歌川広重 東海道五拾三次

嶋田 大井川駿岸

しまだ おおいがわすんがん

大名行列の川越。渡る準備から川越えの最中、渡りきった様子まで俯瞰的に描かれています。

川越の順番を待つ槍持や弓掛たち。行列の全てが渡りきるにはかなりの時間が掛かったことでしょう。

水面のぼかしは摺師の腕の見せどころ。川の深さや豊かな流れの様子がよく表現されています。

護岸のための蛇籠は、増水時、中に石を詰めたものを積んで水を防ぐのに用いました。

「箱根八里は馬でも越すが越すに越されぬ大井川」と詠われるほど、大井川は有名な川越の難所でした。

人間国宝・岩野市兵衛氏が作る和紙(越前生漉奉書)を使用。木版独特の鮮やかな発色や柔らかな温かみのある風合いを作り出しています。

駿河側から眺めた景観を描いたこの大井川は、「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」といわれたように、川幅も広く水量も多い川渡りの最大の難所でした。東海道にはいくつもの川がありましたが、幕府は江戸の治安・防衛のため、あえて橋を作りませんでした。参勤交代の大名は、多くの家来と荷物の移動に難儀しました。

標準価格 13,000円(税抜)

画寸法22.5 × 35.2 cm
用紙越前生漉奉書
解説日本語・英語併記
のし対応あり
納期ご注文より3営業日以内に発送
歌川広重について
天保年間に保永堂から出版された全55図の「東海道五十三次」が大ヒットし、以降数々の東海道の風景画を描きました。 花鳥画にも詩情溢れる優品を残し、最晩年に手がけた一大連作「名所江戸百景」では、四季折々の江戸の風景を、独特の視点と豊かな感性で描き出しました。同シリーズは、ゴッホが模写したことでも知られています。
歌川広重の商品一覧

武蔵小金井

歌川広重 冨士三十六景

武蔵小金井

13000円~ (税抜)

甲斐 さるはし

歌川広重 六十余州名所図会

甲斐 さるはし

13,000円~ (税抜)

高輪之明月

歌川広重 東都名所(幽斎書)

高輪之明月

13,000円~ (税抜)

東海道五拾三次について
日本橋、京都、そしてその間に設けられた53の宿駅を描いた浮世絵のシリーズ。広重は、次々に変わる景色、季節、時間、行き交う人々の生き生きとした営み、全55図を郷土色豊かに描き出しました。。日本の風土に根ざした抒情性こそ、広重の浮世絵風景画最大の特色と言えるでしょう。
東海道五拾三次の商品一覧

日本橋 朝之景

歌川広重 東海道五拾三次

日本橋 朝之景

13000円~ (税抜)

京師 三条大橋

歌川広重 東海道五拾三次

京師 三条大橋

13,000円~ (税抜)

藤澤 遊行寺

歌川広重 東海道五拾三次

藤澤 遊行寺

13,000円~ (税抜)