窪俊満 

菊に鶴

きくにつる

長寿の象徴ともいえる鶴。

秋の花である菊は、国花でもあり品格のある花として尊ばれています。

窪俊満は、北斎などとほぼ同時期に活躍した浮世絵師。

鶴の羽の部分は、線を彫った版木を用いて絵の具を付けずに摺る技法(空摺)が使われ豪華です。

本作は、当時のオーダーメイド品で正方形に近い規格外のサイズの紙を使っています。

人間国宝・岩野市兵衛氏が作る和紙(越前生漉奉書)を使用。木版独特の鮮やかな発色や柔らかな温かみのある風合いを作り出しています。

菊と鶴を描いた縁起の良い浮世絵。色とりどりの菊の輪の中を飛ぶ鶴の姿が、繊細で上品な作品です。結婚式のお祝いに大変喜ばれますし、還暦などの長寿のお祝いや、敬老の日の贈り物にもオススメです!

標準価格 20,000円(税抜)

画寸法22.3 × 21.5 cm
用紙越前生漉奉書
解説日本語・英語
のし対応あり
納期ご注文より3営業日以内に発送
その他の絵師について
歌川国貞、歌川豊国、歌川豊重、窪俊満、歌川国政、磯田湖竜斎、小松軒百亀、葵岡北渓、鳥文斎栄之、八島岳亭、鳥高斎栄昌、栄松斎長喜、渓斎英泉など個性豊かな絵師の作品も取り扱っております。
その他の絵師の商品一覧

月と芒に雁

小松軒百亀

月と芒に雁

13,000円~ (税抜)

菊に鶴

窪俊満

菊に鶴

20000円~ (税抜)

雪中秋色女

栄松斎長喜

雪中秋色女

13000円~ (税抜)