北国五色墨

喜多川歌麿(1753?-1806)による「北国五色墨」は、寛政5~7年(1793-1795)頃に版元・伊勢屋から出版された歌麿の全盛期の作品であり、その代表作の1つに数えられます。北国とは、江戸の北郊に位置した新吉原を指す言葉で、本作は新吉原で生きる5人の女性たちを、黄潰しの背景に大首絵で描き出した全5枚のシリーズです。『五色墨』にちなんで、各図によってシリーズ名が書きこまれた「墨」の色が変えられています。

最高ランクの花魁から、最下層の遊女まで、吉原で働く女たちの風俗を描き分けた異色のシリーズ。階層ごとの風俗の違いのみならず、その女性たちの醸し出す雰囲気や表情の違いまで描き出されており、歌麿の観察眼と描写力の高さが発揮されています。

並び替え:

表示件数:

切の娘

喜多川歌麿 北国五色墨

切の娘

¥22,000~ (税込)

川岸

喜多川歌麿 北国五色墨

川岸

¥22,000~ (税込)

てっぽう

喜多川歌麿 北国五色墨

てっぽう

¥22,000~ (税込)

おいらん

喜多川歌麿 北国五色墨

おいらん

¥22,000~ (税込)

「北国五色墨」全5図セット

喜多川歌麿 北国五色墨

「北国五色墨」全5図セット

¥68,750 (税込)

芸妓

喜多川歌麿 北国五色墨

芸妓

¥14,300~ (税込)

品質へのこだわり

品質へのこだわり

アダチの浮世絵は、手にして初めて分かる、熟練の技術と日本の伝統が詰まっています。

製作工程

制作工程

一切機械を使うことなく一枚一枚職人の手仕事により丁寧に作られている木版画です。

厳選素材・道具

厳選素材・道具

江戸当時の風情を感じられる当時の浮世絵の再現にこだわり、厳選した素材と道具を使用。

職人紹介

職人紹介

最高の作品を創り出すために、日々技術の研鑽を積む熟練の職人たち。

浮世絵の基礎知識

浮世絵の基礎知識

意外と知らない?浮世絵の世界。浮世絵の基礎知識をご紹介。