東洲斎写楽 

中山富三郎の宮城野

なかやまとみさぶろうのみやぎの

写楽が描く各役者の手元は、その役柄や場面をリアルに写し出しています。

歌舞伎の女形は、紫帽子という紫の布で前髪を剃った後の部分を被っていました。

当時役者は、家紋で見分けられており、中山富三郎 の家紋は、「丸に五三桐」。

写楽をプロデュースしたのは江戸のヒットメーカーである版元・蔦屋 重三郎です。

雲母、膠と墨を混ぜたものを紙に置き、役者を際立たせ豪華にみせる演出がされています。

人間国宝・岩野市兵衛氏が作る和紙(越前生漉奉書)を使用。木版独特の鮮やかな発色や柔らかな温かみのある風合いを作り出しています。

僅か10ヶ月の活動期間中に描いた140数点の中で、特に黒い雲母(キラ)を用いた背景に上半身のみを描いた最初の大首絵28点が写楽を代表する作品です。本図は、寛政6年(1794年)5月桐座で上演された演目「敵討乗合話(かたきうちのりあいばなし)」の中で中山富三郎の演じる「宮城野」を描いた作品です。

標準価格 20,000円(税抜)

画寸法38.5 × 24.9 cm
用紙越前生漉奉書
解説日本語
のし対応あり
納期ご注文より3営業日以内に発送
東洲斎写楽について
寛政6年(1794)彗星のごとく浮世絵界に登場した写楽は、わずか10ヶ月の期間に、140数点に及ぶ浮世絵を世に送り出し、忽然と姿を消しました。 20世紀初頭、ドイツの心理学者ユリウス・クルトによって、レンブラント、ルーベンスと並ぶ三大肖像画家の一人として紹介されるなど、海外でも高い評価を得ています。写楽の正体には諸説ありますが、今なお謎に包まれた浮世絵師です。
東洲斎写楽の商品一覧

三世大谷鬼次の奴江戸兵衛

東洲斎写楽

三世大谷鬼次の奴江戸兵衛

13,000円~ (税抜)

三世瀬川菊之丞の田辺文蔵妻おしづ

東洲斎写楽

三世瀬川菊之丞の田辺文蔵妻おしづ

20000円~ (税抜)