北斎さんの富士山 〜復刻版で巡る「富嶽三十六景」〜 (8)【PR】

北斎さんの富士山 〜復刻版で巡る「富嶽三十六景」〜 (8)【PR】

連載「北斎さんの富士山 〜復刻版で巡る「富嶽三十六景」〜」は、アダチ版画研究所が制作した復刻版で、北斎の「富嶽三十六景」全46図を毎週2図ずつご紹介する企画です。前回の記事はこちら≫

「北斎さんの富士山」の楽しみ方

作品No.43 「甲州犬目峠」

アダチ版復刻浮世絵 葛飾北斎「富嶽三十六景 甲州犬目峠」(画像提供:アダチ伝統木版画技術保存財団)

青い空に緑の丘。季節は初夏でしょうか。伸びやかな描線と作品の随所に用いられているボカシ(グラデーション)によって、はてしない空間の広がりを感じます。堂々とした富士山の姿も、存在感たっぷり。

■ カクダイ北斎
雄大な自然の風景の中に、小さく描きこまれた人物と馬。簡略化された線でありながら、旅人のちょっとした仕草も丁寧に描写していて、会話を交わしている様子が伝わってきます。

アダチ版復刻浮世絵 葛飾北斎「富嶽三十六景 甲州犬目峠」より(画像提供:アダチ伝統木版画技術保存財団)

■ ふじさんぽ
作品に描かれている犬目峠は、甲州街道の犬目宿と下鳥沢宿との間にあった峠。具体的な場所は定かではありませんが、今回のふじさんぽスポットは、山梨県上野原市犬目に残る「恋塚一里塚」とさせていただきました。一里塚とは、街道側に一里(約3.927km)ごとに設置された塚。土が盛られたかたちがそのまま残っていて、現在は史跡の看板が立っています。


▶︎ アダチ版復刻浮世絵 葛飾北斎「富嶽三十六景 甲州犬目峠」の商品ページはこちら

作品No.35 「東海道吉田」

アダチ版復刻浮世絵 葛飾北斎「富嶽三十六景 東海道吉田」(画像提供:アダチ伝統木版画技術保存財団)

「不二見茶屋」と書かれた看板を掲げた茶屋で、旅人たちが思い思いに休息をとっています。茶屋内の細々とした描写が目を引く作品ですが、画面奥には青空が広がり、風通しの良さも感じさせます。

■ カクダイ北斎
姉さまかぶりをした女性。その視線の先には、木々の間からのぞく富士山の頭が。京都方面からの旅人であれば、ここで初めて富士山の姿を望み、小さな感動に浸っているのかもしれません。

アダチ版復刻浮世絵 葛飾北斎「富嶽三十六景 東海道吉田」より(画像提供:アダチ伝統木版画技術保存財団)

■ ふじさんぽ
ここに描かれている富士見茶屋があったのは、東海道の吉田宿の北西、現在の愛知県豊橋市下五井町。茶屋前という地名も残っています。そこで今回のふじさんぽスポットは下五井町の「豊橋魚市場」。富士見茶屋のほか、豊川の河口付近は、19世紀に富士見新田という名前の新田も開発されており、富士山が見える地域として認識されていたようです。ぜひ魚市場周辺で、富士山が見える場所、探してみてくださいね。


▶︎ アダチ版復刻浮世絵 葛飾北斎「富嶽三十六景 東海道吉田」の商品ページはこちら

editor's note:今年も残すところあと10日ほど。何かと気ぜわしい年末、今回は、あえてのんびりした雰囲気の作品2点をご紹介させていただきました。大掃除が終わったあとのお部屋に、ほっと心和む富士山の浮世絵はいかがでしょうか?

※ 葛飾北斎の「葛」の字は環境により表示が異なります。また「富嶽三十六景」の「富」は作中では「冨」が用いられていますが、本稿では常用漢字を採用しています。

 

       
「北斎さんの富士山」連載目次
第1回(2020.10.30)「本所立川」「駿州片倉茶園ノ不二」 第2回(2020.11.06)「遠江山中」「深川万年橋下」□□□□
第3回(2020.11.13)「駿州江尻」「相州仲原」 第4回(2020.11.20)「神奈川沖浪裏」「穏田の水車」
第5回(2020.11.27)「下目黒」「青山圓座枩」 第6回(2020.12.04)「尾州不二見原」「従千住花街眺望ノ不二」
第7回(2020.12.11)「五百らかん寺さざゐどう」「登戸浦」 第8回(2020.12.18)「甲州犬目峠」「東海道吉田」
第9回(2020.12.25)「相州箱根湖水」「東海道程ケ谷」 第10回(2021.01.01)「凱風快晴」「江都駿河町三井見世略図」
   
第11回(2021.01.08)「駿州大野新田」「東海道江尻田子の浦略図」  

 

文・「北斎今昔」編集部
提供・アダチ版画研究所