歌川国芳 

相馬の古内裏

そうまのふるだいり

解剖学的にも大変忠実に描かれているとも言われる骸骨。強烈なインパクトです。

人物の脇に名前があるが、この女性は「滝夜叉姫」です。

伝説や逸話などを題材にした国芳の作品には、このような物語の説明が見られます。

通常の浮世絵(大判)を三つ並べた三枚続は、ダイナミックな画面を演出してくれます。

一勇斎国芳は、数多くの作品を幅広いジャンルに渡って描いています。

人間国宝・岩野市兵衛氏が作る和紙(越前生漉奉書)を使用。木版独特の鮮やかな発色や柔らかな温かみのある風合いを作り出しています。

瀧夜叉姫は、平将門の遺児とされる伝説上の人物。蝦蟇(がま)の精霊から妖術を授かり、相馬の古内裏に妖たちを集結させて謀反を企てるも、大宅太郎光國に破れ自刃をしました。この瀧夜叉姫の哀しい物語は、様々な文学・芸能の題材となっています。国芳の描いた骸骨は三枚に渡って描かれていることからも、とても迫力があり、海外でも大変人気の図柄です。

標準価格 50,000円(税抜)

画寸法37.0 × 75.5 cm
用紙越前生漉奉書
解説日本語・英語併記
のし対応あり
納期ご注文より3営業日以内に発送
歌川国芳について
歌川国芳は、幕末に活躍した浮世絵師です。そのユニークな画風から、「奇想の絵師」などと呼ばれ、近年再評価の気運が高まり、広い世代の人気を集めています。 当時の浮世絵師の番付には、名所絵の広重に対し、武者絵の国芳として名前が掲げられています。反骨と風刺の精神に富んだ作品群は、当時の人々の圧倒的支持を得、多くの門人が集まり、浮世絵師の最大派閥を形成。その系譜は昭和の日本画家まで連なっています。
歌川国芳の商品一覧

相馬の古内裏

歌川国芳

相馬の古内裏

50,000円~ (税抜)

萩に鮎

歌川国芳

萩に鮎

13,000円~ (税抜)

宮本武蔵の鯨退治

歌川国芳

宮本武蔵の鯨退治

50000円~ (税抜)