歌川豊国 

生け花を生ける娘

いけばなをいけるむすめ

髪の生え際は最も難易度が高い所。江戸時代には専門の職人がいた、彫師の腕の見せ所です。

丁寧に菊を持つ手元。女性らしい、繊細で優美な描写です。

先に生け終った女性は、煙管で一服。

若い女性らしく、着物も可愛い色柄で丁寧に描きこまれています。

「歌川豊国」。豊広と双璧をなす絵師で、幕末に活躍する多くの絵師を育て、歌川派の統帥として君臨しました。

人間国宝・岩野市兵衛氏が作る和紙(越前生漉奉書)を使用。木版独特の鮮やかな発色や柔らかな温かみのある風合いを作り出しています。

振袖姿の若い女性たちが菊の花を生けている様子を描いた作品。髪形や着物などに当時の流行が反映されています。

標準価格 13,000円(税抜)

画寸法37.9 × 24.9 cm
用紙越前生漉奉書
解説日本語・英語
のし対応あり
納期ご注文より3営業日以内に発送
その他の絵師について
歌川国貞、歌川豊国、歌川豊重、窪俊満、歌川国政、磯田湖竜斎、小松軒百亀、葵岡北渓、鳥文斎栄之、八島岳亭、鳥高斎栄昌、栄松斎長喜、渓斎英泉など個性豊かな絵師の作品も取り扱っております。
その他の絵師の商品一覧

月と芒に雁

小松軒百亀

月と芒に雁

13,000円~ (税抜)

菊に鶴

窪俊満

菊に鶴

20000円~ (税抜)

雪中秋色女

栄松斎長喜

雪中秋色女

13000円~ (税抜)