歌川広重 東海道五拾三次

見附 天竜川

みつけ てんりゅうがわ

煙管をくわえ、次の客が来るまで休息をとる船頭。手前の流れは大天竜と呼ばれました。

二つあるうちの奥の瀬、小天竜。人や荷を乗せて渡し舟が行き交っています。

中洲で船を待つ人馬や旅人。ここでは一度に二瀬を越えなければいけませんでした。

川の向こうに霞む景色を、ぼかしを使って効果的に描いています。

「一」の字を引いたようなぼかしのため、「一文字ぼかし」と言われる。ぼかす色で、時間、季節そして気候などを表現しわけています。

人間国宝・岩野市兵衛氏が作る和紙(越前生漉奉書)を使用。木版独特の鮮やかな発色や柔らかな温かみのある風合いを作り出しています。

天竜川の東岸に見附の宿場がありました。ここが東海道の旅路のちょうど中間地点でした。長野県の諏訪湖に源を発し、氾濫を繰り返したあばれ川が朝靄に覆われています。渡し舟のリアルな描写と、濃淡のぼかしを用い距離感を出した遠景の表現が秀逸です。木版技術の特徴を生かした洗練された表現が、見る人に強い印象を与えます。

標準価格 13,000円(税抜)

画寸法22.5 × 35.3 cm
用紙越前生漉奉書
解説日本語・英語併記
のし対応あり
納期ご注文より3営業日以内に発送
歌川広重について
天保年間に保永堂から出版された全55図の「東海道五十三次」が大ヒットし、以降数々の東海道の風景画を描きました。 花鳥画にも詩情溢れる優品を残し、最晩年に手がけた一大連作「名所江戸百景」では、四季折々の江戸の風景を、独特の視点と豊かな感性で描き出しました。同シリーズは、ゴッホが模写したことでも知られています。
歌川広重の商品一覧

武蔵小金井

歌川広重 冨士三十六景

武蔵小金井

13000円~ (税抜)

甲斐 さるはし

歌川広重 六十余州名所図会

甲斐 さるはし

13,000円~ (税抜)

高輪之明月

歌川広重 東都名所(幽斎書)

高輪之明月

13,000円~ (税抜)

東海道五拾三次について
日本橋、京都、そしてその間に設けられた53の宿駅を描いた浮世絵のシリーズ。広重は、次々に変わる景色、季節、時間、行き交う人々の生き生きとした営み、全55図を郷土色豊かに描き出しました。。日本の風土に根ざした抒情性こそ、広重の浮世絵風景画最大の特色と言えるでしょう。
東海道五拾三次の商品一覧

日本橋 朝之景

歌川広重 東海道五拾三次

日本橋 朝之景

13000円~ (税抜)

京師 三条大橋

歌川広重 東海道五拾三次

京師 三条大橋

13,000円~ (税抜)

藤澤 遊行寺

歌川広重 東海道五拾三次

藤澤 遊行寺

13,000円~ (税抜)