歌川広重 冨士三十六景

駿河三保之松原

するがみほのまつばら

正面から描かれた富士で、ひときわ大きく堂々と、存在感たっぷりに描かれています。

土地の名前にもなっている松原が手前に描かれています。

広重最晩年の作品で、北斎の富士に対抗して出版された「冨士三十六景」の傑作です。

浅い黒のぼかしが施され画面を引き締めている。摺師にとって難しい技法の一つです。

人間国宝・岩野市兵衛氏が作る和紙(越前生漉奉書)を使用。木版独特の鮮やかな発色や柔らかな温かみのある風合いを作り出しています。

三保の松原は、駿河湾を挟んで望む富士山が美しく見える場所として平安時代より人々に愛されて来た景勝地です。富士山の世界文化遺産の一部として登録されたことでも話題になりました。本図は、北斎の「冨嶽三十六景」に対抗して広重が描いたと言われる「冨士三十六景」のシリーズの中の傑作です。縦長の画面に中景から遠景を重ねた俯瞰の構図で広重らしい穏やかな富士の姿を描いています。

標準価格 13,000円(税抜)

画寸法34.2 × 21.9 cm
用紙越前生漉奉書
解説日本語
のし対応あり
納期ご注文より3営業日以内に発送
歌川広重について
天保年間に保永堂から出版された全55図の「東海道五十三次」が大ヒットし、以降数々の東海道の風景画を描きました。 花鳥画にも詩情溢れる優品を残し、最晩年に手がけた一大連作「名所江戸百景」では、四季折々の江戸の風景を、独特の視点と豊かな感性で描き出しました。同シリーズは、ゴッホが模写したことでも知られています。
歌川広重の商品一覧

阿波 鳴門の風波

歌川広重 六十余州名所図会

阿波 鳴門の風波

13,000円~ (税抜)

商品はありません

武蔵小金井

歌川広重 冨士三十六景

武蔵小金井

13000円~ (税抜)