歌川豊春 

竹に虎

たけにとら

「竹林は虎の天敵である象が入れないため、虎にとっての安住の地である」という法話から縁起の良い組み合わせとされています。

尾は天と上るように持ち上げられています。相手を威嚇しているのでしょうか。

虎の勇敢な表情。体毛、髭など一本一本丁寧に細部まで描かれています。

歌川豊春は、のちに広重や国芳を輩出する歌川派の祖として知られています。

大地の緑と黄の背景は、グラデーションのようなぼかしで表現されています。

江戸時代後期に浮世絵の主流となった歌川派の祖である歌川豊春。日本画の伝統的な画題で、縁起がいいとされる竹林と虎の組み合わせを、虎の表情や体毛の一本一本まで精緻にとらえて描いています。背景のぼかしや、中短冊という浮世絵ならではの短冊型の画面を活かし、面白味ある作品に仕上がっています。風景画の祖を忍ばせる豊春の力量の豊かさを物語る傑作です。

標準価格 22,000円(税込)

画寸法36.5×13cm
用紙越前生漉奉書
解説日本語
のし対応あり
納期ご注文より5営業日以内に発送