浮世絵に見る雨の表現

雨の風景画と季節の花鳥画

今季おすすめの一枚

八島岳亭「大阪天保山夕立の景」
絵のみ 14,300円(税込)

文化文政期(1804-1830)の中頃から天保期(1831-1845)にかけて主に活躍した八島岳亭(岳亭五岳)は、葵岡北渓や葛飾北斎にも学んだと言われる絵師で、狂歌のための豪華な摺物を多く手がけたことで知られています。
北斎の「冨嶽三十六景」が完結したのち数多くの風景画が出版される中、京阪に居を構えていた岳亭は、現在も大阪の人々に親しまれている人工的に造られた天保山とその周辺を描いたシリーズ「浪速名所天保山勝景一覧」を手がけ、その画名をあげました。この「浪速名所天保山勝景一覧」全6図のうちの1図である本作は、突風を伴う夕立による大波に翻弄される大きな帆船の様子を描いています。大船の構造や、風を孕みたわんだ帆の形、ロープをひく人々の様子まで正確に描くことで、夕立の激しさと緊迫感を伝えています。大波が崩れ落ちる部分に施されたぼかし、洋画風の暗雲、斜に激しく打ち付ける細かな雨筋などには、北斎や広重とは違う岳亭独自の世界観が表現されています。>> 作品詳細

八島岳亭「大阪天保山夕立の景」
絵のみ 14,300円(税込)
  • 大きな波がうねり、揺れる大船の帆を必死で引っ張る人の姿が描かれています。

    大きな波がうねり、揺れる大船の帆を必死で引っ張る人の姿が描かれています。

  • 大阪の天保山を題材にを描いた「浪華名所 天保山勝景一覧」の内の1枚。

    大阪の天保山を題材にを描いた「浪華名所 天保山勝景一覧」の内の1枚。

  • 雨が降る海の向こうに見えるのは夕日で赤く染まる空は、絵に奥行きを与えてくれます。

    雨が降る海の向こうに見える夕日で赤く染まる空は、絵に奥行きを与えてくれます。

  • 大波が崩れ落ちるところにボカシを摺り込み、北斎や広重でない岳亭独自の世界です。

    大波が崩れ落ちるところにボカシを摺り込み、北斎や広重でない岳亭独自の世界です。

スタッフのお気に入り

歌川広重「中津川」
期間限定特別価格 絵のみ
22,000円 → 14,300円(税込)

「木曾海道六拾九次」は、渓斉英泉のあとを広重が継いで完成されたシリーズ。こちらは広重が描いた、木曾海道で最も栄えた宿駅「中津川」です。後に全く異なる構図の版が作られており、区別のため本図は「雨の中津川」と呼ばれています。中央の木を境に、右側は賑わいを見せ、左側は静かな情景が描かれており、中津川の繁栄ぶりがうかがえます。雨の降る中でも旅人たちが行きかい活気あふれる中津川の宿駅を、情緒たっぷりに描き出した「雨の中津川」は、世界にも数点しか現存しておらず希少な作品ですが、その洗練された表現と見事な構成に見て取れるように、シリーズ屈指の傑作です。>> 作品詳細

杉本

杉本

歌川広重「大はしあたけの夕立」
絵のみ 14,300円(税込)

広重晩年の人気シリーズ「名所江戸百景」の中でも特に傑作と言われる本図は、隅田川にかかる大はしと橋の上の人々が突然の驟雨に翻弄される様子を見事に描き出しています。画面上部のもくもくとした濃い雨雲はあてなしぼかしで、雨に煙る対岸は影だけで表現するなど、大胆な構図に加えて、随所に様々な工夫が凝らされています。また本図の一番の見どころである雨は、幅の異なる細い線を角度を変えて組み合わせることで、雨脚だけでなく風をも表現しています。オランダの画家、ゴッホが自身の油絵にこの作品を模写したことは良く知られていますが(油絵はゴッホ美術館収蔵されています)、それは本作品の完成度の高さを物語っていると言えるでしょう。>> 作品詳細

浩子

浩子

歌川広重「紫陽花に鶸」
期間限定特別価格 絵のみ
22,000円 → 14,300円(税込)

梅雨の時期、街中に花を咲かせる紫陽花に、2羽の鶸が近づきます。鶸ははぱたぱたと羽を羽ばたかせる様子で、とても愛らしく描かれています。作品の色合いは優しく洗練されており、淡いグラデーションの背景に、鶸の黄緑が爽やかに映えています。
広重はこうした短冊型の縦長の画面に、優れた花鳥画を多く残しました。本作においても、画面を横切るように紫陽花を配置した大胆で寸分の狂いもない構図や、優れた色彩など、広重の並々ならぬ才能が存分に発揮されています。>> 作品詳細

渡邉

渡邉

葛飾北斎「百合」
絵のみ 14,300円(税込)

北斎といえば、冨嶽三十六景など風景画の絵師として知られていますが、同時期に出版された花鳥画には、多くの優品があります。本図は、その中の一図で、百合が優雅に、そして、モダンに描かれています。百合が咲く初夏にピッタリの爽やかなブルーの背景が印象的です。
これから開いていく花の描写などは、静かな画面にちょっとした動きを感じさせ、見る人の目を惹きつけます。限られた色数でシンプルに仕上げられた北斎の「百合」は、洋間にとってもフィットします。浮世絵をはじめてお部屋に飾る方にオススメ一枚です!>> 作品詳細

周

作品を優しく引き立てる ナチュラルな木目の白木額



ナチュラルな木目を生かして作られたアダチ特製浮世絵専用額(白木)は、浮世絵をモダンに見せ、洋室や北欧風のインテリアなどにも良く合うと大変ご好評いただいています。特に、北斎「百合」などのデザイン的な花鳥画や色見のはっきりした風景画、岳亭「大阪天保山夕立の景」などのような洋画風の作品との組み合わせは、とても相性が良くおススメです。作品やお部屋の雰囲気に合わせて、白木額も是非お試しください。

※ご注文の際は、作品を「絵のみ」でカートにお入れいただき、浮世絵専用額(白木)を別途お求めください。


百合 白木額装


関連商品のご案内季節ごとに掛け替えて楽しみたい方に、おすすめの商品をご紹介いたします。

アダチ特製浮世絵専用額(大判)

アダチ特製浮世絵専用額
(大判)

浮世絵の定番サイズに合わせた専用額です。木製のフレームに、丈夫で軽いUVカットのアクリル板を使用。縦横両対応で、浮世絵を差し替えてお楽しみいただけます。

差し替え用マット

差し替え用マット

作品によって、画面の大きさや枠の形が異なるため、アダチ版画では各作品にあわせてマットをご用意しております。差し替えの際はご一緒にご注文ください。

額スタンド

額スタンド

壁にかけずに作品を楽しむのなら、「額スタンド」がおすすめです。組み立て式ですので、収納・保管も簡単です。

品質へのこだわり

品質へのこだわり

アダチの浮世絵は、手にして初めて分かる、熟練の技術と日本の伝統が詰まっています。

製作工程

制作工程

一切機械を使うことなく一枚一枚職人の手仕事により丁寧に作られている木版画です。

厳選素材・道具

厳選素材・道具

江戸当時の風情を感じられる当時の浮世絵の再現にこだわり、厳選した素材と道具を使用。

職人紹介

職人紹介

最高の作品を創り出すために、日々技術の研鑽を積む熟練の職人たち。

浮世絵の基礎知識

浮世絵の基礎知識

意外と知らない?浮世絵の世界。浮世絵の基礎知識をご紹介。