鈴木春信 座敷八景

鏡台の秋月

きょうだいのしゅうげつ

丸い鏡台を秋の空に浮かぶ満月に見立てています。

開け放たれた窓からは芒(すすき)がのぞきます。

上品で繊細なお人形めいた顔立ちが、幻想的な「春信美人」の特徴です。

獅子が描かれた豪華な衝立。武家など上流階級の家でしょうか。

通常の浮世絵(大判)の半分ほどの大きさである中判サイズです。

人間国宝・岩野市兵衛氏が作る和紙(越前生漉奉書)を使用。木版独特の鮮やかな発色や柔らかな温かみのある風合いを作り出しています。

期間限定特別価格
本図は日常の生活を風景に見立てて描いた春信の代表シリーズ「座敷八景」の内の一図。江戸時代中期の俳人で、絵暦交換会の主催として錦絵誕生のきっかけを作った人物でもある大久保巨川の依頼により制作されたものです。窓の外からは芒(すすき)がのぞき、鏡台を月に見立てた秋の風情を感じる一図です。振袖を着て髪を結いあげられている娘が描かれ、当時の女性の日常を趣深く描いています。

標準価格 20,000円(税抜)

特別価格 13,000円(税抜)

画寸法28.0 × 21.0 cm
用紙越前生漉奉書
解説なし
のし対応あり
納期ご注文より3営業日以内に発送
鈴木春信について
明和初年、木版技術の飛躍的な進歩を背景に、春信は、幻想的で可憐な美人画を描いて人気を博しました。 当時の趣味人たちの要請に応え、物語、和歌、俳諧など幅広く取材した作品からは、彼の文学に対する造詣の深さもうかがえます。「錦絵の祖」と呼び称される春信。錦絵草創期の淡く和やかな色彩が特徴です。そのストーリー性豊かでドラマティックな作品は、今も多くのファンを魅了しています。
鈴木春信の商品一覧

夜の梅

鈴木春信

夜の梅

13,000円~ (税抜)

雪中相合傘

鈴木春信

雪中相合傘

13000円~ (税抜)

夕立

鈴木春信

夕立

13,000円~ (税抜)