北斎さんの富士山 〜復刻版で見る「富嶽三十六景」〜 (12)【PR】

北斎さんの富士山 〜復刻版で見る「富嶽三十六景」〜 (12)【PR】

連載「北斎さんの富士山 〜復刻版で巡る「富嶽三十六景」〜」は、アダチ版画研究所が制作した復刻版で、北斎の「富嶽三十六景」全46図を毎週2図ずつご紹介する企画です。前回の記事はこちら≫

「北斎さんの富士山」の楽しみ方

作品No.3 「東都駿臺」

アダチ版復刻浮世絵 葛飾北斎「富嶽三十六景 東都駿臺」(画像提供:アダチ伝統木版画技術保存財団)

地名の由来は、駿河で徳川家康に仕えていた旗本たち(=駿河衆)が、家康没後に江戸に戻り、富士山の見えるこの高台に住んだからだとか。裃を着た武士の後ろ姿も見えますね。

■ カクダイ北斎
瓦屋根が並んだその向こうに、厳かにたたずむ富士山。武家屋敷が多かった地域ということで、全体に落ち着いた色調で、富士山もどこか澄ました雰囲気をまとっています。

アダチ版復刻浮世絵 葛飾北斎「富嶽三十六景 東都駿臺」より(画像提供:アダチ伝統木版画技術保存財団)

■ ふじさんぽ
今や予備校の街のイメージが定着している駿河台。明治大学と日本大学のキャンパスもあり、学生さんが多い街です。今回のふじさんぽスポットは、北斎が描いた高台の雰囲気がわかる「JR御茶ノ水駅」。神田川を越えれば、湯島聖堂や神田明神もあり、一日歴史散歩が楽しめる地域です。


▶︎ アダチ版復刻浮世絵 葛飾北斎「富嶽三十六景 東都駿臺」の商品ページはこちら

作品No.16 「隅田川関屋の里」

アダチ版復刻浮世絵 葛飾北斎「富嶽三十六景 隅田川関屋の里」(画像提供:アダチ伝統木版画技術保存財団)

街道を走る3頭の馬。蛇行する街道、遠景の富士山が、画面の中に広大な空間を生み出します。合間をたなびく霞の平行線が、さらに疾走感を増す効果線のような働きに。

■ カクダイ北斎
羽織りの裾をはためかせ、前屈みになって馬に乗る人。笠で顔はわかりませんが、手足にぐっと力がこもっているのがわかります。簡潔な線で早馬の躍動感を見事に表現。

アダチ版復刻浮世絵 葛飾北斎「富嶽三十六景 隅田川関屋の里」より(画像提供:アダチ伝統木版画技術保存財団)

■ ふじさんぽ
江戸の北の出入口、千住宿から隅田川を渡ると関屋の里。現在も関屋の地名は残っており、京成関屋駅も。今回のふじさんぽスポットは、駅から5分ほど歩いた場所にあるリバーフロントパーク「千住大川端公園」。水上バスの発着所もすぐ近くなので、ぜひ大川(隅田川のこと)の流れを満喫してください。


▶︎ アダチ版復刻浮世絵 葛飾北斎「富嶽三十六景 隅田川関屋の里」の商品ページはこちら

editor's note:いよいよ今週末は大学入学共通テスト。コロナ禍での開催となりますが、皆さんが全力を出し切れるよう応援しております。今回は、学生街の「東都駿臺」と、疾走感のある「隅田川関屋の里」を選びました。

※ 葛飾北斎の「葛」の字は環境により表示が異なります。また「富嶽三十六景」の「富」は作中では「冨」が用いられていますが、本稿では常用漢字を採用しています。
 

       
「北斎さんの富士山」連載目次
第1回(2020.10.30)「本所立川」「駿州片倉茶園ノ不二」 第2回(2020.11.06)「遠江山中」「深川万年橋下」□□□□
第3回(2020.11.13)「駿州江尻」「相州仲原」 第4回(2020.11.20)「神奈川沖浪裏」「穏田の水車」
第5回(2020.11.27)「下目黒」「青山圓座枩」 第6回(2020.12.04)「尾州不二見原」「従千住花街眺望ノ不二」
第7回(2020.12.11)「五百らかん寺さざゐどう」「登戸浦」 第8回(2020.12.18)「甲州犬目峠」「東海道吉田」
第9回(2020.12.25)「相州箱根湖水」「東海道程ケ谷」 第10回(2021.01.01)「凱風快晴」「江都駿河町三井見世略図」
第11回(2021.01.08)「駿州大野新田」「東海道江尻田子の浦略図」 第12回(2021.01.15)「東都駿臺」「隅田川関屋の里」 
第13回(2021.01.22)「信州諏訪湖」「甲州伊沢暁」 第14回(2021.01.29)「御厩川岸より両国橋夕陽見」「相州江の島」
第15回(2021.02.05)「相州梅沢庄」「甲州三坂水面」 第16回(2021.02.12)「江戸日本橋」「礫川雪ノ旦」
第17回(2021.02.19)「相州七里濱」「武陽佃嶌」 第18回(2021.02.26)「甲州石班沢」「武州玉川」

 

文・「北斎今昔」編集部
提供・アダチ版画研究所