喜多川歌麿 青楼十二時

午ノ刻

うまのこく

左手に櫛、右手に文を持っています。髪結う途中で誰かが文を持ってきたのでしょうか。

煙草を吸おうと、煙草入れを探っています。

髪の出来具合を気にする禿(かむろ)。禿は廓内の小間使いをしながら三味線などを習いました。

三人の配置や手前に向かい徐々に鮮やかになっていく色彩が、画面に奥行きを持たせています。

生え際は最も難易度が高い所。江戸時代には専門の職人がいた、彫師の腕の見せ所です。

人間国宝・岩野市兵衛氏が作る和紙(越前生漉奉書)を使用。木版独特の鮮やかな発色や柔らかな温かみのある風合いを作り出しています。

美人画の第一人者・喜多川歌麿が、遊郭の一日を一刻ずつ(2時間ごと)描いた「青楼十二時」の中の一図です。「午ノ刻」(午後12時)になると昼見世が始まり、まだ見世に出ない遊女たちも身支度に入りました。本図では髪結の最中に、文を読む花魁の姿が描かれています。花魁の向こうには髪型を気にする禿の姿もあり、遊女たちの日常の一コマを覗き見ているようです。

標準価格 22,000円(税込)

画寸法38.0 × 25.4 cm
用紙越前生漉奉書
解説日本語・英語
のし対応あり
納期ご注文より5営業日以内に発送
喜多川歌麿について
浮世絵の黄金期に、美人画絵師として活躍しました。しかし、その生涯については、実はよくわかっていません。 寛政期に入り、評判の町娘や遊里の女性たちを魅力的に描き、浮世絵美人画の第一人者としてその名を知らしめました。 寛政の改革下、様々な表現の制約にも屈することなく、常に新しい表現手段を模索し続けましたが、文化元年(1804)、風紀取締りの処分(一説に入牢3日、手鎖50日の刑)を受け、その二年後にこの世を去りました。
喜多川歌麿の商品一覧

喫煙

喜多川歌麿 婦女人相十品

喫煙

¥14,300~ (税込)

娘道成寺

喜多川歌麿 当世踊子揃

娘道成寺

¥14,300~ (税込)

襟おしろい

喜多川歌麿

襟おしろい

¥22,000~ (税込)