葛飾北斎 

桜花に富士図

おうかにふじず

中央には堂々とそびえる日本の象徴、富士山。

画面一杯に咲き乱れる満開の桜。随所にぼかし(グラデーション)が用いられ、やわらかな色調です。

自ら画狂人と称し、森羅万象あらゆるものを画題に数々の傑作を生み出し、世界に認められた天才絵師・葛飾北斎の名。

版木に絵具をつけずに摺り、和紙の表面に凹凸を生み出す木版画の技法「空摺」。通常の浮世絵よりも厚みのある和紙を用いるため、高価な特注品に多用されました。

春のインテリアに最適で、和洋を問わずどんなお部屋にも飾ってお楽しみいただけます。また、企業さまの応接間やエントランスホールにも映える作品です。

人間国宝・岩野市兵衛氏が作る和紙(越前生漉奉書)を使用。木版独特の鮮やかな発色や柔らかな温かみのある風合いを作り出しています。

富士山を描かせて、北斎の右に出る者はいないでしょう。代表作「富嶽三十六景」をはじめ、様々な富士の姿を描き続けた北斎。そんな"富士の絵師"北斎が描いた本図は、現存作例も極めて少ない知る人ぞ知る優品です。上品な色彩、空摺の多用など趣向を凝らし、贅を極めた特注品として、当時作られました。日本人の心象ともいうべき二大モティーフを巨匠・北斎が大らかに伸び伸びと描いた「桜花に富士図」。幾重にも重なる花びらの柔らかな線、春霞の空気を伝える透明感ある色彩。いつの時代も変わらない美しさを是非ご堪能ください。

標準価格 57,240円(税込)

画寸法20.5 × 54.8 cm
用紙越前生漉奉書
解説日本語・英語併記
仕様額寸 38.5 × 72.0 cm,重量 約2.0㎏,天然木,アクリル(UVカット70%)
のし対応あり
納期ご注文より3営業日以内に発送
葛飾北斎について
森羅万象あらゆるものの真を描くことに執念を燃やし、老いてなお、その制作意欲は衰えることなく、九十年の生涯で、数多くの作品を残しました。1999年、米ライフ誌が選んだ「この1000年で最も重要な功績を残した世界の人物100人」に唯一選ばれた日本人であり、近年最も注目を集めている浮世絵師です。
葛飾北斎の商品一覧

東海道岡崎矢はぎのはし

葛飾北斎 諸国名橋奇覧

東海道岡崎矢はぎのはし

14,040円~ (税込)

游亀

葛飾北斎

游亀

37,800円~ (税込)

姫小松に海老

葛飾北斎

姫小松に海老

37,800円~ (税込)