歌川国芳 

菊に蟹と亀

きくにかにとかめ

長寿の象徴である亀。大胆な構図の中に存在感たっぷりに描かれています。

菊と蟹が亀と対峙して描かれています。

拭き下げぼかし。版木ではなく摺師が水分調整でぼかす、高度な技術が必要な部分。

本作は、通常の浮世絵サイズ(大判)を縦に半分にした中短冊というサイズです。

一勇斎国芳は、武者絵や戯画で有名ですが、花鳥画も独特の世界で描いています。

人間国宝・岩野市兵衛氏が作る和紙(越前生漉奉書)を使用。木版独特の鮮やかな発色や柔らかな温かみのある風合いを作り出しています。

国芳は、作品数も多く、 役者絵・武者絵・美人画・風景画・花鳥版画と浮世絵の全ジャンルを網羅し精力的な活躍をしており、本図のように浮世絵とは思われないほど現代的な現代的な感覚でデフォルメされた花鳥画も描いています。細長い画面を斜めに切り取り、亀や首を垂れる菊の花と蟹を配置し、大胆な色の組み合わせで見せるところは、国芳のセンスが光ります。

標準価格 25,000円(税抜)

画寸法36.4 × 11.9 cm
用紙越前生漉奉書
解説日本語・英語併記
のし対応あり
納期ご注文より3営業日以内に発送
歌川国芳について
歌川国芳は、幕末に活躍した浮世絵師です。そのユニークな画風から、「奇想の絵師」などと呼ばれ、近年再評価の気運が高まり、広い世代の人気を集めています。 当時の浮世絵師の番付には、名所絵の広重に対し、武者絵の国芳として名前が掲げられています。反骨と風刺の精神に富んだ作品群は、当時の人々の圧倒的支持を得、多くの門人が集まり、浮世絵師の最大派閥を形成。その系譜は昭和の日本画家まで連なっています。
歌川国芳の商品一覧

相馬の古内裏

歌川国芳

相馬の古内裏

50,000円~ (税抜)

浪裡白跳張順

歌川国芳 通俗水滸伝豪傑百八人之壱人

浪裡白跳張順

13,000円~ (税抜)

短冥次郎阮小吾

歌川国芳 通俗水滸伝豪傑百八人之壱人

短冥次郎阮小吾

13,000円~ (税抜)