北斎さんの富士山 〜復刻版で見る「富嶽三十六景」〜 (9)【PR】

北斎さんの富士山 〜復刻版で見る「富嶽三十六景」〜 (9)【PR】

連載「北斎さんの富士山 〜復刻版で巡る「富嶽三十六景」〜」は、アダチ版画研究所が制作した復刻版で、北斎の「富嶽三十六景」全46図を毎週2図ずつご紹介する企画です。前回の記事はこちら≫

「北斎さんの富士山」の楽しみ方

作品No.25 「相州箱根湖水」

アダチ版復刻浮世絵 葛飾北斎「富嶽三十六景 相州箱根湖水」(画像提供:アダチ伝統木版画技術保存財団)

まるで御伽話の中に登場しそうな、霞たなびく山間の湖畔の風景。全体的に丸みを帯びたフォルムで構成され、優しい色調なので、現代の洋間に、かわいらしく飾れそうです。

■ カクダイ北斎
箱根の山々のあいだから控えめに顔をのぞかせる富士山。山頂の雪の白が、画面の中の重要なアクセントになっています。

アダチ版復刻浮世絵 葛飾北斎「富嶽三十六景 相州箱根湖水」より(画像提供:アダチ伝統木版画技術保存財団)

■ ふじさんぽ
東海道最大の難所とされた箱根。江戸から京都方面へ向かう旅人たちは、険しい山道を乗り越えた先に広がる芦ノ湖の姿に、ほっと安堵したことでしょう。「箱根湖水」とは箱根の「芦ノ湖」のこと。芦ノ湖の湖畔には箱根の関所がありました。北斎もきっと西への旅の途中に通っているはず。


▶︎ アダチ版復刻浮世絵 葛飾北斎「富嶽三十六景 相州箱根湖水」の商品ページはこちら

作品No.35 「東海道程ケ谷」

アダチ版復刻浮世絵 葛飾北斎「富嶽三十六景 東海道程ケ谷」(画像提供:アダチ伝統木版画技術保存財団)

細長い松の木の並びが画面にリズムを生んでいます。印象派の画家・モネの「陽を浴びるポプラ並木」の木の表現に、北斎のこの図からの影響が読み取れるとする指摘もあります。

■ カクダイ北斎
ジグザグと踊るような松の木の描線とは対照的に、道中合羽をまとった旅人の描線は流れるよう。彫師は、こうした絵師の筆の線の特徴までを見事に木版画で再現します。

アダチ版復刻浮世絵 葛飾北斎「富嶽三十六景 東海道程ケ谷」より(画像提供:アダチ伝統木版画技術保存財団)

■ ふじさんぽ
画中の「程ヶ谷」は現在の神奈川県横浜市の保土ヶ谷のこと。北斎が描いた松並木は、現在自治体によって今井川沿いに復元されています。今回のふじさんぽのスポットは、この松並木とともに復元された「保土ヶ谷一里塚」。この界隈は史跡の看板なども立っていますので、ぜひ往時をしのびながら、東海道を歩いてみてください。


▶︎ アダチ版復刻浮世絵 葛飾北斎「富嶽三十六景 東海道程ケ谷」の商品ページはこちら

editor's note:今年もあと1週間。お正月の箱根駅伝のことを考えながら、今回の2図を選びました。東京の大手町から箱根の芦ノ湖までは100km以上の道のり。マラソン選手は本当にすごいですね。(『東海道中膝栗毛』の弥次さん喜多さんは江戸から箱根まで3日かけて歩いています。)箱根の小涌谷には、肉筆浮世絵の名品を多数所蔵する岡田美術館がありますよ。

※ 葛飾北斎の「葛」の字は環境により表示が異なります。また「富嶽三十六景」の「富」は作中では「冨」が用いられていますが、本稿では常用漢字を採用しています。

 

       
「北斎さんの富士山」連載目次
第1回(2020.10.30)「本所立川」「駿州片倉茶園ノ不二」 第2回(2020.11.06)「遠江山中」「深川万年橋下」□□□□
第3回(2020.11.13)「駿州江尻」「相州仲原」 第4回(2020.11.20)「神奈川沖浪裏」「穏田の水車」
第5回(2020.11.27)「下目黒」「青山圓座枩」 第6回(2020.12.04)「尾州不二見原」「従千住花街眺望ノ不二」
第7回(2020.12.11)「五百らかん寺さざゐどう」「登戸浦」 第8回(2020.12.18)「甲州犬目峠」「東海道吉田」
第9回(2020.12.25)「相州箱根湖水」「東海道程ケ谷」 第10回(2021.01.01)「凱風快晴」「江都駿河町三井見世略図」
   
第11回(2021.01.08)「駿州大野新田」「東海道江尻田子の浦略図」  

 

文・「北斎今昔」編集部
提供・アダチ版画研究所