歌川国芳 金魚づくし

百ものがたり

ひゃくものがたり

江戸で流行った怪談話「百物語」。最後に化け猫が出たぞ!

化け猫に驚き、ひっくり返る金魚の姿が愛らしいですね。

作品のシリーズと各作品の題名が可愛い浮き草をデザインした枠の中に示されています。

金魚づくしのシリーズは、通常の浮世絵(大判)の半分の大きさでつくられています。

戯画を得意とした国芳の作品で、「朝櫻楼国芳戯画」とあります。

人間国宝・岩野市兵衛氏が作る和紙(越前生漉奉書)を使用。木版独特の鮮やかな発色や柔らかな温かみのある風合いを作り出しています。

金魚づくしシリーズは、金魚をはじめとする水中の生き物たちを擬人化し、面白おかしく描かれた浮世絵で、国芳が得意としたいわゆる戯画です。百物語は、江戸で流行った怪談会のことで、百本の蝋燭を火に灯し、怪談話が一つ終わる毎に一本火を消していきます。最後の明かりが消えると闇の中から化け物が現れるとされていました。本図は、まさに最後の話が終わって、化け猫が出てきた瞬間を描いています。

■アダチセレクト 「話題の一枚。」
vol.1 「ポップアートの先駆け!?
vol.2 「戯画を得意とした国芳とは?
vol.3 「一石二鳥!?サイズに隠された秘密

アダチセレクト「話題の一枚。」~ 歌川国芳「百ものがたり」vol.1~

標準価格 8,000円(税抜)

画寸法25.7 × 18.4 cm
用紙越前生漉奉書
解説日本語・英語併記
のし対応あり
納期ご注文より3営業日以内に発送
歌川国芳について
歌川国芳は、幕末に活躍した浮世絵師です。そのユニークな画風から、「奇想の絵師」などと呼ばれ、近年再評価の気運が高まり、広い世代の人気を集めています。 当時の浮世絵師の番付には、名所絵の広重に対し、武者絵の国芳として名前が掲げられています。反骨と風刺の精神に富んだ作品群は、当時の人々の圧倒的支持を得、多くの門人が集まり、浮世絵師の最大派閥を形成。その系譜は昭和の日本画家まで連なっています。
歌川国芳の商品一覧

浪裡白跳張順

歌川国芳 通俗水滸伝豪傑百八人之壱人

浪裡白跳張順

13,000円~ (税抜)

短冥次郎阮小吾

歌川国芳 通俗水滸伝豪傑百八人之壱人

短冥次郎阮小吾

13,000円~ (税抜)

菊に蟹と亀

歌川国芳

菊に蟹と亀

13,000円~ (税抜)

金魚づくしについて
金魚にカエルやカメなども加え、水中の生き物たちを擬人化し、ユーモアたっぷりに描いています。笑い、走り、唄い踊る金魚の姿に、誰もが「カワイイ」と微笑んでしまうことでしょう。日頃かわいがっているペットを描いた浮世絵に、江戸っ子たちは夢中になったに違いありません。
金魚づくしの商品一覧

アルミ製木目調額

アルミ製木目調額

5000円 (税抜)

まとい

歌川国芳 金魚づくし

まとい

8000円~ (税抜)

ぼんぼん

歌川国芳 金魚づくし

ぼんぼん

8,000円~ (税抜)