歌川広重 

洗馬

せば

柳の間から満月が見えてきます。広重らしい演出です。

木材を積んで川をいく船頭の姿は、日常のゆっくりした時間を感じさせます。

日本橋から信濃国木曽路を通って京都まで行く木曽街道の宿場を描いたシリーズの傑作。

東海道五拾三次で有名な広重ですが、抒情性豊かな風景画を描かせたら一番です。

いくつものぼかしを多用して、川の奥行きを表現しています。摺師の腕の見せどころです。

人間国宝・岩野市兵衛氏が作る和紙(越前生漉奉書)を使用。木版独特の鮮やかな発色や柔らかな温かみのある風合いを作り出しています。

広重の円熟期に描かれた「木曾街道六拾九次」の特色は、豊かな叙情性が溢れている点です。画面中央の川柳にかかる大きな満月、岸辺の葦をなでる夕風、家路に急ぐ船とかがみこむ船頭たちの姿に、冬の日の夕暮の寂寞感がひしひしと胸に迫ってきます。名作の多い「木曾街道六拾九次」の中でもこの「洗馬」は、最も格調の高い作品です。

標準価格 14,040円(税込)

画寸法22.6 × 35.7 cm
用紙越前生漉奉書
解説日本語・英語併記
のし対応あり
納期ご注文より3営業日以内に発送
歌川広重について
天保年間に保永堂から出版された全55図の「東海道五十三次」が大ヒットし、以降数々の東海道の風景画を描きました。 花鳥画にも詩情溢れる優品を残し、最晩年に手がけた一大連作「名所江戸百景」では、四季折々の江戸の風景を、独特の視点と豊かな感性で描き出しました。同シリーズは、ゴッホが模写したことでも知られています。
歌川広重の商品一覧

甲斐大月の原

歌川広重 冨士三十六景

甲斐大月の原

14,040円~ (税込)

日本橋雪中

歌川広重 東都名所

日本橋雪中

14,040円~ (税込)

月に雁

歌川広重

月に雁

14,040円~ (税込)