栄松斎長喜 

蛍狩

ほたるがり

幻想的な蛍の光は、江戸庶民も愛した夏の夜の風物詩。明るい黄色の光と暗い背景との対比が鮮やかです。

ほっそりした面長の顔立ちが長喜の描く美人の特徴。涼しげで上品な佇まいは歌麿や栄之とも異なる独特の美意識です。

水辺に咲く菖蒲は、蛍と同じく6月頃が見頃の初夏の花。ここでは背景に溶け込むような抑えた色合いで描かれています。

雲母(きら)と膠を混ぜて煮たものを刷毛で引いた雲母引きの背景。 夜の暗さを表現するとともに、美人の姿を印象的に引き立たせています。

栄松斎長喜は歌麿・栄之につぐといわれる美人画の名手。数は少ないながらいずれも優れた作品を残し、高く評価されています。

人間国宝・岩野市兵衛氏が作る和紙(越前生漉奉書)を使用。木版独特の鮮やかな発色や柔らかな温かみのある風合いを作り出しています。

期間限定特別価格
歌麿・栄之につぐ寛政時代の美人画絵師、栄松斎長喜を代表する作品のひとつ、菖蒲の咲く水辺で蛍狩をする美人を描いた傑作。黒雲母摺の暗闇に蛍が飛び交う幻想的な景色に佇む美人は、長喜の特徴である面長のほっそりした顔立ちが上品です。夏の夜の静けさが伝わってくる美しい情景を描いた一枚です。

標準価格 22,000円(税込)

特別価格 14,300円(税込)

画寸法38.2 × 25.4 cm
用紙越前生漉奉書
解説日本語・英語併記
のし対応あり
納期ご注文より5営業日以内に発送
その他の絵師について
歌川国貞、歌川豊国、歌川豊重、窪俊満、歌川国政、磯田湖竜斎、小松軒百亀、葵岡北渓、鳥文斎栄之、八島岳亭、鳥高斎栄昌、栄松斎長喜、渓斎英泉など個性豊かな絵師の作品も取り扱っております。
その他の絵師の商品一覧

扇屋内朝妻

渓斎英泉

扇屋内朝妻

¥22,000~ (税込)

菊模様着立美人

懐月堂安知

菊模様着立美人

¥33,000~ (税込)

雪中秋色女

栄松斎長喜

雪中秋色女

¥14,300~ (税込)