歌川広重 名所江戸百景

びくにはし雪中

びくにはしせっちゅう

山くじらとはイノシシの肉を言い、ネギと鍋で煮た料理を出したお店の看板です。

サツマイモを丸焼きにして売った店で、においをかぎつけてか犬が寄ってきているのでしょう。

京橋川にかかっていたびくに橋です。

作品毎に地模様が異なり細かい部分ですが凝ったデザインとなっています。

幅を広めにぼかした「拭き下げぼかし」、摺師の腕の見せどころです。

人間国宝・岩野市兵衛氏が作る和紙(越前生漉奉書)を使用。木版独特の鮮やかな発色や柔らかな温かみのある風合いを作り出しています。

びくにばしは、現在の京橋の下を流れる京橋川にかかっていました。この図の手前左側に「山くじら」と書かれた看板が、雪景色の中に置かれています。「山くじら」とは、猪の肉のことです。向かいには、「○やき十三里」の看板があります。栗(九里)より(四里)美味い薩摩芋を丸焼きにして売っていたので「十三里」と洒落た店名が付けられています。

標準価格 13,000円(税抜)

画寸法33.9 × 22.3 cm
用紙越前生漉奉書
解説日本語・英語併記
のし対応あり
納期ご注文より3営業日以内に発送
歌川広重について
天保年間に保永堂から出版された全55図の「東海道五十三次」が大ヒットし、以降数々の東海道の風景画を描きました。 花鳥画にも詩情溢れる優品を残し、最晩年に手がけた一大連作「名所江戸百景」では、四季折々の江戸の風景を、独特の視点と豊かな感性で描き出しました。同シリーズは、ゴッホが模写したことでも知られています。
歌川広重の商品一覧

武蔵小金井

歌川広重 冨士三十六景

武蔵小金井

13000円~ (税抜)

甲斐 さるはし

歌川広重 六十余州名所図会

甲斐 さるはし

13,000円~ (税抜)

高輪之明月

歌川広重 東都名所(幽斎書)

高輪之明月

13,000円~ (税抜)

名所江戸百景について
大胆奇抜な構図が特徴の江戸名所絵の一大連作はモネやゴッホといった印象派の巨匠たちが模写したことで世界的にも知られています。 春夏秋冬の四つの部に分けられ、四季の折々に見せる江戸の素顔を描き出した一連の作品には、生まれ育った江戸の町に対する広重の深い愛着が感じられます。
名所江戸百景の商品一覧

猿わか町夜の景

歌川広重 名所江戸百景

猿わか町夜の景

13,000円~ (税抜)

真間の紅葉手古那の社継はし

歌川広重 名所江戸百景

真間の紅葉手古那の社継はし

13,000円~ (税抜)

王子装束ゑの木大晦日の狐火

歌川広重 名所江戸百景

王子装束ゑの木大晦日の狐火

13,000円~ (税抜)