八島岳亭 

大阪天保山夕立之景

おおさかてんぽうざんゆうだちのけい

大きな波がうねり、揺れる大船の帆を必死で引っ張る人の姿が描かれています。で

大阪の天保山を題材にを描いた「浪華名所 天保山勝景一覧」の内の1枚。

大波が崩れ落ちるところにボカシを摺り込み、北斎や広重でない岳亭独自の世界です。

雨が降る海の向こうに見えるのは夕日で赤く染まる空は、絵に奥行きを与えてくれます。

洋風の暗雲、激しい大量の雨筋も岳亭独特の表現といえます。

人間国宝・岩野市兵衛氏が作る和紙(越前生漉奉書)を使用。木版独特の鮮やかな発色や柔らかな温かみのある風合いを作り出しています。

天保山は、安治川河口(現在の大阪湾)に川ざらえで作られた小丘で、大阪の人たちの遊楽地になった名所です。突風を伴う夕立に、大波がうねり、船が揺れている光景を描いています。どこか洋風の雰囲気がある描写で、海外で人気の高い作品です。

標準価格 13,000円(税抜)

画寸法24.5 × 38.4 cm
用紙越前生漉奉書
解説日本語・英語
のし対応あり
納期ご注文より5営業日以内に発送
その他の絵師について
歌川国貞、歌川豊国、歌川豊重、窪俊満、歌川国政、磯田湖竜斎、小松軒百亀、葵岡北渓、鳥文斎栄之、八島岳亭、鳥高斎栄昌、栄松斎長喜、渓斎英泉など個性豊かな絵師の作品も取り扱っております。
その他の絵師の商品一覧

雪中秋色女

栄松斎長喜

雪中秋色女

13000円~ (税抜)

初日の出

栄松斎長喜

初日の出

13,000円~ (税抜)

いつとみ

鳥文斎栄之 青楼芸者撰

いつとみ

13000円~ (税抜)