歌麿特集:空摺が使われている作品

空摺(からずり)とは、版木に絵具を付けずに摺り、和紙に凹凸を付ける摺の技法です。立体感や和紙独特の質感を強調できるこの技法は、多くの絵師によって、動物の毛や鳥の羽、植物や雪、そして着物の柄などの表現に幅広く使われてきました。歌麿も、その代表作である狂歌本「百千鳥」に描かれた鳥類の羽、そして数多くの美人画の着物の一部や半襟の柄などにこの技法を用いました。

また、通常は輪郭線のある人物の顔を空摺の技法を応用し、輪郭線無しで表現する無線摺(むせんずり)など、この技法を使った新たな表現に挑戦しました。美しい空摺が施された歌麿作品をお楽しみください。

並び替え:

表示件数:

未ノ刻

喜多川歌麿 娘日時計

未ノ刻

¥22,000~ (税込)

滝川

喜多川歌麿 当時全盛美人揃

滝川

¥22,000~ (税込)

越前屋内唐士

喜多川歌麿 当時全盛美人揃

越前屋内唐士

¥22,000~ (税込)

「百千鳥」全15図セット

喜多川 歌麿 百千鳥

「百千鳥」全15図セット

¥286,000 (税込)

午ノ刻

喜多川歌麿 娘日時計

午ノ刻

¥22,000~ (税込)

扇屋花扇

喜多川歌麿 高名美人六家撰

扇屋花扇

¥14,300~ (税込)

富本豊雛

喜多川歌麿 高名美人六家撰

富本豊雛

¥14,300~ (税込)

品質へのこだわり

品質へのこだわり

アダチの浮世絵は、手にして初めて分かる、熟練の技術と日本の伝統が詰まっています。

製作工程

制作工程

一切機械を使うことなく一枚一枚職人の手仕事により丁寧に作られている木版画です。

厳選素材・道具

厳選素材・道具

江戸当時の風情を感じられる当時の浮世絵の再現にこだわり、厳選した素材と道具を使用。

職人紹介

職人紹介

最高の作品を創り出すために、日々技術の研鑽を積む熟練の職人たち。

浮世絵の基礎知識

浮世絵の基礎知識

意外と知らない?浮世絵の世界。浮世絵の基礎知識をご紹介。