葛飾北斎 千絵の海

待チ網

まちあみ

場所や高さによって流れ方が変わる水の様子を、描写を分けて表現しています。

薄くぼかしを用いて色を重ねることで、網目の向こうが透ける様子を表しています。

籠や網など思い思いの方法で魚を捕る人々。

難易度の高いぼかしは摺師の腕の見せどころ。このぼかしによって、水の深さや広さが見事に表現されています。

日本各地の海や河川を舞台に様々な漁の風景を描いたシリーズの作品です。

人間国宝・岩野市兵衛氏が作る和紙(越前生漉奉書)を使用。木版独特の鮮やかな発色や柔らかな温かみのある風合いを作り出しています。

川の中で思い思いに漁をする人々が生き生きと描かれています。橋脚の下から、段になって流れ落ちる水の量感と勢いの描写は北斎ならではの技量を感じさせます。※本作品は、江戸時代のオリジナル作品にならい、中判サイズ(他の作品の半分のサイズ)で制作しています。

標準価格 13,000円(税抜)

画寸法18.6 × 25.8 cm
用紙越前生漉奉書
解説日本語
のし対応あり
納期ご注文より3営業日以内に発送
葛飾北斎について
森羅万象あらゆるものの真を描くことに執念を燃やし、老いてなお、その制作意欲は衰えることなく、九十年の生涯で、数多くの作品を残しました。1999年、米ライフ誌が選んだ「この1000年で最も重要な功績を残した世界の人物100人」に唯一選ばれた日本人であり、近年最も注目を集めている浮世絵師です。
葛飾北斎の商品一覧

桜花に富士図

葛飾北斎

桜花に富士図

53,000円 (税抜)

新版浮絵王子稲荷飛鳥山之図

葛飾北斎

新版浮絵王子稲荷飛鳥山之図

20,000円~ (税抜)

踊行列図

葛飾北斎

踊行列図

35,000円~ (税抜)