歌川広重 東都名所

日本橋白雨

にほんばしはくう

傘を差して急ぎ足で橋を渡る人々。傘をさすしぐさに広重の観察眼が伺えます。

シルエットで表現された富士山。雨に霞む様子がよく表されています。

日本橋は江戸城と富士山を同時に望める観光名所としても人気でした。

白雨は明るい空から降る雨のこと。夏の夕立の、いかにも通り雨といった雰囲気が出ています。

人間国宝・岩野市兵衛氏が作る和紙(越前生漉奉書)を使用。木版独特の鮮やかな発色や柔らかな温かみのある風合いを作り出しています。

夕立の日本橋を描いた本図は、広重が手掛けた喜鶴堂版「東都名所」の一図にしてシリーズ随一の秀作。明るい空から降り出した夕立に橋上の人々は傘を差して足早に先を急ぎ、橋の向こうに見える江戸城、更に遠い富士山は雨に霞み、通り雨の臨場感が見事に表現されています。広重の卓越した情景描写が冴える傑作です。

標準価格 13,000円(税抜)

画寸法35.2 × 22.8 cm
用紙越前生漉奉書
解説日本語・英語併記
のし対応あり
納期ご注文より3営業日以内に発送
歌川広重について
天保年間に保永堂から出版された全55図の「東海道五十三次」が大ヒットし、以降数々の東海道の風景画を描きました。 花鳥画にも詩情溢れる優品を残し、最晩年に手がけた一大連作「名所江戸百景」では、四季折々の江戸の風景を、独特の視点と豊かな感性で描き出しました。同シリーズは、ゴッホが模写したことでも知られています。
歌川広重の商品一覧

月夜木賊に兎

歌川広重

月夜木賊に兎

13,000円~ (税抜)

あらし山満花

歌川広重 京都名所

あらし山満花

13000円~ (税抜)

日本橋白雨

歌川広重 東都名所

日本橋白雨

13,000円~ (税抜)