

¥14,300~ (税込)

かめゐど天神たいこばし

葛飾北斎 諸国名橋奇覧

かめゐど天神たいこばし

¥14,300~ (税込)

三河の八ツ橋の古図

葛飾北斎 諸国名橋奇覧

三河の八ツ橋の古図

¥14,300~ (税込)

東海道岡崎矢はぎのはし

葛飾北斎 諸国名橋奇覧

東海道岡崎矢はぎのはし

¥14,300~ (税込)

かうつけ佐野ふなはしの古づ

葛飾北斎 諸国名橋奇覧

かうつけ佐野ふなはしの古づ

¥14,300~ (税込)

摂州阿治川口天保山

葛飾北斎 諸国名橋奇覧

摂州阿治川口天保山

¥14,300~ (税込)

すほうの国きんたいはし

葛飾北斎 諸国名橋奇覧

すほうの国きんたいはし

¥14,300~ (税込)

品質へのこだわり

品質へのこだわり

アダチの浮世絵は、手にして初めて分かる、熟練の技術と日本の伝統が詰まっています。

製作工程

制作工程

一切機械を使うことなく一枚一枚職人の手仕事により丁寧に作られている木版画です。

厳選素材・道具

厳選素材・道具

江戸当時の風情を感じられる当時の浮世絵の再現にこだわり、厳選した素材と道具を使用。

職人紹介

職人紹介

最高の作品を創り出すために、日々技術の研鑽を積む熟練の職人たち。

浮世絵の基礎知識

浮世絵の基礎知識

意外と知らない?浮世絵の世界。浮世絵の基礎知識をご紹介。