葛飾北斎 富嶽三十六景

上総ノ海路

かずさのかいじ

房総半島の方からみる富士山。

北斎の描く水平線は、真っ直ぐではなく少し湾曲しています。地球の丸さを感じます。

弁才船といって江戸時代荷物を運ぶ舟。中で働く人の姿が窓から見ています。

拭き下げぼかし。版木ではなく摺師が水分の調整でぼかす、高度な技術が必要な部分。

人間国宝・岩野市兵衛氏が作る和紙(越前生漉奉書)を使用。木版独特の鮮やかな発色や柔らかな温かみのある風合いを作り出しています。

三浦半島と房総半島に挟まれた海峡である浦賀水道(千葉県富津市)から描かれた図と思われます。江戸時代、房総半島には多くの湊があり、江戸と結ぶ江戸湾の海運で賑わっていました。湾曲した水平線は、北斎は地球が丸いことを知っていたことを暗示してくれます。構図の妙、色彩の妙、全てにおいて北斎が如何に優れた絵師であったか感じさせます。

標準価格 13,000円(税抜)

画寸法26.0 × 38.0 cm
用紙越前生漉奉書
解説日本語・英語併記
のし対応あり
納期ご注文より3営業日以内に発送
葛飾北斎について
森羅万象あらゆるものの真を描くことに執念を燃やし、老いてなお、その制作意欲は衰えることなく、九十年の生涯で、数多くの作品を残しました。1999年、米ライフ誌が選んだ「この1000年で最も重要な功績を残した世界の人物100人」に唯一選ばれた日本人であり、近年最も注目を集めている浮世絵師です。
葛飾北斎の商品一覧

鷽に垂桜

葛飾北斎

鷽に垂桜

13,000円~ (税抜)

桜花に富士図

葛飾北斎

桜花に富士図

53,000円 (税抜)

おしをくり はとう つうせんのづ

葛飾北斎

おしをくり はとう つうせんのづ

特別価格 13,000円~ (税抜)

富嶽三十六景について
葛飾北斎の代表作にして、浮世絵風景画の代表作です。「神奈川沖浪裏」や「凱風快晴」は、余りにも有名です。 初め、題名の通り36図出版されましたが、後から10図が追加され、最終的に46図のシリーズになりました。全図に富士山が描かれていますが、46様それぞれの個性的な富士山の姿は、いつまでも見飽きることがありません。
富嶽三十六景の商品一覧

神奈川沖浪裏

葛飾北斎 富嶽三十六景

神奈川沖浪裏

13,000円~ (税抜)

凱風快晴

葛飾北斎 富嶽三十六景

凱風快晴

13,000円~ (税抜)

甲州石班沢

葛飾北斎 富嶽三十六景

甲州石班沢

13,000円~ (税抜)