日々技術の研鑽を積む熟練の職人たち

アダチ版画研究所では、現在彫師(ほりし)と摺師(すりし)計5名が同じ仕事場で制作活動を行っています。
通常、彫師や摺師はそれぞれ独立して自宅などで作業をしており、アダチ版画研究所のように
彫師と摺師が同じ屋根の下で一緒に仕事をする工房スタイルは、今や日本で唯一のものとなっています。
江戸時代の浮世絵制作と同様、版元が彫師と摺師に指示を与え、またその三者が同じ仕事場で協力して
仕事をすることによって、これまでアダチ版画研究所ではクオリティの高い数々の作品を作り出してきました。

アダチの彫師

新實護允 にいのみ もりちか

1965(昭和40)年、彫師の名人と言われた大倉半兵衛氏の工房の門を叩く。大倉氏が亡くなるまでの8年間、「半兵衛最後の弟子」として彫師の修行を積み、1973(昭和48)年、アダチ版画研究所に入社。その力量は、伝統木版界では第一人者として広く認められ、2004(平成16)年のシュレーダー・元ドイツ首相来日時、首相たっての希望であった浮世絵実演会の彫師を務める。

岸千倉 きし ちくら

アダチ伝統木版画技術保存財団の研修生として一年間研修後、アダチ版画研究所入社。親方の仕事を手伝いながら、技術を学ぶ。現在、一人前の仕事を任され、親方と共に浮世絵を初め現代作家の作品を手がける。2010(平成22)年にはサンディエゴ美術館でのワークショップで講師も務める。

アダチの摺師

仲田昇 なかた のぼる

若山木版画を経て、1968(昭和43)年アダチ版画研究所に入社。1987(昭和62)年ボストン美術館で葛飾北斎のオリジナル版木が大量に発見された際に、調査の一環として、摺師として現地で摺りを担当。また、今上天皇が皇太子時代に仲田の摺りをご覧になったことから「天覧摺師」の異名を取る。シュレーダー元ドイツ首相の前で摺り実演をしたこともある。これまでの実演回数は数百回。ストイックでリズミカルな摺りは各地で絶賛され、今なお実演を精力的に行い、木版画の啓蒙活動に尽力している。

京増与志夫 きょうそう よしお

大学院(デザイン科)卒業後、数年経ってアダチ版画研究所入社。何度か断られた入社をあきらめず摺師に志願し、修行の機会を得る。2012(平成24)年年季が明け、一人前の仕事をこなすと共に、実演で摺を披露する機会も多い。海外では、2009(平成21)年東欧、2010(平成22)年サンディエゴ、2011(平成23)年光州(韓国)、2012(平成24)年マニラで実演を行っている。

次世代の職人育成

アダチ伝統木版画技術保存財団では、日本画世界に誇れる伝統木版の技術を保存・継承するために、次代を担う若い技術者を育成する事業をおこなっています。

品質へのこだわり

品質へのこだわり

アダチの浮世絵は、手にして初めて分かる、熟練の技術と日本の伝統が詰まっています。

製作工程

制作工程

一切機械を使うことなく一枚一枚職人の手仕事により丁寧に作られている木版画です。

厳選素材・道具

厳選素材・道具

江戸当時の風情を感じられる当時の浮世絵の再現にこだわり、厳選した素材と道具を使用。

職人紹介

職人紹介

最高の作品を創り出すために、日々技術の研鑽を積む熟練の職人たち。

浮世絵の基礎知識

浮世絵の基礎知識

意外と知らない?浮世絵の世界。浮世絵の基礎知識をご紹介。