季節のうつろいを浮世絵で感じる

浮世絵で楽しむお月見 風景画の名手・広重が描く月くらべ

今季おすすめの一枚

歌川 広重「猿わか町夜の景」
絵のみ 13,000円

「名所江戸百景」は広重の晩年期に刊行が始まり、四季折々の江戸の風景を捉えた全120図に及ぶシリーズです。本図はその「秋の部」として数えられています。特に美しいとされる秋の満月の晩を、巧みな光と影の表現によって情緒豊かに描いた名作です。
今よりも夜がずっと暗かったこの時代、満月の晩は不段よりも格段に明るかったのでしょう。鮮やかな濃藍が和紙の柔らかな質感と相まって、月明かりでほのぼのと照らされた夜空を、巧妙に表現しています。

本図の舞台である猿若町は、江戸三座と呼ばれた人気の劇場が一堂に会す芝居町でした。観劇帰りで賑わう人々の群れは、華やかで活気に溢れた一方、刹那的な儚さも持ち合わせていたのではないでしょうか。それを月にかかる雲の影のぼかし、遠くまで続く通りの遠近、そして月明かりが作り出す人々の影で演出した、優れた構成力はさすが広重といったところ。
鮮やかな色彩に惹かれ、そして作品の持つ豊かな情感に引き込まれる。思わずずっと眺めていたくなるような、広重らしい叙情性に溢れた一枚です。 >>商品詳細

歌川 広重「猿わか町夜の景」
  • 帰路につく人々の月影は、ゴッホの名作「夜のカフェテラス」に影響を与えたと言われています。

    帰路につく人々の月影は、ゴッホの名作「夜のカフェテラス」に影響を与えたと言われています。

  • 手前の看板には森田座の文字。中村座、市村座とともに「江戸三座」と呼ばれ、この三座の芝居小屋が猿若町に集められました。

    手前の看板には森田座の文字。中村座、市村座とともに「江戸三座」と呼ばれ、この三座の芝居小屋が猿若町に集められました。

  • 芝居小屋の連なりが、「一点透視図法」によって遠くまで描かれています。

    芝居小屋の連なりが、「一点透視図法」によって遠くまで描かれ、画面に奥行きを生み出します。

  • "あてなしぼかし"と言って、摺師が平らな板の上で描くようにぼかしを作る、熟練の技が必要な技法です。

スタッフのお気に入り

歌川 広重「玉川秋月」
期間限定特別価格
絵のみ 13,000円

広重は月を題材とした数多の名作を残していますが、その中でも私が最も心惹かれたのが、この「玉川秋月」の、煌々と輝く月でした。「銀摺」という技法で輝くよう華やかに表現された満月。照らしだされた柳の揺らめきや、墨色の濃淡で摺られた遠景のシルエットによって、秋の夜の寂寥感を見事に表現しています。
本図は広重の円熟期に描かれ、最高傑作とも言われる『江戸近郊八景』のうちの一図。もともとは狂歌の会の配り物としての特注品であったため、本図においても月をテーマにした3つの歌が詠まれています。中秋の名月を描いた広重の傑作を、月の歌とともにぜひお楽しみください。 >>商品詳細

渡邉

渡邉

歌川 広重「葉ごしの月」
期間限定特別価格
絵のみ 13,000円

紅葉越しに満月を望む情景を広重が短冊に描いた秀作。広重が描く秋の月は、静かな情景を描いた作品が多い中、激しく水が流れ落ちる滝の勢いが影響しているのでしょうか、ひらひらと散っていく紅葉にも動きが感じられます。これから紅葉する青い葉も残っており、これから秋が深まっていく満月の夜の情景を動と静の対比で楽しめるオススメの作品です。 >>商品詳細

周

歌川 広重「洗馬」
絵のみ 13,000円

広重が手掛けた「木曾街道六拾九次」の中でも、最も格調高いとうたわれる「洗馬」。画面中央の川柳にかかる大きな満月、岸辺の葦をなでる夕風、家路を急ぐ船とかがみこむ船頭たちの姿から、夕暮の寂寞感がひしひしと胸に迫ってきます。
流れる川には深さや奥行きを生み出すグラデーションが施され、大きな満月の前には何層もの雲がかかります。平野の夕景を、いくつものぼかしによって叙情豊かに表した広重円熟期の傑作です。 >>商品詳細

杉本

杉本

歌川 広重「武陽金沢八勝夜景」
絵のみ 75,000円

月を描かせたら、広重の右に出るものはいないかもしれません。その広重による数々の月景色の中でも、群を抜いた秀作です。現在の東京湾を金沢八景の能見堂辺りより一望した景色。三枚続きの画面の外にまでも景色が自然と繋がっていくような広がりのある空間に、これほどまでに美しい月夜があるのか?と思わせるような満月の光を映した明るく静かな水面。遠く月に向かう雁の列。時間が止まったような静謐な瞬間。思わず息を止めて見入ってしまうような作品です。三枚続きは、三枚別々に摺るため、各図の色味やぼかしの深さを合わせるのが非常に難しく、摺師の高度な技が必要とされますが、この作品はその中でも特に難しい作品です。 >>商品詳細

こうこ

こうこ

関連商品のご案内季節ごとに掛け替えて楽しみたい方に、おすすめの商品をご紹介いたします。

アダチ特製浮世絵専用額(大判)

アダチ特製浮世絵専用額
(大判)

浮世絵の定番サイズに合わせた専用額です。木製のフレームに、丈夫で軽いUVカットのアクリル板を使用。縦横両対応で、浮世絵を差し替えてお楽しみいただけます。

差し替え用マット

差し替え用マット

作品によって、画面の大きさや枠の形が異なるため、アダチ版画では各作品にあわせてマットをご用意しております。差し替えの際はご一緒にご注文ください。

額スタンド

額スタンド

壁にかけずに作品を楽しむのなら、「額スタンド」がおすすめです。組み立て式ですので、収納・保管も簡単です。

品質へのこだわり

品質へのこだわり

アダチの浮世絵は、手にして初めて分かる、熟練の技術と日本の伝統が詰まっています。

製作工程

制作工程

一切機械を使うことなく一枚一枚職人の手仕事により丁寧に作られている木版画です。

厳選素材・道具

厳選素材・道具

江戸当時の風情を感じられる当時の浮世絵の再現にこだわり、厳選した素材と道具を使用。

職人紹介

職人紹介

最高の作品を創り出すために、日々技術の研鑽を積む熟練の職人たち。

浮世絵の基礎知識

浮世絵の基礎知識

意外と知らない?浮世絵の世界。浮世絵の基礎知識をご紹介。