歌川広重 名所江戸百景

よし原日本堤

よしわらにほんづつみ

秋の風景には欠かせない月と雁。広重が得意とするところです。

日本堤は、これから吉原へ行く人で賑わい、中には籠で向かう人もいるようです。

遠方にうっすら見える街が吉原です。

作品毎に地模様が異なり細かい部分ですが凝ったデザインとなっています。

“あてなしぼかし”と言って、平らな板の上で、描くように摺師がこのぼかしを作ります。

人間国宝・岩野市兵衛氏が作る和紙(越前生漉奉書)を使用。木版独特の鮮やかな発色や柔らかな温かみのある風合いを作り出しています。

日本堤の名は、山谷堀の両岸に二本の土手があったから日本堤(二本堤)とも、日本全国の藩が分担して工事に当たったから日本堤だとも言われ、いろいろな説がありますが、夜の歓楽地・新吉原の通い道であったために、吉原堤とも呼ばれていたそうです。眼下に広がる賑やかな街とは対照的に、月が晧々と光る夕暮れの空には、雁が連なって渡ってゆきます。

標準価格 13,000円(税抜)

画寸法34.0 × 22.4 cm
用紙越前生漉奉書
解説日本語・英語併記
のし対応あり
納期ご注文より3営業日以内に発送
歌川広重について
天保年間に保永堂から出版された全55図の「東海道五十三次」が大ヒットし、以降数々の東海道の風景画を描きました。 花鳥画にも詩情溢れる優品を残し、最晩年に手がけた一大連作「名所江戸百景」では、四季折々の江戸の風景を、独特の視点と豊かな感性で描き出しました。同シリーズは、ゴッホが模写したことでも知られています。
歌川広重の商品一覧

阿波 鳴門の風波

歌川広重 六十余州名所図会

阿波 鳴門の風波

13,000円~ (税抜)

日本橋雪中

歌川広重 東都名所

日本橋雪中

13,000円~ (税抜)

武蔵小金井

歌川広重 冨士三十六景

武蔵小金井

13000円~ (税抜)

名所江戸百景について
大胆奇抜な構図が特徴の江戸名所絵の一大連作はモネやゴッホといった印象派の巨匠たちが模写したことで世界的にも知られています。 春夏秋冬の四つの部に分けられ、四季の折々に見せる江戸の素顔を描き出した一連の作品には、生まれ育った江戸の町に対する広重の深い愛着が感じられます。
名所江戸百景の商品一覧

大はしあたけの夕立

歌川広重 名所江戸百景

大はしあたけの夕立

13,000円~ (税抜)

水道橋駿河台

歌川広重 名所江戸百景

水道橋駿河台

13,000円~ (税抜)

両国花火

歌川広重 名所江戸百景

両国花火

13,000円~ (税抜)