喜多川歌麿 青楼十二時

申ノ刻

さるのこく

豪華な髪飾りを付けている花魁。出勤中でしょうか。

デビュー前の遊女である“振袖新造”。どこか初々しさを感じさせます。

禿の頭だけが花魁のむこうに見え隠れしています。

桜と牡丹柄の着物が華やかです。

生え際は最も難易度が高い所。江戸時代には専門の職人がいた、彫師の腕の見せ所です。

人間国宝・岩野市兵衛氏が作る和紙(越前生漉奉書)を使用。木版独特の鮮やかな発色や柔らかな温かみのある風合いを作り出しています。

美人画の第一人者・喜多川歌麿が、吉原の遊女たちの一日を描いたシリーズ「青楼十二時」の中の一図。“申ノ刻(午後4時)”から吉原が始まる暮六つ(午後6時)に至るまでの活気が出始めた頃の遊女が描かれています。約十頭身とも言えるすらりとした姿の全身像で、温かみのある黄色で潰された背景に桜・牡丹の柄の着物が華やかです。女性の理想美を追求し、表現することを得意とした歌麿の真価が発揮された作品です。

標準価格 22,000円(税込)

画寸法38.3 × 25.5 cm
用紙越前生漉奉書
解説日本語・英語併記
のし対応あり
納期ご注文より5営業日以内に発送
喜多川歌麿について
浮世絵の黄金期に、美人画絵師として活躍しました。しかし、その生涯については、実はよくわかっていません。 寛政期に入り、評判の町娘や遊里の女性たちを魅力的に描き、浮世絵美人画の第一人者としてその名を知らしめました。 寛政の改革下、様々な表現の制約にも屈することなく、常に新しい表現手段を模索し続けましたが、文化元年(1804)、風紀取締りの処分(一説に入牢3日、手鎖50日の刑)を受け、その二年後にこの世を去りました。
喜多川歌麿の商品一覧

浮気の相

喜多川歌麿 婦人相學十躰

浮気の相

¥14,300~ (税込)

難波屋おきた

喜多川歌麿

難波屋おきた

¥14,300~ (税込)

滝川

喜多川歌麿 当時全盛美人揃

滝川

¥22,000~ (税込)