歌川広重 冨士三十六景

さがみ川

さがみがわ

朝霧の向こうに見える富士山が、朝焼けで赤く染まり始めた空に浮かんでいます。

奥の船頭の小さなシルエットと手前の船頭の後ろ姿によって絵の静寂さが際立っています。

さがみ川を下る筏。雨風よけの下で火が焚かれてています。

広重最晩年に作画され、没後に刊行されたシリーズ『冨士三十六景』。北斎の『冨嶽三十六景』を意識したとも言われています。

高度な技術が必要な”ぼかし”。上下で色の違うぼかしが、肌寒くなっていく季節感を表現しています。

人間国宝・岩野市兵衛氏が作る和紙(越前生漉奉書)を使用。木版独特の鮮やかな発色や柔らかな温かみのある風合いを作り出しています。

現在の神奈川県を流れる相模川を描いた図。風のない静かな朝に細くまっすぐくゆる、筏上で焚かれた火の煙。芦の間には白鷺が飛び交い、高麗山と富士が朝焼けの空を背景に並んでいる様子が情感豊かに描かれています。ゴッホが描いた「タンギー爺さん」という作品で、背景に描かれた浮世絵の一枚としても有名です。

標準価格 14,300円(税込)

画寸法34.2 × 21.8 cm
用紙越前生漉奉書
解説日本語
のし対応あり
納期ご注文より5営業日以内に発送
歌川広重について
天保年間に保永堂から出版された全55図の「東海道五十三次」が大ヒットし、以降数々の東海道の風景画を描きました。 花鳥画にも詩情溢れる優品を残し、最晩年に手がけた一大連作「名所江戸百景」では、四季折々の江戸の風景を、独特の視点と豊かな感性で描き出しました。同シリーズは、ゴッホが模写したことでも知られています。
歌川広重の商品一覧

隅田川水神の森真崎

歌川広重 名所江戸百景

隅田川水神の森真崎

¥14,300~ (税込)

水道橋駿河台

歌川広重 名所江戸百景

水道橋駿河台

¥14,300~ (税込)

日本橋雪中

歌川広重 東都名所

日本橋雪中

¥14,300~ (税込)