ようこそさま

ジェームス・ジーン

The Editor -Cutaway-

"必要なものを残し、余分なものを切り落としていく”Editor”。本作品に付けられたサブタイトル”Cutaway”は、余分な部分を版木から彫りさり、必要な線だけを残していく木版画の手法と本作品の共通点が示唆されています。

膝に抱えた植木鉢から伸びる枝を剪定するエディター。枝の先に描かれた眼は、フランチェスコ・デル・コッサによる”シラクサの聖ルチア”から引用されており、真実を見極めるためのもの。そして植木鉢の中の石は、金を見分けるための石。”真理に近づくために、本当に必要なものを見極める”エディターの姿を描いています。

ジーン氏が
独特の美しい線で
女性像を描いていきます。

ジーン氏が描いた作品の
ラフスケッチ。

ジーン氏の描いたアウトラインが
滑らかな凸線となって
彫りあげられていきます。

彫り上がった主版の版木。
ジーン氏の美しい描線が
忠実に再現されています。

摺師が調合した木版画独自の
鮮やかな色彩で
一枚一枚摺り上げていきます。

人物像に施された
微妙なニュアンスの
グラデーション。

本作のために特別に加えられた
背景の白い部分の空摺りが
作品に立体感を与えています。

人間国宝・
岩野市兵衛が漉いた、
楮100%の手漉き和紙
(越前生漉奉書)を使用。

刀の先端に神経を集中させ
滑らかで優美な線を
彫りあげていく

日々森羅万象と向き合い、その独特の世界観を美しい線で自在に描いていくジェームス・ジーン氏。彫師は、絵師であるジーン氏の意図を読み解きながら、その優美で滑らかな線をリズミカルに彫りあげていきます。小刀一本で繊細な線を彫る作業は、彫師が最も高い集中力と精度を求められる場面です。

日本独特の素材と
技から生まれる
軽やかで、鮮やかな色彩

伝統木版画特有の軽やかで鮮やかな発色は、丁寧に作られた楮の和紙に水性絵具を馬連を使って摺りこむことで生まれます。摺師は、ジーン氏と彼の描いた"The Editor"の世界観を感じ取りながら、色を調合し、摺り重ねていきます。

James Jean

幅広いジャンルにおいて多面的なアプローチで創作活動を展開するジェームズ・ジーン。台湾で生まれ、現在はロサンゼルスを拠点とするジーン氏は、ニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドン、香港、そして東京などで開催される美術展に参加するなど、世界を舞台に活動されています。
ジーン氏は、現代的なテーマを中国、日本、ルネッサンスなど伝統的な美術や様式と融合させ、彼だけの宇宙的な世界、神話のように壮大な世界を描きだし、人々を魅了していますが、その活躍の場は、2008年のファッションブランドプラダとの革新的なコラボレーションを始め、2018年アカデミー賞を受賞した話題の映画『Shape of Water』のポスター制作、そして同じく2018年にふたたびプラダとコラボレーションするなど、様々なジャンルにわたります。


お申込みは、各商品お一人様一点まで。


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
アクセス集中によるサイト不具合のお詫び
2020年4月21日
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

日頃より「アダチ版画 現代の浮世絵」をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

4月21日10時00分~12時10分頃までの間、弊社HPへアクセスが集中し、 ページ及びカートへ接続しづらい状況が発生いたしました。
この状況は間もなく復旧し、現在は通常通りお買い物いただけます。

同時間帯に弊社HPをご利用のお客様には、多大なるご迷惑をお掛け致しましたこと深くお詫び申し上げます。

いつでも快適にご利用いただけるサイトを目指して一層努力してまいりますので、今後とも「アダチ版画 現代の浮世絵」及び「浮世絵のアダチ版画オンラインストア」をよろしくお願いいたします。
アダチ版画研究所
部数
100部
画寸法:
31.5×24.0㎝
額寸法:
56.0×44.0㎝  専用額について
額仕様:
約2.0kg、木製、アクリル
版種
木版画
用紙
越前生漉奉書(人間国宝 岩野市兵衛)
出版年:
2020年4月
監修
公益財団法人アダチ伝統木版画技術保存財団
制作
株式会社アダチ版画研究所
納期
2020年5月中旬よりお届け開始