鈴木春信 

梅折る美人

うめおるびじん

枝ぶりも美しい白梅。白い花びらに蘂の黄色が明るく、愛らしい印象です。

お転婆な少女は華やかな振袖姿で、年の若いことがわかります。

土塀に手を突いて見上げる侍女は、気が気でない様子。

髪の生え際は最も難易度が高い所。江戸時代には専門の職人がいた、彫師の腕の見せ所です。

通常の浮世絵(大判)の半分の大きさでつくられています。

人間国宝・岩野市兵衛氏が作る和紙(越前生漉奉書)を使用。木版独特の鮮やかな発色や柔らかな温かみのある風合いを作り出しています。

塀の上に覗く白梅を手折ろうと、侍女の背に上がり手を伸ばすお転婆な少女。浮世絵の中でも珍しい、人物を上下に重ねる構図によって、二人の娘の艶やかな着物やたもとにちりばめられた文様が画面上に美しい流れを作り出しています。単調なグレーの土塀の上に浮かび上がるような春らしい着物。そして地面には脱ぎ散らかした草履。穏やかな早春の日を描いた作品です。

標準価格 14,300円(税込)

画寸法27.5 × 20.8 cm
用紙越前生漉奉書
解説日本語
のし対応あり
納期ご注文より5営業日以内に発送
鈴木春信について
明和初年、木版技術の飛躍的な進歩を背景に、春信は、幻想的で可憐な美人画を描いて人気を博しました。 当時の趣味人たちの要請に応え、物語、和歌、俳諧など幅広く取材した作品からは、彼の文学に対する造詣の深さもうかがえます。「錦絵の祖」と呼び称される春信。錦絵草創期の淡く和やかな色彩が特徴です。そのストーリー性豊かでドラマティックな作品は、今も多くのファンを魅了しています。
鈴木春信の商品一覧

梅折る美人

鈴木春信

梅折る美人

¥14,300~ (税込)

行灯の夕照

鈴木春信 座敷八景

行灯の夕照

¥22,000~ (税込)

夜の梅

鈴木春信

夜の梅

¥14,300~ (税込)