石川豊信 

中村喜代三郎 文読美人

なかむらきよさぶろう ふみよみびじん

美人の髪の生え際は最も難易度が高い所。江戸時代には専門の職人がいた、彫師の腕の見せ所です。

煙管を片手に文を読む美人。遊女が男性客からの手紙を読んでいるところでしょうか。

紅と草のコントラストが美しい着物。多色摺りの錦絵とはまた違う華やかさです。

石川豊信は西村重長の門人。柔和な丸顔と豊満な肉体を持つ美人像を得意とした、「紅摺絵」の第一人者です。

墨摺りに「草」や「紅」といった色を入れた「紅摺絵」と呼ばれる初期浮世絵の傑作。

墨摺りに草や紅の色を入れた「紅摺絵」の第一人者、石川豊信による初期浮世絵の傑作。炬燵に腰を下ろし文を読む美人の豪華な衣装の紅と草、炬燵や帯の黒が生み出す配色のコントラストは多色摺りの錦絵とはまた違う美しさがあります。豊信が得意とした歌舞伎ものですが、一見役者絵には見えない美人画の様な趣です。当時は役者絵と美人画の間にあまり様式の相違がなく、時代の特徴がよく表れた作品と言えます。

標準価格 20,000円(税抜)

画寸法41.0 × 29.0 cm
用紙越前生漉奉書
解説なし
のし対応あり
納期ご注文より5営業日以内に発送