私の十二支を飾る 私の十二支を飾る

生まれ年によって割り当てられる十二種類の動物「十二支」。日本では馴染み深い干支ですが、実は欧米ではあまり良く知られていません。浮世絵には十二支の動物を描いた色々な作品があります。その年の干支とは関係なく、自分や大切な人の十二支をお部屋に飾ってみてはいかがでしょうか?

十二支とは?

「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」の12種類の動物によって構成されている十二支。古代中国で、暦や時間を表すための数字として使われ始めたのが起源とされています。特に、古代中国で年を数えるときに使われていた木星の動き。その木星の公転周期が12年であるために天を12等分したのが、十二支の始まりです。後に、この12個の数字に違う動物が当てはめられ、十二支というアイデアは人々へより深く浸透していきました。

十二支はどうやって選ばれた?

12匹の動物はどうやって選ばれたのでしょう?諸説ありますが、このような昔話が伝えられています。

「ある時、神様が「1月1日の朝、1番から12番までに到着した動物を1年交代でその年の代表とする。」というお触れを出し、動物たちは我こそは!と一番乗りを目指して出発しまし、到着順に12匹の動物が決められました。しかし、なぜかネコは十二支には入っていません。それにはこんな理由が。。。神様の話を聞いていなかったネコが、ネズミに「集合は1月2日の朝!」と嘘を教えられてしまったから。そのため、ネコは十二支に入れませんでした。一方、まんまとネコをだましたネズミは、真面目なウシの背中でゆったりと揺られながら旅をし、集合場所に到着するやいなやウシの背中から飛び降りて、さっと一番になりました。」

こうやって選ばれたという12匹の動物。日本ではお馴染みの動物も、国によって様々。イノシシが中国では豚であったり、ベトナムでは牛が水牛であったり、タイやチベットなどでは十二支に入れなかったはずの猫がウサギの代わりに入っていたりするのも面白いところです。

あの人の十二支を探す

1900 1912 1924 1936 1948 1960 1972 1984 1996 2008 2020
1901 1913 1925 1937 1949 1961 1973 1985 1997 2009 2021
1902 1914 1926 1938 1950 1962 1974 1986 1998 2010 2022
1903 1915 1927 1939 1951 1963 1975 1987 1999 2011 2023
1904 1916 1928 1940 1952 1964 1976 1988 2000 2012 2024
1905 1917 1929 1941 1953 1965 1977 1989 2001 2013 2025
1906 1918 1930 1942 1954 1966 1978 1990 2002 2014 2026
1907 1919 1931 1943 1955 1967 1979 1991 2003 2015 2027
1908 1920 1932 1944 1956 1968 1980 1992 2004 2016 2028
1909 1921 1933 1945 1957 1969 1981 1993 2005 2017 2029
1910 1922 1934 1946 1958 1970 1982 1994 2006 2018 2030
1911 1923 1935 1947 1959 1971 1983 1995 2007 2019 2031

十二支が描かれた浮世絵

十二支を描いた浮世絵とそれぞれの動物の持つ意味をご紹介します

十二支を描いた作品(番外編)

十二支を描いた現代の浮世絵をご紹介します

 

「ネコ」を描いた作品

日本の十二支には入れなかった「ネコ」も、タイやチベットなどでは「卯」の代わりに十二支に入れられています!

 
品質へのこだわり

品質へのこだわり

アダチの浮世絵は、手にして初めて分かる、熟練の技術と日本の伝統が詰まっています。

製作工程

制作工程

一切機械を使うことなく一枚一枚職人の手仕事により丁寧に作られている木版画です。

厳選素材・道具

厳選素材・道具

江戸当時の風情を感じられる当時の浮世絵の再現にこだわり、厳選した素材と道具を使用。

職人紹介

職人紹介

最高の作品を創り出すために、日々技術の研鑽を積む熟練の職人たち。

浮世絵の基礎知識

浮世絵の基礎知識

意外と知らない?浮世絵の世界。浮世絵の基礎知識をご紹介。