鈴木春信 座敷八景

行灯の夕照

あんどんのせきしょう

遊女が客からの手紙を読むのに、行灯を照らしています。

開け放たれている庭から覗く紅葉が、秋の空気を演出しています。

上品で繊細なお人形めいた顔立ちが、幻想的な「春信美人」の特徴。

「巨川」とあるのは「座敷八景」シリーズの考案者である大久保巨川を示しています。

当時は中判と呼ばれる小さめの紙のサイズが標準でした。

人間国宝・岩野市兵衛氏が作る和紙(越前生漉奉書)を使用。木版独特の鮮やかな発色や柔らかな温かみのある風合いを作り出しています。

江戸時代中期の俳人・大久保巨川の考案による配りものとして制作された春信の代表シリーズ「座敷八景」の内の一図。手紙を読む遊女とそれを行灯で照らす禿の様子を描いています。遊女の着ている粟の穂と鳴子の描かれた着物も秋らしく、地の黒色が画面を引き締める役割を果たしています。

標準価格 22,000円(税込)

画寸法29.0 × 21.5 cm
用紙越前生漉奉書
解説なし
のし対応あり
納期ご注文より5営業日以内に発送
鈴木春信について
明和初年、木版技術の飛躍的な進歩を背景に、春信は、幻想的で可憐な美人画を描いて人気を博しました。 当時の趣味人たちの要請に応え、物語、和歌、俳諧など幅広く取材した作品からは、彼の文学に対する造詣の深さもうかがえます。「錦絵の祖」と呼び称される春信。錦絵草創期の淡く和やかな色彩が特徴です。そのストーリー性豊かでドラマティックな作品は、今も多くのファンを魅了しています。
鈴木春信の商品一覧

雪中相合傘

鈴木春信

雪中相合傘

¥14,300~ (税込)

二月 水辺梅

鈴木春信

二月 水辺梅

¥22,000~ (税込)

見立菊慈童

鈴木春信

見立菊慈童

¥14,300~ (税込)