歌川 広重 冨士三十六景

鴻之台と祢川

こうのだいとねがわ

広漠とひろがる関東平野の向こうには黄昏時の赤い空が広がり、どっしりと構えた富士の姿が望めます。

帆を張った多くの船は、銚子から日本橋の行徳河岸へと向かう船。江戸への豊かな物流が表されています。

見事な紅葉の中で鴻の台からの景色を楽しむ人々。遠くを指し示しているのは近くの総寧寺の僧と言われます。

広重最晩年の作品で、北斎の富士に対抗して出版された「冨士三十六景」シリーズの一図です。

いくつものぼかしを多用して、川の奥行きを表現しています。摺師の腕の見せどころです。

人間国宝・岩野市兵衛氏が作る和紙(越前生漉奉書)を使用。木版独特の鮮やかな発色や柔らかな温かみのある風合いを作り出しています。

期間限定掲載
広重が北斎に対抗して描いたと言われる「冨士三十六景」シリーズ中の一図。
曲亭馬琴「南総里見八犬伝」にも名高い里見家の居城があった、鴻の台からの壮大な眺めを描いています。川をくだる数隻の帆船が、蛇行する利根川の川下まで私たちの視線を導き、ひらけた関東平野の向こうに描かれる富士山に自然と目が引き付けられます。西日を受けた紅葉の赤が眩しく、秋の日暮れの風情あふれる作品です。

標準価格 13,000円(税抜)

画寸法22.0 × 33.9 cm
用紙越前生漉奉書
解説日本語
のし対応あり
納期ご注文より3営業日以内に発送